大器晩成だから。~パワスポ・神社・世迷言~


◆有名な神社から近所の神社まで・パワースポット・古代ロマン・温泉のリポート。私が受けたヒプノセラピー・レイキ・占いやパワーストーンなど。最近は育児のことも書いています◆
神社・パワースポット(サンクチュアリ)・温泉(時々、旅館も含む)リポートが50%くらいです。
◆他に、おススメ本・映画、試してみたダイエット、サプリメントの紹介。また、占いやパワーストーンについて。
(左側のカテゴリ一覧をご利用ください。)
ホームページ 伊勢神宮・元伊勢参り編、出雲大社・厳島神社めぐり編、宮古島旅行記 は、
>>>>>>>http://likesanctuary.web.fc2.com/<<<<<<<

続・アドラー心理学入門(岸見 一郎)を読んだ感想。トラウマは存在しない・・・のかなぁ

前回のブログの続きです。

フロイト、ユング、アドラー。心理学界のビッグ3の一人、アドラー先生。


アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)

トラウマは存在するのか、しないのか?実際のところはよく分からない。

サンタクロースや、愛や、思いやりなどと同じで、あると思う人にはあるし、ないと思う人にはないのだろうなー、としか。

アドラー心理学入門を読んで気になったことを前回よりもちょっと掘り下げてみます。

「アドラー心理学入門」56ページから57ページ。

原因をこのように過去や外的なことに求めてもそれらを変えることは事実上不可能なことなのです。問題行動を起こした子どもの親に、幼い頃に愛情を十分に受けていなかったからであるとか、育児の仕方が間違っていたというようなことを指摘したところで、たとえその通りだと仮にしてもタイムマシンがあるわけではないので過去に戻ることはできません。
(56ページ57ページから抜粋)

そう、その通りなんです。

確かに、原因を探り始めるとキリが無いのもわかる。


んー、でもだからといって「原因」をまったく無視するのもどうだろう?

明らかな親の愛情不足だったり、虐待が原因だったら根っこから解決するとか、解決できないまでも「今まで気がつかなくてごめんね」という働きかけが有効なケースも多いと思うんだけどなー。

インナーチャイルドの癒しは、そんな感じだよね。

大人の私が、(傷ついてうずくまった)子どもの私を抱きしめ、寄り添う。

---今まで気づかなくてごめんね、辛かったね---

時に励ましたり、毅然とした態度を取ることもあるけれど・・・そういう作業を繰り返して、インナーチャイルドと一緒に育っていくというかな。

私はそんな感じで癒しの作業を続けた。

タイムマシンで戻ることが必要なのではなく、「解ってもらえた」という気持ちが必要なのかもしれない。

ただ、ヒプノセラピーって合う人・合わない人の差がすごくあるみたいだし、セラピーの先生との相性も大事だし、「原因」へのアプローチはしない方が良いケースもあると思う。


私としては、「過去に戻れないから」「過去は変えられないから」という理由で、原因を考えるのは止めようぜ、というアイデアには賛同しかねるです。はい。

でも、安直に「親の愛情不足が原因です。もっと抱きしめましょう」というのもなんか違う気がしますです。

うわぁ、難しい・・・

じゃぁ、どうしたら良いんだろう。


この本を読んでて思うのは、

「商品の売上が下がった原因は何か?を考えるよりも、どうやったら商品が売れるかを考えようぜ!
そうそう、何よりも大事なのは、この商品をもっと好きになろうぜ!」

という感じ。

原因にフォーカスするのも、目的にアプローチするのも、どっちも正しいんだろうな。きっと。


8ページに書いてある「今どのようなあり方をしていても、正常な、あるいは、健康なあり方を知り、それに向けてトレーニングしていくしかない」というのは、ほんと、その通りだと思う。


私が最も心に刻もうと思ったのは、74ページの『人生の課題は原則として本人が解決しなければなりません。アドラー心理学では「これは誰の課題か」といういい方をします。

これ。

例えば・・・

30代の息子の会社が倒産してしまった。
親が、コネのある会社に息子を雇ってはくれないかとお願いし、面接の約束を取り付けた。
しかし、肝心の息子はイマイチやる気がないようだ。
この不景気に何を贅沢なことを言ってやがるんだ!息子のお嫁さんも可哀そうに!

というケース。

これはやっぱり、30代の息子がやる気にならないと。
そのうえで親に「コネをプリーズ」ってお願いしないと上手く行かない気がする。
本人に覚悟が決まらないと頑張れないもんだし。

それと、息子の嫁さんが「生活費が無いわ!どうしよう!」と思うなら、嫁さんが動くしかないんだよね・・・

この夫、ダメだ。と見切りをつけて、離婚してバリバリ働くのか。
夫がやる気になるまで応援する!と待ちつつ、バリバリ働くのか。

アドラー心理学は厳しいんだぜ、と岸見一郎先生も書いているけど、厳しいね。

でも、これは心に刻もう。

これに付随して、75ページの「頼まれもしないのにこちらが勝手に判断して、相手は助けを必要としているであろうと考えて手出し口出しをしないということです。

これも。

これもホント大事。

お願いしたいことは、ストレートに言葉で言うこと。
察してちゃんはダメだということ。

逆に、相手からきちんと依頼がないことをあれこれ先回りしないこと。

もし、するにしても「してあげたのに」とかは無し。

他にも、心に刻みたい言葉はたくさんあるのだけど紹介はこの辺で。



はてなブックマークに追加

アドラー心理学入門(岸見 一郎)を読んだ感想。トラウマは存在しない・・・のかなぁ

アドラー心理学入門」を読みました。


アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)

”今”の私は、概ね賛同できる気がします。
(まだアドラー心理学をほとんど理解できていないドシロウトですが)

”今”の私というのは、
数年前に人生に行き詰ってヒプノセラピーを受けて、立ち直るきっかけを得て・・・なんやかんやそれなりに幸せを感じて生きている”今”の私です。

過去記事参照⇒<第1回>ヒプノセラピー・レイキ/燃え盛る家とのっぺらぼうの私

インナーチャイルドやモラハラなどを勉強していくうちに辿り着いたのが、

「人をコントロールしない。
人にコントロールされない。

私の感情は、私のもの。
あなたの不機嫌さの責任は、あなたにある。」

そういった、ごく当たり前のことをやっと理解し、実践しようと思っている”今の私”だから、概ね賛同できるかなぁ、と。


ところが、「過去にトラウマを抱えて生きづらくなってしまった」という経験をした私からすると、アドラー先生の言う「トラウマなんて存在しません」という考えには、なかなか賛同できないでいる。

トラウマが存在しないならば、セラピーでインナーチャイルドの癒しを経験してから、人生が好転してきていると思っている私って一体・・・?

トラウマを癒したからなのではないんだろーか?

でも・・・

トラウマにしがみついて、(例えば)「毒親のせいでこうなった」と、不遇やうまくいかないこと全てをトラウマのせいにするのは違うよなー とは思う。

私は、私の対人関係の失敗の原因が、機能不全家庭(⇒自己肯定感が著しく低い)にあったと、セラピーを受けるまで全く思いもしなかった。
もちろん、それだけだとは思っていない。

つまり、無意識に「失敗」を選択していたわけだけど、ここは確かにアドラー先生の言う「目的論」なのかもしれない。
傷つきたくないから(←目的)行動しない、とかね。

でもさ、 「失敗を選択するそもそもの理由」っつーのがあるわけで。

そこを考えていくと、原因論になると思うんだよね。

例えば・・・
「両親は憎しみ合い、不幸な結婚だった。そして、子どもである自分は大事にされなかった」という場合。

結婚は不幸なものだし、子どもは可愛くない(自分は愛されなかった)というトラウマになるよね?

そうすると、恋愛や結婚に対して消極的になったり、成就しない道を無意識に選択したりする・・・という話し、けっこう聞く。

私のように、本人がトラウマに無自覚であったり、無かったことにしているケースも少なくないと思う。

オカルトバカな私からすれば、前世のトラウマという話しだって存在するんじゃないかとか。ね。


ただ、「感情に目的がある」というのは、しみじみよく解る。

「怒り」という感情にも目的があるという。

私の父が私たちに理不尽な怒りをぶつけてきたのは、結局のところ八つ当たりしたかったからだ。力でねじ伏せようとしたからだ。
父は私たちを怒鳴り声や暴力で支配しコントロールすることが最もシンプルで簡単だと思ったのだろう。

ちなみに、祖父は子どもに暴力をふるう人ではなかったと聞く。
根本的に問題があったのは祖母のようだが、それを容認(我慢)してしまった祖父にも責任はある。


そして、私が子どものいたずらに対して怒るのも、根本的には同じなのだ。

子どもがいたずらをして、ついカッとなって怒ってしまった。と、思っていたけど、本を読んで父のことを思い出した。

私が怒った例として、子どもが壁に落書きをしてヒステリックになったことがある。

本当は根気強く、「壁に書いたらダメなんだよ」と言うか、私が目を離す時はクレヨンを持たせないとか、そうするしかなかったんだよね。

1歳児に、「ぬぉぉぉ~ 壁にぃぃぃ~!もう、なんてことするの!ダメでしょう!!」とギャァギャァわめいて・・・そりゃ、子ども泣くよね。

他にも色々と思ったり考えたりしたのだけど、長くなったので今日はここまで。

多分、私はアドラー心理学は好きな感じです。

もうちょっと知りたい欲求が湧いています。

でも・・・

きっと、これは実践が大事なんだ。

続・アドラー心理学入門(岸見 一郎)を読んだ感想。トラウマは存在しない・・・のかなぁに続く


アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)


嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え



はてなブックマークに追加

ドラマ「BORDER」最終回を観て、「共依存」と「引き寄せ」を思い出した。許しとは何か?

小栗旬主演の木曜ドラマ「BORDER」(テレビ朝日)最終回を観て、切ないなぁ…と、やりきれない気持ちになったが、リアルで真実味がある終わり方だとも思った。

頭に銃弾を受けたことにより、死者と会話できるようになった主人公・石川。

突然手に入れた「特殊能力」を使いこなして、悪を追い詰める。はずだった。

実際は、能力に振り回され、もっとも忌み嫌っていた「悪」の世界へ足を踏み入れてしまった。

「能力」さえ手離していたらこうはならなかったのか?

母が言っていた言葉を思い出す。

「お金と刃物は人目に付くところに置いてはいけない。あれば使ってしまうのが人間なのだから」


悪を絶対に許さない、という強い気持ちがさらに許しがたい悪を引き寄せ、そして、「許せない自分」を引き寄せてしまったのだろうか。

そもそも、彼はいつから悪を許せなかったのだろうか。

被害者に深く感情移入してしまうのはいつからなのだろうか。

---

共依存の仕組みを説明するときの例で、

「誰か(何か)を救いたいと思っている人は、本当は自分が救われたい」
「他人にひどく同情的な人は、本当は自分を憐れんでいる」

と、いうものがある。


(自分以外の)人を救いたいと思っている人は、「人を救う立場(尻拭いなども含む)」になる。

救われたいと思っている人を引き寄せるからだ。

でも、本当に救われたいのは自分自身なので、矛盾を抱える。
苦しい。
キャパオーバーになる。

一方の引き寄せられてきた「救われたい人」は依存し、責任転嫁する。

---

私もそうだった。

機能不全家庭で育ち、自分が被害者だった辛い過去を封印し、ワーカーホリックになった。

他人にひどく同情的なところがあり、かといって頼られるとその重荷に耐えきれなかった。

ずっと長い間気づかずにいたが、救われたかったのは、私自信だった。

自分に存在意義を見出せずガムシャラに仕事を頑張るけれど、頑張れば頑張るほど空回りし、独り善がりだった。

根底にあったのは「認めてほしい」「褒めてほしい」という感情だからだ。

「私は幸せになる資格などない価値のない人間なのだから、仕事を頑張るしかない。」という低すぎる自己。

反面のプライドの高さ。

仕事で認めてもらうことで自己肯定感を満足させたかったのだろう。

結婚や恋愛にそのベクトルがさほど向かわなかったのは、過去に何度か酷い失敗をしていたから。

本当に欲していたのは温かい家庭だったから、怖かったのだ。

望んでも手に入らなかったら、絶望してしまう。

だから、初めから望まなければ良い。

そうやって、真実の内なる声(アダルトチャイルド、インナーチャイルド)に気づくまで、ぐるぐる回り続けた。

【参照】<第1回>ヒプノセラピー・レイキ/燃え盛る家とのっぺらぼうの私

---

自分を救えるのは自分だけなのだ。

ダイエットと同じで、スリムになりたいのは自分。
お腹も空くし、運動して筋肉痛になるのも自分。
スリムになって嬉しいのも自分。

応援してくれるスポーツクラブのインストラクターや栄養士さんもいるけど、実行するのはやっぱり自分。

---

共依存の例えから長くなってしまった。

「悪」にフォーカスしつづけた彼が、悪に引き寄せられるのは当然のような気がする。

ミイラ取りがミイラになったのだ。

まず、「自分の幸せ」を得ることにフォーカスすれば、正義の世界に居続けられたんじゃないか。

他人の、世界の幸福を願うなら、まずは自分が幸福感でいっぱいになるのが先だ。

溢れた幸福が家族へ、友人へ染みわたるのを信じるしかない。

輪が広がっていくように。

でも、押し付けることはできない。他人が幸福感を感じるかどうかは、他人が決めることだから。

---

足を踏み外すのは一瞬。

踏み外して、ふと我に返る。

さっきまで居た場所に戻ろうとし、足元を見ると…崖。

あちらの岸とこちらの岸の間には深い深い崖。

来る時には、崖なんて見えなかったのに…。



足を踏み外さないためには、「独り善がりな欲ではなく、個が全体に通ずる幸福感」にフォーカスすることなのだろうと思う。

もし、踏み外してしまったら…容易には戻れないからBORDERなのだろう。

死者が蘇らないのと同じなのかもしれない。

それでも、物語の主人公・石川に思うことは、罪を償い、生きてほしい。

決して、最後のBORDERを越えてほしくない。

---

誰かを(何かを)許せない人は、自分を許せないのだろうか。

心の奥底に、許してあげたい自分がいるのだろうか。

許せなくても、せめて赦していけたら。





はてなブックマークに追加

「石井ゆかりの星占い教室のノート」読みました☆

「石井ゆかりの星占い教室のノート」読みました


石井ゆかりの星占い教室のノート

石井ゆかりさんの占いの文章は時々「…?」となることがあるのですが~^^;

本の文章はとても読みやすく分かりやすいので、占星術の素人でもサクサク読めます。

星占いが趣味で、占星術の本が何冊もある。というような方には物足りないかもしれません。

かといって、星占いのことを何も知らない方が読むと、いっぱい出てくるカタカナ単語に戸惑うかもしれません。



・雑誌やネットの占いが好きで、必ず目を通しちゃう。

・牡羊座の基本的な意味はこんな感じ…と、サインについてなんとなく多少知っている。

・ハウスという12分割された部屋があって、それぞれ意味がある、ということは知っている。

・木星って幸運の星らしいじゃん?んで、土星は試練の星だとか…?金星は愛と美だよね?

・内容は分からないけれど、グランドクロスだとかコンジャクションだとかの単語に見覚えがあるようなないような。

・ネットのホロスコープ無料作成を利用したことがある。



星占いが好きな人って、あちこちの占いを読んでいるうちに、自然と少しづつ知識が増えてると思います。

そんな、「星占いは好きだけど、詳しいことは分からない。でも、もうちょっと自分の運勢を自分で解るようになりたい方向けの本だと思いました。

私は「星読み+」も持っているのですが、


星読み+

こちらと併せて読むと、未来の運勢を知る手掛かりになると思います。


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ!


はてなブックマークに追加

石井ゆかりさんの2013年下半期の占いが楽しみ!

私は牡牛座なのだけど、2年前(2011年)の、木星が牡牛座に来ていたとき、
石井ゆかりさんの年間占い・下半期占いがあまりにも当たって本当に驚いた。

その前から石井ゆかりさんの占いは好きだったけれど、あの時はすごく励みになったなぁ…。

そんなわけで、5月20日発売の雑誌「フィガロ」に袋とじの下半期占いと、5月31日発売の「星栞(ほしおり)」という下半期占いが楽しみなのであります

「星栞(ほしおり)」の方は特に、全体的なことももちろん書かれているし、ちょっとした遊び心もあったりして面白いです。

そういえば、2013年の牡牛座のキーワードは「未知との遭遇」と書いてあったっけ。(新年占いのフィガロ袋とじに)

まさしく、まさしく、未知との遭遇の年になりそう…。


◆madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2013年 07月号 [雑誌]


◆星栞 2013年下半期の星占い

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです



はてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!