大器晩成だから。~パワスポ・神社・世迷言~


◆有名な神社から近所の神社まで・パワースポット・古代ロマン・温泉のリポート。私が受けたヒプノセラピー・レイキ・占いやパワーストーンなど。最近は育児のことも書いています◆
神社・パワースポット(サンクチュアリ)・温泉(時々、旅館も含む)リポートが50%くらいです。
◆他に、おススメ本・映画、試してみたダイエット、サプリメントの紹介。また、占いやパワーストーンについて。
(左側のカテゴリ一覧をご利用ください。)
ホームページ 伊勢神宮・元伊勢参り編、出雲大社・厳島神社めぐり編、宮古島旅行記 は、
>>>>>>>http://likesanctuary.web.fc2.com/<<<<<<<

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加

オーストラリア移住!するぞ!したいぞ!英語、全然話せないんだけど。

私は、FC2ブログ、アメブロ、シーサーブログ、ヤフーブログを使ったことがあるのだけど、FC2ブログが一番使いやすい。

かなり気に入ってる。

気づけばもう10年もなんとなくこのブログは続いているんだなぁ・・・

やっぱり、ツールとして書きやすいから続く、というのはある。

10年。

私が続けられたものごとって、人間を○○年と、このブログを10年くらいだ。


やりたいことをやる。

とか、

好きなように生きる。

って、簡単にできそうなのに、できないものなのなー。

本当は私は・・・オーストラリアかニュージーランドに住みたいんである。

ヴェネツイアやフィレンツェも憧れなんだけど、ババァになってきたせいか暖かい国を優先してる。

オーストラリアのあの広~い、碧~い空。

太陽光線が透き通った空気をまっすぐ射してくる感じ。

大好きだ。

仕事が終わった後に「勉強したいことがあるから大学院に行ってる」とか

そういうライフスタイルも素敵。


オーストラリアに住んで、ぜひ神社を建てたい。

そこで宮司・・・は大変そうだから、占いのババァとして居座りたい。

それが私の目標だ。

なんだそれ。


どうしたら英語の勉強、続けられますか(涙)

スポンサーサイト

はてなブックマークに追加

子どもは変化と柔軟のガイド

子どもによってスパルタ教育を受けさせられている。


私は飽きっぽくて適当、かつ、神経質で小心者なので自分の中で機が熟しきるまで行動できない人だ。


でも、子どもは私の都合も感情もお構いなしで、私の「…後でいいや(-"-;」とラベルを貼った物事を突きつけてくる。


子どもに誘導されて、必死に後をついて行ってる感じ。


子どもの成長が私の人生に大きな変化を促す。


女性は結婚妊娠出産をきっかけに、名字が変わって遠方に引っ越すとか、仕事を辞めるとか、業務内容が変わるとか、パートになるとか、とにかく変化を強いられることが多い。


多分、女性だからこの変化を受け入れられるんだと思う。


子どもが次に連れて行ってくれる先の景色はさぞ素晴らしいだろう。


と、前向きに思っておく。


本来、私は変化に弱い。

変化にワクワクできる人は強い。


変化するということは過去に積み重ねてきたものを棄てなければならない。


今まで自分を守ってくれていた殻から出ていくことだ。


冬の寒い朝に布団から出るのと同じで、私にとって変化は億劫だ。


だけど、子どもが布団を剥いでしまうのだから仕方ない!


感謝して起きることとするか~



はてなブックマークに追加

平城宮近くのかんぽの宿に響く電車の音

久しぶりに電車に乗ると、こっそりテンション上がる(^^)

近鉄奈良線の車窓から見える朝陽に照らされたススキと平城宮が清々しい。

あ、奈良に引っ越しました。

平城宮跡の中を近鉄奈良線がぶっちぎっているのは有名な話し。



そういえば、平城宮近くのかんぽの宿に泊まったことがある。

近くというか、ほとんど隣にある。

建物が古くてボロくてびっくりしたけど、スタッフの方たちは親切で良かったな~。

「広い風呂に浸かれればそれで良い」と、あまり期待していなかった温泉が意外に温泉を感じさせてくれて嬉しかった!


外から時折聞こえる「カタタタン、カタタタン…」という電車の乾いた音。

私は音にはかなり神経質で、夫に「生きにくそうだな」と言われるほどなんだけど、平城宮跡を「カタタタン、カタタタン」と通り抜けてゆく音は全く気にならなかったなぁ。

かんぽの宿は今、リフォーム中。
2016年3月にリニューアルオープンだそうだ。

きれいになったら、温泉利用したいな~。

公式HP⇒https://www.kanponoyado.japanpost.jp/nara/


はてなブックマークに追加

朝起きたら玄関のカギ穴を通って糸が山に伸びているとか、そういうこと、ないかしらねー

迷っている時、辛い時ほど、ひとに相談できずにただひたすらじっとうずくまっているようなところがある。

怪我を負った獣が洞窟で丸くなっているような。

色々なことがたくさんあって、処理できないでいる。

あー、どちらかというとPCがフリーズしているような状態の方が近いのかも。

数ヶ月前までは、やることがとにかく多くて大変だった。

途方もなく散らかった家を掃除するような作業だったけれど、地道にコツコツやればなんとかなる作業だ。

でも、この1、2ヶ月は目に見えないものを形にしていく作業だったり、自分の意志の及ばない物事だったりする。

濃い霧の中を恐る恐る歩いても、はたしてそれで正しい方向へ進んでいるのか全く分からない。

いっそ、霧が晴れるまで寝て待っていたい。

以前ならばこんな時に頼る場所があった。

神社とかお寺とか海とかお不動様とか。

今はない。

探しているけれど、しっくりこないのだ。

このブログには、力強く励ましてくれたり、そっと寄り添ってくれたり、ふんわり温かったり、厳しく叱ってくれたり、ピーンと張りつめた透明な空気の中で瞑想させてくれたりした場所がたくさん詰まっている。

だけど、今はまた自分で探して逢いに行くしかないのだ。

多分あそこに行けば・・・きっと。と言う場所はあるのだけど、幼児連れで行くにはちょっと厳しい場所。


自宅で瞑想状態にすぐに入れる人って、ホントにすごいなぁ。


白い鳥が(私にとって意味の)ある方向に飛んでいくのを見た、とかさー
白いヘビが「こちらにおいで」と言っているように案内してくれた、とかさー
朝起きたら、玄関のカギ穴を通って糸が山に伸びてた、とかさー

そんなオカルトミラクルないわけよ。

あるとしたら、そういうミラクルの10000分の1くらいのほんのささいなヒントみたいなものくらいでさ。

そういうスーパーミラクルって、多分、自分のためじゃなくて他人のために頑張っている人に訪れてるのかもねぇ。

・・・空海とか。

スケールでかっ


はてなブックマークに追加

同族嫌悪というやつ

どーーーしてもイラついてしまう人がいる。

と、言うか・・・私がイライラして仕方ない人には圧倒的な共通点があった。

「とにかくエラそうな人」

もうこれに尽きる。


本当にダメ。

子どものように、「大嫌い!」と、プイ!とそっぽを向きたくなる。

アナタはいつから私の上司になったのさ。
アナタはいつからこの会社の経営者になったのさ。
なんで部署の違うアナタにいちいちいちいちチェックされなきゃならないのさ。
その高圧的な話し方・・・イーラーイーラーするぅぅぅ!!!


どうしてそんなにエラそうな人が嫌いなんだろう。

やっぱり自分にもそういう面があるからなんだろうなぁ・・・↓

はぁ。。。

実力以上に威張ったり、役職以上のことに首を突っ込むわりには、知識や技術が中途半端で、実は陰で笑い者になっていたり、周囲に迷惑をかけていたり。

頑張ってはいるんだけど、独り善がりな仕事の仕方で、やっぱり誰かの迷惑になっていたり。


あぁ、やっぱり私も持ってるわ。コレ。。。

これって承認欲求だなぁ、私の場合は。


今は大分マシになったつもりでいたけど、上記のような人にむちゃくちゃイライラしている現在、あんまりマシになっていないのかも。

がっかり。。。





はてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。