スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加

浮腫み解消とダイエット★防己黄耆湯(コッコアポL錠)に期待してみたりする…

浮腫んで仕方がない

足の浮腫みがひどいんです。
足が腫れて痛くてそのままでは眠れないくらい~。
まぁ、浮腫んでなくても腫れてるけどな!

浮腫みには、まず、タンパク質を多くとる。
それからカリウムを含んでいる食品をとることが大事。
スイカ、ニラ、バナナ、こんぶ、こんにゃく、じゃがいも、りんご…

ふむふむ。

足のむくみ解消
http://asi-mukumi.kaishou.biz/shokuji/
というサイトによると、カリウムはストレスによって失われることが多いんですって!

他にも、

カリウム不足はインシュリンの分泌を抑えるため、満腹感を感じにくい(oh!)
とか、
キュウリに含まれているイソクエルシトリンという成分には、
膀胱炎や急性腎炎などの病気によるムクミにも効果がある(mjd!)
とか、「おぉ~」と思わずきゅうりを買い占めたくなることが書いてあります。

お茶だと、はと麦茶、あずき茶、ルイボス茶のあたりが良いみたい。

さらに、あたくしが気になったのが、防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)!!

コッコアポとか、けっこう以前からありますよね。
クラシエの「コッコアポL錠」、ロートの和漢箋「防己黄耆湯」が有名ですね。

というわけで、浮腫んだ足で買ってきましたよ、「コッコアポL錠」!

少しでも浮腫みが楽になると嬉しいな。

さて、キュウリかじったら半身浴してマッサージして早寝しよ。

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ!
スポンサーサイト

はてなブックマークに追加

気管支炎のスピリチュアル的な意味って何だろう?

風邪をこじらせて気管支炎になってしまった。。。

ゴールデンウィークから体調がずっと良くなく、
ここへ来て会社をしばらく休んでいる。

以前、ひどい腰痛になったときに
「スピリチュアル的にはどんな意味があるのかな?」と、
好奇心でググってみたところ、現状にピッタリ合った意味だったので
とても驚いた。

■「怒り」や「イライラ」を抱えているとき
■金銭面の心配ばかりをしているとき
■「自己矛盾」のため、特に腰に痛みが出るケース


詳細は・・・
腰痛(坐骨神経痛)とスピリチュアルと整形外科と。
http://momotosuika.blog67.fc2.com/blog-entry-178.html


そして、今回の気管支炎を「気管支炎 スピリチュアル」でググってみると

環境の否定

な、なんと!!これは・・・驚いた。

社内の体制が大きく変わることがGW直前に発表され、
その新体制が、正直・・・しんどい感じ・・・

会社が決めたことだから、仕方ない。のかもしれない。
しかし、負け戦だと分かってて戦う下っ端の身にもなって欲しい。

そんな気持ちが「環境の否定」となって
気管支炎というカタチで訴えていたのかもなぁ・・・

ちなみに「咳 スピリチュアル」でググってみると
■吐き出したい思いやストレスがあるのに、それができない場合
(by江原啓之さん)

ははは。やっぱりそうか~。

はぁ・・・

どうしよ。


◆スピリチュアルヒーリング―「気づき」であなたは癒される
↑「(スピ的に)気管支炎は大人の場合、環境の否定を現す」
購入したら感想を書きますね!



◆〈からだ〉の声を聞きなさい - あなたの中のスピリチュアルな友人
↑サクサク読める内容でした。
普段、何も語らない体に注目させてくれます。


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ!


はてなブックマークに追加

腰痛(坐骨神経痛)とスピリチュアルと整形外科と。

腰痛がこんなに辛いものだとは・・・知らなかった。
なんでも、特に病気や怪我は自分がなってみて初めてその辛さが解る。

なんの参考にもならないと思いますが、そんな腰痛ドキュメントです。
それからチョット気付いたこともあったので、
腰痛というものをスピリチュアルな角度から見てみました。

私は、デスクワーク(WEB関係)のため、一日中机に座りっぱなしです。
それこそ、運動なんてほとんどしていません。
ここ近年で10kg以上太り、「あー、もういよいよマズイよな~」と思ってはいました。

今年の春に、座り仕事が祟り腰を痛くしました。
すぐに自然に治ったので忘れていましたが、
7月初旬に腸の奥底が締め付けられるような、
針で刺されるような痛みを2日間感じ、その翌日から、腰痛

アタ、アタタ、アタタタタタタタタタタタ!!
(北斗の拳っぽくお願いします)
腰が痛いんです(涙&脂汗)

そのうち右足にしびれも出てしまいました。

整形外科に行き、レントゲンを撮ってもらうと・・・
「ヘルニアではないけど坐骨神経痛ですねぇ。」とのんびりしゃべる先生。

ロキソニンと胃薬、冷シップ、コルセットを渡されました。
しかし、私はロキソニンを飲むとすぐに脚や手が浮腫むことを忘れてました。
案の定、浮腫みが出たので薬は止めて、翌週また病院へ。

「じゃぁ、痛み止めの注射をしましょう」と打ってもらい、
これが2日後に効き、ルンルン気分で出かけてしまった私は馬鹿なんです。
ううう(泣)

再度、痛みがぶり返ししばらく安静にしていると、少し良くなってきます。
そして、以前お世話になった整骨院に行くことに。

それがダメだった(泣)
いや、そこの整骨院が悪いとかではなくて、
腰痛になってまだ2週間くらいの時期に、骨盤を矯正したり、
背筋をグイグイしたりっていう行為がダメだったんだと思います。

整骨院に行った2日後、激痛。
着替えられない、靴下はけない、トイレ行けない、顔を洗えない・・・
痛みと情けなさで泣けてくる。というか泣きました。

友人に家まで来てもらい、病院へ連れて行ってもらうことに。
インターネットで色々調べたということもあり、
「坐骨神経痛によく似た、全然違う病気なんじゃないか?」
「女性は子宮が原因かもしれない。アタシこの3年、子宮がん健診行ってないし」
「もっと大きい病院にセカンドオピニオンに行った方が良いのだろうか」
と、恐怖がグルグルうずまきます。

すると、友人が「とりあえず、いつものところに行ってみようよ。
整骨院の話しもしてさ、もう立て続けに何回か行っているんだし、
なんか異変があれば、紹介状を書くとか、アドバイスとかしてくれるんじゃない?」
「今回、行ってみてダメだったら他の病院も考えてみようよ」
と、のほほんと言ってくれて、少し落ち着く。心の友よ。

整形外科の先生は、いつものように
「なに、どうしたのー?また痛くなったかい?」とおっとりしゃべる。

整骨院の話しをしたら、
「まぁ、とにかくしばらくは安静にして頂戴ね。
この間の注射は効いたかい?効いたなら、今日も打とうね。」

すっかり反省した私は、もちろんしばらく大人しく、
安静にして、それから子宮がん健診に行こう。
そして、ダイエットしよう。
不安になったときに、頭によぎった懸念事項は確認しておいたほうが良いと思う。

それと、私は若干占いをやっている人間なので、
この腰痛はどうしておこったのか?を、
いわゆるスピリチュアル的に考えてみようとも思い、ちょっと調べてみました。

調べるって言ってもググっただけですが、よく見られたのが、
「怒り」や「イライラ」を抱えているときに腰痛として出やすい
というもの。
あと、背負い込みすぎていると背中が痛くなることもあるそうです。

ほかには、
金銭面の心配ばかりをしているとき
■参照⇒「スピリチュアルダイアリー」というブログです
http://blog.livedoor.jp/m-41_60255/archives/14642367.html

「自己矛盾」のため、特に腰に痛みが出るケース
■参照⇒「スピリチュアルヒーリングブログ」というブログです
http://healing7.seesaa.net/article/118376235.html

ストレスや生活、性格が腰痛というメッセージになるのでは?という考察
■参照⇒「スピリチュアルの森」というブログです
http://blogs.yahoo.co.jp/the_surfbreak_band/28079736.html

この3つのブログを読んで「ははぁ~!」と深く頷いてしまいました。
どれも、見事に当てはまるからです。

私は、占いやスピリチュアルの世界は好きですが、
それだけで物事を判断するのは大変危険だと思いますし、
もともと「それはそれ、これはこれ。」と分けて考えるようにしています。

やはり、病気や怪我の原因は生活習慣にあり、
痛みを取ったり、悪いものを取ったりしてくれる西洋医学、
体質を改善してくれる東洋医学のふたつが現実的です。

ただ、肉体と霊からなる命なので、
霊の方面から、生活習慣になる前段階の原因も考えようと思うのです。

確かに、先月・今月、とくに今月は本当に金銭面のプレッシャーが強く、
それはすなわち今後の仕事の不安でした。
私が頑張らないと!という気負いもありましたし、
早く決めなきゃ!早く決断しなきゃ!という焦りがすごかったです。

腰が痛いと、とにかく動けません。
物理的に動けないと、始めは焦りますが、
3週間も痛いと「もう、しょうがないや!」となり、
違う角度から自分の状況を客観的に観ることができました。

それから、「自己矛盾」というのは一番、心にひっかかりました。
このあたりにヒントがありそうです。

なんにせよ「痛い」とか「病気」とかと向き合うのは怖いことですが、
それは自分自身と向き合うことになるからなのかもしれませんね。


◆〈からだ〉の声を聞きなさい - あなたの中のスピリチュアルな友人
↑サクサク読める内容でした。
普段、何も語らない体に注目させてくれます。

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ!

はてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。