大器晩成だから。~パワスポ・神社・世迷言~


◆有名な神社から近所の神社まで・パワースポット・古代ロマン・温泉のリポート。私が受けたヒプノセラピー・レイキ・占いやパワーストーンなど。最近は育児のことも書いています◆
神社・パワースポット(サンクチュアリ)・温泉(時々、旅館も含む)リポートが50%くらいです。
◆他に、おススメ本・映画、試してみたダイエット、サプリメントの紹介。また、占いやパワーストーンについて。
(左側のカテゴリ一覧をご利用ください。)
ホームページ 伊勢神宮・元伊勢参り編、出雲大社・厳島神社めぐり編、宮古島旅行記 は、
>>>>>>>http://likesanctuary.web.fc2.com/<<<<<<<

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加

【宮城県・山形県への旅 Vol.3 】出羽三山神社(三神合祭殿)と五重塔(国宝)

今回は出羽三山神社についてです。

「PCの画像フォルダに眠っていた写真とネタ」シリーズ第九弾もvol.3となりました。
前回の 【宮城県・山形県への旅 Vol.2 】 銀山温泉 の続きです。

まず、銀山温泉を出て尾花沢市や新庄市を突っ切る形で日本海方向へ向かいます。
出羽三山神社にゆくのに、最上峡を眺めつつゆこう、と成ったからです。


minami-touhoku27.jpg

最上川の”ビュースポット”があると思うんだけどなぁ?
それはどこだったんだろう?
最上峡ってココ?ドコ?と言いながら車を走らせていました。

あらかじめ写真で見ていたのとちょっと違ったので「?」な雰囲気に・・・。
川は長いですもんね。
私にとって御馴染みの利根川も場所によって全然違う雰囲気だし。
あと、紅葉の時期はとてつもなく綺麗なんだろうな~、と思いました。


さて、そんなこんなで到着した羽黒山にある三神合祭殿
出羽三山とは、月山・羽黒山・湯殿山の総称です。
それぞれ登山するのはとても大変なことですので、
この三神合祭殿にお参りします。

下の写真は見えづらいのですが、鳥居の額に
月山神社(がっさんじんじゃ)
出羽神社(でわじんじゃ)
湯殿山神社(ゆどのさんじんじゃ)
と書かれています。

minami-touhoku28.jpg

この出羽三山神社(三神合祭殿)までは自動車で行けます。
少しだけ有料道路を走ります(確か400円くらいだったと思います)。

minami-touhoku29.jpg

私が訪れたのは2009年5月ですが、萱葺き屋根の葺き替え中でした。
それにしても大きいです。
古来より修験道の道場として有名な場所ですが、
こんなにも立派な社殿だとは思っていませんでした。
さらに、立派と言っても「ギラギラと華やか」な感じでは全くなくて・・・
静かで、力強く、落ち着いた雰囲気で、心を惹きつけられます。

minami-touhoku30.jpg

minami-touhoku31.jpg

minami-touhoku33.jpg

minami-touhoku32.jpg

彫刻や装飾も見入ってしまいます。
上をずっと見上げているので首が痛くなってきました。

さらにさらに、私の中で印象に残っているのが
地元の小学生が写生大会を開いていたり、別の小学生グループは彫刻を見たり、
先生とお参りをしたり・・・子供の元気な声で賑やかなこと。

それが”ほんわり”と良い雰囲気で、「地元に愛されている神社って良いなぁ」と。
修復工事が終わったら、ぜひともまた来たいです。

ちなみに、出羽三山神社の説明を公式ホームページから抜粋しておきます。
『社殿は合祭殿造りと称すべき羽黒派古修験道独自のもので、
高さ28m(9丈3尺)桁行24.2m(13間2尺)梁間17m(9間2尺4寸)で
主に杉材を使用し、内部は総朱塗りで、屋根の厚さ2.1m(7尺)に及ぶ
萱葺きの豪壮な建物である。

現在の合祭殿は文政元年(1818)に完成したもので
当時工事に動員された大工は35,138人半を始め
木挽・塗師・葺師・石工・彫物師その他の職人合わせて55,416人、
手伝人足37,644人、これに要した米976余石、建設費5,275両2歩に達した。
この外に多くの特志寄付を始め、山麓郷中の手伝人足56,726人程が動員された。

建設当時は赤松脂塗であったが、昭和45年~47年にかけ
開山1,380年記年奉賛事業の一環として塗替修復工事が行われ、
現在に見るような朱塗りの社殿となった。平成12年、国の重要文化財に指定される。』

出羽三山神社公式ホームページ(http://www.dewasanzan.jp/)より

さて、五重塔(国宝)へ向かいます。

三神合祭殿~五重塔は歩く方が多いようですが
私達は時間に限りもあったので自動車で移動しました。

ネットで見た感じだと、
1.随神門~(参道を歩く)~2.五重塔~(参道を歩く)~3.出羽三山神社
というのが、王道のようです。

けっこう時間がかかるようですね。
行きだけ歩いて、帰りはタクシーで戻る、ということも出来るようです。
時間が取れる方はチャレンジされてみても良いのではないでしょうか?

さて、五重塔まで一番近い随神門まで自動車で行きました。
ここから五重塔まで歩いて・・・10分くらいだったと記憶しています。
この行程を採られる方も多いようですよ。

minami-touhoku35.jpg

minami-touhoku34.jpg

静かな森の中に佇む五重塔(国宝)です。

ガラララー、ガラララー・・・と
キツツキの木を突く音がこだましています。

出羽三山近くの月山志津温泉の情報を見る

銀山温泉の宿・ホテル一覧へ

山形蔵王温泉の宿・ホテル一覧へ




◆江原啓之神紀行6 北海道・東北・北陸 (スピリチュアル・サンクチュアリシリーズ)

【お役立ちリンク】
■出羽三山神社公式ホームページ
http://www.dewasanzan.jp/


■出羽三山 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E7%BE%BD%E4%B8%89%E5%B1%B1


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ!
スポンサーサイト

はてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。