スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加

ヒプノセラピーサロンの探し方

ヒプノセラピーサロンの件でコメントくださった方がいらしたので、コメントにも返したのですが、ちょっと追記したいと思います。

ヒプノセラピーサロンってどうやって探したら良いか…

やっぱり、信用できるセラピストさんにお願いしたいものです。

色々と調べてみてもHPだけではなかなか分からないというのが実情かと思います。

料金もけっこう高いです(私の場合は一回のセッションで1万円~1万5千円弱)し、少なくとも2、3回は通うことが多いでしょうし、セラピストさんの経験値も人格も気になるところです。

---

私の開運のスタートは、ヒプノセラピーだと思います。

つまり、逆を言えば不運の原因は「インナーチャイルド」にあったということでしょう。

ヒプノセラピーによって救われたのは事実ですが…ヒプノ受け初めの頃は精神的に辛くなってしまったので、簡単におススメできかねる部分もあるんです。

非常に苦しい頃を思い出す作業ですし、その当時は見えなかったことに気づいてショックを受けたこともありました。

これは、人によるのだと思います。

私の友人2名がヒプノを受けましたが、イマイチだったそうです。

向き不向きもあるでしょうし、そもそも「問題の原因」が、ヒプノによるアプローチとは違ったところにあれば、効果は薄いかもしれません。

ヒプノセラピストさんのブログなどを読んでいると、心理学調ヒプノと、スピリチュアル調ヒプノの二つの流れがあるように感じます。

熱心なセラピストさんであれば、ブログやHPなどで自分の体験談や、クライアントの感想、セッション事例などを発信していることが多いと思います。

そういった文章からもセラピストさんの経験や人となりを見ることはできそうです。

---

ヒプノに限らず、レイキ、ホ・オポノポノ、瞑想、ヘミシンク、アファメーション、もちろん心理カウンセリングなどなど、アプローチは色々あると思います。

私の根本の問題解決にはヒプノがピッタリの方法だったのでしょう。

でも、ヒプノに辿り着くまで、もがきにもがきました。

ヒプノを受けたあともトントン拍子というわけでもなかったです。

それでも、3年前の人生とは全く違います。人生が明るくなりました。

開運と癒しの手段として、参考にして頂ければ嬉しいです。

※ヒプノセラピーだけの問題ではありませんが、悪徳商法や詐欺もあるようです。

あらかじめ、電話やメールなどで不安・疑問を質問したり、実際にサロンに行って「変だな」と思ったら(例えば体を触る、商品を無理矢理に買わせようとするなど)、すぐに自分の身を守ってください。

また、あまりにも依存心が強いと、悪徳商法に引っかかりやすくなってしまったり、「ヒプノさえ受ければ」「パワーストーンを持ちさえすれば」と、目的と手段がゴチャゴチャになってしまったりするかもしれません。

セラピストさんは、癒しをお手伝いをしてくれるにすぎません。

自分を癒せるのは自分自身です。

【ヒプノセラピー体験記事】
<第1回>ヒプノセラピー・レイキ/燃え盛る家とのっぺらぼうの私
スポンサーサイト

はてなブックマークに追加

<第5回>ヒプノセラピー・レイキ/オラクルカードが教えてくれたこと

<第1回>ヒプノセラピー・レイキ/燃え盛る家とのっぺらぼうの私
<第2回>ヒプノセラピー・レイキ/フラッシュバックから「気づき」へ
<第3回>ヒプノセラピー・レイキ/開運に勢いを。神社で御祈祷と結婚へ
<第4回>ヒプノセラピー・レイキ/コードカットによる新しい気づきと癒しのつづきです。

コードカットやり直しの数日後、オラクルカードの勉強会がありました。

勉強会の前に、「母親との関係をヒーリングしよう」というテーマでレイキを行いました。
桜の花が舞い散るビジョンが見え、とても美しく、母と桜を見に行ったことも思い出しました。

オラクルカードでは、ささいなことで夫と気まずい空気になっており、その解決方法を聞いてみました。

ちなみに先生が何種類ものオラクルカードをどっさり持ってきてくれて、勉強会に参加した人が好きなカードを選べたのですが、私が選んだカードは、【マーメイド&ドルフィンカード日本語版説明書付】ドリーン バーチュー (著), 山下 はな (翻訳) でした。(気に入って後日、購入しました)


マーメイド&ドルフィンカード日本語版説明書付

出たカードは…

お母さん人魚、小さな男の子人魚、女の子の人魚が海辺で幸せそうに遊んでいる絵

「…???」

『母親に対する問題を手放しなさい…』という意味のカードなのですが、うーん…
それと夫とのことにどういう関係があるのだろう?

それがその日の夜に解決しました。

布団に入って、レイキをしながらぼけーっとしていると、ふと弟の幼少期の写真を思い出しました。

とてもニコニコした天使のような可愛い男の子(弟)で、シロツメクサの公園をヨチヨチ歩いている写真です。
カメラマンは母。母に向かって歩く男の子。
さらに、私がシロツメクサの公園に座り、母に笑いかけている写真も思い出しました。
母からの愛情が伝わる写真です。
父は仕事でしょうか、写真には写っていません。

我が家は写真が少ないため、その写真をよく覚えているのです。

そういえば両親が離婚したあと、その写真をきちんと整理したのは父でした。

両親の仲が良かったころ、幸福であふれていた我が家。

ほんの短い間だったのかもしれませんが、間違いなく愛されていたのだと気づき涙が溢れてきました。

そして、それはまるでオラクルカードの絵のようだ、と思い出しました。

夫婦が仲良く、思いやりをもって接し合うことが大事であること。
そのためには「まず、自分が幸福であること」が、何より大事であること。

これは様々な事情でシングルで子育てをされている方も同じだと思います。
子育ては一人でされていても、家族や友達、会社の方と良好な関係を築けているか…
今、目の前にある自分自身を受け入れているか…

犠牲になったり、道化役や強い母を演じるのではなく、また、相手に我慢させるのでもなく、思いやりを持ち寄りながら、境界をはっきりさせながら、共同生活を営んでいくんだ…と、気づきました。

誰かが犠牲になってその場しのぎを続けることは、問題を大きくするだけです。

それを身をもって体験してきました。

長年染みついた考え方、思い癖はなかなかすぐには変えられません。

こうやって、様々な出来事やヒプノセラピー、レイキ、占いなどによって気づきを繰り返し、開運していくのでしょう。

私に関しては、「毒出し」や「詰まっていた流れを解消」した作業がヒプノセラピーだったのだと思います。

そして、より健康的に健全に、開運への日々の筋トレがレイキだったのではないかと。

もちろん、神社めぐりも好きなので神社や吉方位取りも良かったのだと思います。

でも、一番効果的なのは…

「幸せになりたい!」と、心から願うことだと思います。

【追記】

父のことに触れていないのは、やはり、わだかまりがあるからです。

残念ですが、仕方ないですね。この事実を受け入れるしかありません。


それから、ヒプノセラピーやアダルトチルドレンの回復について、私は簡単に「おすすめできません」。

アダルトチルドレンの回復には相当な痛みを伴いましたし、個人の努力やタイミングが必要だと思うからです。

またヒプノセラピーは、心理のプロで経験を積まれた方、アフターフォローの丁寧な方、事前の説明や事前カウンセリングによってヒプノセラピーではないアプローチも含めた提案ができる方に出会えるのが理想だと思います。

ただ、そういったセラピスト・サロンに出会えるか、難しいのが現実ではないでしょうか?

辛すぎる過去にフォーカスして解決できるタイミングやケース、
あえて問題にフォーカスせずに、まずは心の平安を得るケース、
色々と方法はあるはずです。

知人はヨガに出会って変わりました。
別の知人は憧れの土地に住むことで変わりました。

どうか忘れないでください。

「もう死んでしまいたい」というその言葉は「幸せになりたい」という言葉であることを。

虐待の幼少期から青年期後も、パッとしないことの方が多かったように思います。
アパートに引き籠って、体を折り曲げて声を殺して泣いて人生を呪う日々もありました。
ハローワーク、社会保険事務所、市役所めぐりに自分で自分を嘲笑することも、
返却されまくる履歴書に虚無感でいっぱいになることも、
袋のインスタントラーメンを半分にして2食にしたことも、
愛のない恋人に執着して、余計に傷口を広げたことも…

泣きながら神社へ行って、人々に怪しまれました。

なぜ神社かと言えば神社は無料だし、
神様は「また愚痴か」とは言わないし、
早朝に行けば人も居ないし…
…それだけ孤独だったんでしょうね。

辛い最中は、親友にも本音は話せませんでした。

どうしたら苦しみから解放されるか、これといった答えは解りません。

でも、今は幸せです。
以前よりずっとずっと生きやすいです。

だから、少しでも参考にしてもらえたらと思い、ブログにしてみました。


【関連記事】(悪)縁切り神社について~いわゆる悪縁とは一体何?~



◆西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット(CD付)
◆インナーチャイルド―本当のあなたを取り戻す方法


◆「エナジーバンパイア」から身を守る方法
◆モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
はてなブックマークに追加

<第4回>ヒプノセラピー・レイキ/コードカットによる新しい気づきと癒し

<第1回>ヒプノセラピー・レイキ/燃え盛る家とのっぺらぼうの私
<第2回>ヒプノセラピー・レイキ/フラッシュバックから「気づき」へ
<第3回>ヒプノセラピー・レイキ/開運に勢いを。神社で御祈祷と結婚へのつづきです。


コードカット…すなわち「母親との共依存を断ち切る」ということでした。

紫色の美しいコードが私に刺さっている…
とても美しく霊性は高いが、「依存」が隠れている…
娘に幸せになってほしいと願っているのに、実は願っていない…
いわゆる「共依存」…


説明を聞いて、なんだかよく分かる…と思いました。

母と娘の愛情とは、そういうものかもなぁと思うんです。
嫉妬や支配を隠さない母親も多く見られますが、ほとんどが無意識でしょう。

例えば、あれこれと子どもを過剰に心配することも、結果的に子どもをコントロールしています。
「自立しろ」「しっかりしろ」と言いながら、自立を妨げていることに気づきません。
自立できない子どもの面倒を見ることで、母親は、無意識に自分の居場所を獲得します。

そのためには、子どもはいつまでも自立しては困るのです。
だから、子どもが自立できない様に「先回り」する。

親は、子どもが怪我をしながらでも自分で歩くのを黙って見守ることも必要です。

「お母さんはあなたを信じているのよ(お母さんの望みは解っているわよね?)」と言って、息苦しくさせてしまう。
「あなたは私の娘だから、わかるのよ(きっとあなたはこうするわよね?)」と言って、同化させようとしてしまう。

そんなつもりは母親にはないとしても。
子どももはっきりと意識しているわけじゃない。

親が幸せでないと、子どもに口出しをします。
自分が幸せじゃないから、子どもにだけ幸せになってもらいたくない。

親は、どうしたってどこかで支配してしまうし、時には(自分は子どもの犠牲になった…)と思うこともあるでしょうし、子育てというのは必死です。

子育ての経験がない私でもそれはなんとなくわかります。
母も父も必死だったのは分かっています。

道化の役割(父にとって、弟にとっての母の役割、母にとっての妹の役割)を演じた私がその証明でもあります。

父と母もそれぞれACの可能性が高いのですが、それぞれがそこに気づいていたら。
それぞれが、自分が解決しなければならないものを抱えていることに気づいていたら…。


<第1回>ヒプノセラピー・レイキ/燃え盛る家とのっぺらぼうの私
<第2回>ヒプノセラピー・レイキ/フラッシュバックから「気づき」へ
にも書いたように、苦労、苦労の連続だった母を美化し、擁護した私に「歪み」が生じていたのです。

…本当は、あの場面では守ってほしかったし、守ることも可能だったはず

そういった「歪み」「潜在的な悲しみ」を吐き出すことでインナーチャイルドの癒しは確かに進んできました。

それに、私だって解っているのです。
「あの時の状況では、あれがベストだった」と。
「母なりにベストを尽くしたのだ」と。

そういった相反する感情が存在するのも、当然なのだと思います。

コードカットをしてから少し経ったころ、左の肩甲骨のあたりが妙に痛くなることが多々ありました。
さらに、蜘蛛の気持ち悪い夢を数回見てしまったり、家族の仕事の都合で寝不足気味のためか体調が悪くなり、なんとなくコードカットのことを思い出しました。

先生に「気のせいだとは思うんですけれど、ちょっとひっかかることがありまして…」と、相談したところ再度サロンへ。

「コードがまた繋がってしまっているし、貴女も少し不安定な心理状態になってしまったみたい。
コードカットは依存を切るのであって、絆を切ってしまうものではないのだから安心してね。」と言われました。

今度は前回よりも長く時間を取り、母に感謝の気持ちを伝えてからコードカットしました。

「お母さんはあの時、ベストを尽くしたことを私は知っています。
私も頑張るからお母さんも頑張ってね、お互いの健闘を祈りましょう。
そして私は今、本当に幸せです。夫は”お母さんの墓前に連れて行ける人だ!”と思えるくらいの人なのだから、信じて見守ってね…」

心の中で母にメッセージを送っていると、先生から「肩の力を抜いて、リラックスして…」と静かなアドバイスが。

全て終わったあと、先生と色々と話しました。

まだ若くして、数年の闘病の末亡くなった母。
色々思い残すこともあっただろうし、もっともっと楽しみたいこともあっただろう。
物質欲や名声欲なども強い、パワフルな女性でもあったし。
もしかしたらそういう心残りと、私の不安や甘えが結びついてしまったのかもしれない…。

誰かが自立するときは、自立をする人も、見守る人もお互いに自立するんだな。と思いました。

次回に続きます。


【関連記事】(悪)縁切り神社について~いわゆる悪縁とは一体何?~



◆西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット(CD付)
◆インナーチャイルド―本当のあなたを取り戻す方法


◆「エナジーバンパイア」から身を守る方法
◆モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
はてなブックマークに追加

<第3回>ヒプノセラピー・レイキ/開運に勢いを。神社で御祈祷と結婚へ

<第1回>ヒプノセラピー・レイキ/燃え盛る家とのっぺらぼうの私
<第2回>ヒプノセラピー・レイキ/フラッシュバックから「気づき」へのつづきです。

ヒプノセラピーを何度か受け、インナーチャイルド、アダルトチルドレンの癒しの過程が少しずつ進む中、霊感というか第6感が強いタイプの友人に「東京の神田明神さんでお祓いしてもらったら?」と勧められました。

ちょうど転職活動中だったし、なんというか「景気づけ」にお祓いしていただこう!と、行ってみました。
<該当記事>
神田明神でお祓い(祈祷)していただきました~その1~
神田明神でお祓い(祈祷)していただきました~その2~


その後、ある有名企業の内定と、地元の小さな小さな会社の内定をいただきました。

・飼い猫が病を患ってしまい、猫の通院には地元の会社の方が都合がいいこと。
・地元の会社が、私の好きなように仕事をさせてくれることを面接で約束してくれたこと。
・有名企業の方がスキルアップはできるが、以前の会社のように疲れ果ててしまうのではないかと心配。

…考えた結果、今までの私なら有名企業を選んでいたのでしょうが、地元の会社にしました。

後に、そこからの縁で夫になる男性と出会い、結婚しました。あんなにも結婚を恐れていた私が!
夫に会った瞬間に「母の墓前に連れて行ける男性だ!きっと母に紹介できる!」と思ったのです。

ヒプノセラピーを4、5回受け終わった私は、ヒプノセラピーは卒業していました。
もうヒプノは充分だと思ったからです。

プライベートの方はどんどん明るくなっていく兆しが見え始めたころ。

社内いじめに遭うようになりました。

該当記事
エナジーバンパイア前編~ネガティブな人から自分を守る方法~
エナジーバンパイア後編~ネガティブな人から自分を守る方法~
エナジーバンパイア/その後編~ネガティブな人から自分を守る方法~


社内いじめがきっかけで酷く体調を崩した私はリンパマッサージを受け、そのマッサージの先生によるレイキを受けるようになります。

やがて自分でもレイキを覚え、ヒーリングのこと、モラハラエナジーバンパイアのことなどをまたまた勉強し始めます。

そこで、インナーチャイルドとモラハラ被害者の共通点に気づき、「なるほどねぇ…」と唸ってしまいました。

アサーティブ(自己表現)の大事さ、
相手の言動にネガティブなものを感じたらなるべく早く距離を空けること、
同情心をもたないこと(自分と他人の境界を明確にする)、
コントロールしない・されない関係を意識すること…など、
今までつまづいていた対人関係の問題の原因をおさらいしたような気分でした。

結局は、「自己肯定」が一番重要なのだと思います。

自分を憐れんでいると、他人をも憐れみ、同情し、それはつまりどこか見下しているのです。
そして、自己犠牲。

レイキを通してヒーリングの機会も増えたある日、
「先生、このようなモラハラは初めてですが、実はストーカーに遭ったり、ちょっとしたイジメというのは初めてではないんです。」と相談してみました。

上で登場した霊感の強い友人に「パワースポットの良い気も受けやすいが、ネガティブな人の念も受けやすいから注意して」と言われたことがあり、同じことをヒプノセラピーの占い師の先生や、他の占い師さんたちにも言われていました。

「注意…って、どうやって?」と思った私はレイキの先生に聞いてみたのです。

すると、先生は「うーん…コードカットが必要みたいだね。」と言いました。

「特定の人からの被害を終わらせるためにコードカットってするんじゃないんだっけ
私は、自分のそういうことを呼び寄せてしまう体質・気質(?)に悩んでいるのに…。
なぜ、コードカットなのだろう」と思ったのですが、ヒプノセラピーもレイキも来るタイミングで来たような気がしますし、流れに任せてコードカットを受けることにしました。

次回につづきます。


【関連記事】(悪)縁切り神社について~いわゆる悪縁とは一体何?~



◆西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット(CD付)
◆インナーチャイルド―本当のあなたを取り戻す方法


◆「エナジーバンパイア」から身を守る方法
◆モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
はてなブックマークに追加

<第2回>ヒプノセラピー・レイキ/フラッシュバックから「気づき」へ

<第1回>ヒプノセラピー・レイキ/燃え盛る家とのっぺらぼうの私のつづきです。

その後、アダルトチルドレンインナーチャイルドヒプノセラピーの本を読み、ネットで調べ、随分と勉強しました。

母を亡くした頃、他にも様々な出来事が重なり、軽いウツを経験した私はそれらの単語を知ってはいたものの「自分には関係ない」とスルーしていました。
そもそもウツ状態の時も「まさか私がウツになんてなるわけがない」と、頭から否定して、不眠と脱毛と腕が全く上がらなくなってしまう状態にまで放っておくという、心の悲鳴を無視する傾向がありました。

癒しが進んだ今だから思うのですが、「幸せになる価値が私にはない(自己否定)」という意識が強くあったような気がします。

私が、インナーチャイルドを癒すために参考にした本は
【インナーチャイルド―本当のあなたを取り戻す方法】ジョン ブラッドショー (著), John Bradshaw (原著), 新里 里春 (翻訳) でした。

インナーチャイルド―本当のあなたを取り戻す方法

本に書いてある回復のプログラム全てを実行することはできそうにありませんでしたが、とにかく蛍光ペンで線を引きながら読み進めました。

ヒプノセラピーで「フラッシュバック」のような状態になり、とても辛く、必死だったのです。

あまりにも嫌な思い出のために封印していた記憶が蘇り、また、美化していた母について気がついてしまったこと、自分があまりにも不遇だった事実が、…ショックでした。

当時はヒプノセラピーを受けたことを後悔しました。

「こんなに苦しいなら、受けない方が良かったんじゃないか…」

今なら、はっきりと「いいえ」と言えます。
放っておいて膿んでしまった傷口に消毒液をかければしみるのです。

本を読んで、実践できるところは実践し、ヒプノセラピーに4、5回通いました。

自分が自分のために思いやりをもって泣く、という作業は初めてでした。

母に対しての同情や美化のフィルターが取れ、「守って欲しかった」としみじみ思えるようになりました。

そのころから、
「私だって、やっぱり幸せになりたい。
もちろん今までも幸せになりたいと願ってきたのは間違いないのだけれど、無意識に”幸せ”から遠ざかっていたような気がする。」
「幸せを望むこと・幸せになることを、私は私に許していないのでは…」と気づきました。

日本内外で起きた悲しいニュース、あまりにも悲惨な出来事、それらに意識を合わせ苦しみ悲しむことが、まるで自分の役割のように感じていました。
私が苦しみ悲しむことを請け負えば、誰かの負担が軽くなる…そんなことを思っていたのかもしれません。

それはまるで、不在がちだった母の代わりに小学低学年の私が弟の面倒を見たり、学校で言われた心無い悪口を一人で我慢し、家で明るく振舞っていた心理に、少し似ているように思うのです。

子どもは、どういうわけだか自分が我慢すれば。。。と、一人で抱えてしまうものです。

でもそれは、幼い子どもが体を張った”その場しのぎ”です。

私が悲惨なニュースに落ち込んでも地球上に「悲しみ」が増えるだけです。
その場しのぎにすらなりません。

「私は、幸せになりたいのだ!」と気づいた時から、あまりニュースを観なくなりました。

このころ、ネット上で知ったある瞑想の先生に「フォーカスするところが違うんじゃないかな。まずは心の癖を変えることが大事。」とアドバイスされたことも収穫でした。

本当は幸せになりたい。でもそんな価値が私にはない。
という歪みが解除され始めました。

当時勤めていた会社のバツイチ女性の上司から言われた一言も、私の歪みに一石を投じました。

彼女は酔うと「オマエは、恋愛や結婚は諦めて仕事に邁進しろ!私と同じタイプだからな(笑)」

そう言う彼女は、ちっとも幸せそうに見えませんでした
収入も多く、質の良いオシャレな服を着て、広いマンションに住んでいました。
でも羨ましいとは思えませんでした。
いつも仕事に追われ、口角は下がり、毎晩のように飲みに行っていました。

「世の中には、あたたかな家庭と楽しい仕事を両立している人もたくさんいる。
私は、彼女みたいになりたいとは思わない。」と、はっきり自覚したものです。

つまり、「育った環境も環境だし、きっともともと私は結婚には向いていないんだ」という自分にかけた催眠が解け始めたのです。

そして、霊感の強い友人に「東京の神田明神さんでお祓いしてもらったら?」と勧められます。

次回に続きます。



◆西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット(CD付)
◆インナーチャイルド―本当のあなたを取り戻す方法


◆「エナジーバンパイア」から身を守る方法
◆モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
はてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。