スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加

別に他人の事だから、どうだっていいんだけど」と前置きしつつ、批判する時

今日は知人にお説教?され、ちょっと落ち込んでいたのです。

今チャレンジしていることを相談したら、「君の最終目標がハッキリ見えない!コンセプトがブレブレなんじゃないか?結局どーしたいの?」と、イライラ。

「ちょっとアドバイス欲しいんだ~」⇒「いいよー、ランチご馳走してねー」という流れだったので、ちょっと驚き、慌ててしまった。

私のやろうとしていることは、あなたの貯金が減ることもないし、あなたの名誉が傷つくこともないのに、なぜこんなに苛立っているんだろう?

コンセプトは自分の中ではハッキリしてるんだけど、知人が言うような「金を稼ぎたいの?社会貢献したいわけ?ハッキリして!」というのとはちょっと違うので・・・困った。

知人が一番言いたかったのは「君は甘い、あまーーーい!!」ということだったんだろうな。

お互いに気まずくなって話題を変えてしまった。

以前から相談し、協力してくれている友人達には理解してもらっていたので、その知人にも理解してもらえるんじゃないかという甘えがあった。

それにしても、「別に他人の事だから、どうだっていいんだけど」と前置きしつつ感情的に苛立った知人が不思議だった。

が、

そういえば、私もそんなことがあったぞ・・・

仕事がかなり忙しくて、でも、充実感ややりがいをあまり感じられなかったあの頃。
ただ、ひたすら疲れてピリピリイライラしてたあの頃。

おまけに給料面も思わしくなくて、「こんなに頑張っているのに」という不満と、「褒めてほしい、認めてほしい」という承認欲求でくすぶっていたあの頃。

そんな時知り合った、自称ゲームクリエーターの30代男性。

親に家賃も食費も入れず、アルバイトにも行かず、「俺はゲームで食う!一発当てる!」と言ってゲームを作っていた。

友人たちの集まりにその男性も時々来ていたのだが、その男性は自分のゲームを宣伝したり、自分の夢を語ったりして不評を買っていた。

「おまえさ、夢を語る前に自分の食費くらい親に払えよ」
「短期でも良いから、社会で働いた方が良いよ」
「そもそも、お前のゲーム・・・ダメだと思うぜ。批評ももらってるだろ?」

と、彼に注意する者も出て来た。

彼は、まったく悪びれることもなく「好きなことを仕事にしたいのは当たり前」「逆にお前らみたいにガマンしてる方が不思議」などと言うから、火に油を注ぐのだった。

そして、私も彼にイライラするようになり彼におこごとを言う一人になった。

今思えば、なぜあんなに彼にイライラしたのだろう?

そう。

当時の私は、満足していなかった。何一つ。

給料も、仕事の内容も、休みも。プライベートも。

不満だらけだった。

それが、彼に投影されてしまったのだと思う。

ただの八つ当たりだ。

恥ずかしい。。。

.彼を思いやっての動機ではなかった。

どのみち彼を思いやるつもりがないのならば、我関せずで良かったのだ。

そして「ゲームの宣伝は聞きたくない」と言えば良かったのだ。
「サラリーマンとして働いている人を馬鹿にした発言はやめて」と言えば良かったのだ。


・・・まぁ、今日の知人が私に八つ当たりしたのかどうかは分からないし、それは置いておいて。

怒られた一方で、「そのアイディア、すごく良いじゃん!頑張って!」と言ってくれた人もいた。

「納得しながら進んでいけば良いんだよ」と言ってくれた人もいた。

知人が感情的にイライラせずに接してくれたら、私はどんなにか嬉しかっただろう。

でもまぁ、確かに「・・・???」な相談をされたらイラつくよねぇ。

だって、私に好意的なアドバイスをくれた人たちは、みな、私に好意的な人たちばかりなのだもの。

私のどんくさい、トロい、頑固なところを「仕方ないねぇ」と笑ってくれる人たちだ。

そうではない人の反応もちゃんと心に留めておこう。

(つまり、私のやろうとしていることは分かりずらいということ・・・しょぼーん)

ゲームクリエーターがみんなにヒンシュクを買った一番の原因は「人の話を聞かない、受け入れない」ことだったのだから。


スポンサーサイト

はてなブックマークに追加

今度はエンジェルナンバー888と8888、いただきました!

先日、エンジェルナンバー1111についての記事をかいたのだけど、ここ3日ほど「888」とか「8888」をよく見る。

それに引き替え、1111はとんと見なくなった。

まぁ、ここ3日連続で自動車に乗って出かけたから見る確率も高かったかも。

とはいっても、近所のスーパーとかっすよ。信号待ち含めて片道10分くらいっすよ。

スーパーの駐車場に888ナンバーがあったのではなく、前を走行してる車のナンバーが888か8888だったので「これは、アピールされている(ような気がする)」っちゅーことで、ぐぐってみました^^


【エンジェルナンバー888】



宇宙は豊かで寛容です。
あなたはそのつきせぬスピリチュアルな流れを注いでもらう方法を学びました。
大きな経済的な成功は今もこれからも、あなたのものです。


【エンジェルナンバー8888】



今、人生のひとつの章が終わりを告げようとしています。
次の章へ進む準備をしてください。
変化というトンネルの向こうには必ず光があると知っておいてください。
これまでの経験で学んだことは大いなる実りとして思いもしない形であなたにもたらされます。
感謝とともに尽きることのない豊かさを受け取ってください。




これは!

なんか嬉しいぞ^^

変化を恐れちゃイカンということだな。

最近はじめた”チャレンジ”の背中を押してもらえたようで、嬉しい!




はてなブックマークに追加

2月4日立春と満月の朝に、エンジェルナンバー1111からの、インナーペアレントを味方につける宣言

ここ1ヶ月、時計の11時11分をしょっちゅう目撃する。

携帯見すぎなんだろう、って?

それは否定しないんだけども。
我が家の壁掛け時計はデザインを重視して買ったら、時間が見難いんだもの。

だから時間を確認するときには携帯か、小さなデジタル時計を見てしまう。

それにお昼前後って忙しい時間帯なので時計を確認する回数も多いのかも。

それにしても1111を見すぎだと思うんだよなー。

それから、大事なメールのやりとりが11時11分だったり。

2時22分や3時33分とかは見ないんだよね。

で、エンジェルナンバー1111でちょっとぐぐってみました。


【エンジェルナンバー1111】


私たちはみなひとつであり、よって、誰もが思考を通じて結びついています。
考えることに注意し、恐れではなく、望みのほうに意識を集中させてください。

エネルギーの通り道が開きました。
あなたの思考はすばやく現実となります。
この時期、思考を賢く選ぶこと。
思考が願望と確実に一致したものであるようにしてください。
恐れには一切エネルギーを費やさないように。
そうしないと、それが現実化してしまいます。




これは!

3週間ほど前に、レイキの先生にアドバイスもらったことと同じだー!

「出来るか出来ないかを考えるよりも、どうしたら出来るかを考えましょう。
潜在意識の中に消極的意識が強すぎると何も踏み出すことはできません。
これまでため込んできた消極的な意識を掃除するために寝る前に自己ヒーリングをしてください。
その時は必ずネガティブな考えはせずに無に、もしくはポジティブなことを考えることです。」

と、アドバイスされたばかり。

私は、典型的な「不安がり屋」。。。

ついつい、「でもなぁ」「結局なぁ」「そうはいってもなぁ」とか消極的なことを考えちゃうんだよぉ!

寝る前のヒーリングも主に子どもの夜泣き対策に使ってるし

子どもにレイキすれば自分にも流れるし、まぁいっかーな、ノリだったけどちゃんと自分にもしよう。

今日から新年(立春)。しかも、朝8時10分には満月を迎える。

自分自身を大切に、良い言葉、良いイメージで満たしてあげよう!

私が私の最高の親になってあげるような感じかな。

インナーチャイルド、インナーペアレントについてシンプルで解りやすいと思ったサイト

Soft rain「ACの治療法」

はじめてのヒプノセラピー「ヒプノの世界 10」

私が私のことを否定したり、「どうせ中途半端に終わるよ」なんて言ってどーする。

ちょうど、朝8時10分から月は欠けていく。

恐れを手放していこう。

自分を味方につけよう。

このことをまとめるために早く目が覚めたのかしら

寒いけど久しぶりにお財布フリフリもしようかな!



エンジェル・ナンバー―数字は天使のメッセージ



エンジェル・ナンバー 実践編―願いをかなえ、答えを得る


というわけで、「偶然、偶然」と片づけないでちょっとぐぐってみて良かったねー というブログでした



はてなブックマークに追加

【その2】言葉(言霊)を大事にしよう。手相占いのおっちゃんにも言われちゃったし。

前回からの続きです。

【自分の人生に不平不満がある人ほど、人の人生にアドバイスをしたがったり、または悪口が多い】ということが分かってきたわけだけど…それに対処しなければいけないし、自分がそうなってもいけない。

会話の相手がエナジーバンパイアだと、

会話

相手)人の悪口を言い始める

私)話しを修正する

相手)自慢話を始める

私)話しを修正する

くりかえし

…すごく疲れる… ← エネルギー奪われてるょ

早い段階で「嫌ですよ」とハッキリ言えば良いものを、父親の顔色をうかがって生きてきた幼少期~青年期の癖で、やんわり遠回しににしか言えない私…

でも、私も他人のこと言えないんだよなぁ。
エネルギーが下がってくると、悪口や不平不満を言うもの。

絶対に悪口や不平不満を言わないっていうのも難しい。

なぜなら、心にくすぶっている思いがあるのは事実なんだし、そこに目を背けるから歪んだ発言になっちゃうんだと思う。

本来なら「何アイツ、何様のつもり!」と言いたいところを、
「やっぱりさぁ、そういうことするといつか自分に還ってくるし、運気が下がると思うんだよね
と、スピリチュアルに変換してみちゃうわけだ。

「何アイツ、何様のつもり!」の時は、【相手】がいかに酷いかを吐き出すよりも、【私】がいかに残念に思ったか、悲しかったかを話した方が良いかも。


先日、心がモヤモヤして仕方ないのでレイキヒーリング友人に話しを聞いてもらった。


「昔の知人にばったり会って、すぐに帰れば良かったのに久しぶりだからと思って話しをしたら、相変わらず人の悪口・噂話・憶測話・自慢話・失言の嵐だったよぅ(涙)
特に身内のことを言われて、すごく不快だったのに、はっきりと言えなくて…」

友人「ふむふむ(話を聞いて、共感・同意の後に)…はっきりと言えないのはなんでだと思う?」

「父親に怒鳴られたり殴られたりするのが恐ろしくて、言いたいことを適切に言えなかったせいかも。
望ましくないコミュニケーションの初期動作が、弱すぎるか、あるいは過剰防衛すぎるところがあるんだよね」

友人「じゃあ、その人で、お父さんとのことをクリーニングしたのかもね」

「このモヤモヤはインナーチャイルドからのメッセージということ?」

友人「そう。心の深いところの毒が出たのかも。
今までにもモラハラに遭ったりしたのも…そこに気づくためだったのかもしれないね」




で、記事冒頭に書いた【ケース2】だ。

「真実が見えない愚かな人間が多くて嫌になる」という、知人の発言。

私に同意を求めたくて言っていたようだけど、どう返して良いか分からなくて完全にスルーしてしまった。
なんとなーく、被害者意識みたいな、過剰防衛っぽい印象を感じたのだけど…

自分と他人の意見が一致しないのは仕方のないことで、例え自分の考えが正しくても相手に怒りをぶつけるのは、溝が深まるだけな気がする。

無意識の被害者意識が根底にある、というか実際に「被害者」なのかもしれない、「被害者だった」のかもしれない。

でも、その言葉が当人の望むものを引き寄せるかというと、引き寄せないだろうなぁ…

被害者意識があるとすれば、同じように被害者意識がある人を引き寄せるだろうし、その言葉に攻撃的な人も引き寄せそう。


自分が発する言葉が他人に影響する。
他人が発した言葉が自分に影響する。

そして、最終的には自分が発した言葉は自分に影響する。


ということを、なんやかんや思ったのでした。

言葉を大事にしよう。

まずは、夫とのコミュニケーションから。




はてなブックマークに追加

【その1】言葉(言霊)を大事にしよう。手相占いのおっちゃんにも言われちゃったし。

今回は、言霊(ことだま)とその影響について考えたことを書きます。

以前、「エナジーバンパイア」や「モラルハラスメント」のことを書きました。
フレネミー(フレンド(友)とエネミー(敵)の造語)とかも該当するかな?
⇒過去記事:エナジーバンパイア前編~ネガティブな人から自分を守る方法~

これとちょっと重なる部分もあるかも。
それは、私の心の中にまだ解決できていないことがあるから繰り返されるのかな?



【ケース1】
(他人から不利益を被った時に↓)
「そういうことするといつか自分に還ってくるし、運気が下がる!」という発言。

そこは、素直に「きぃー!悔しい!」と言った方が良いと思う。

この発言は、けっこうあちこちで聞く。
もしかしたら、私も言ったことあるのかもしれない。

ささやかな復讐を神様(?)に代行してもらおうという気持ちは、運気を下げるんでわ。



【ケース2】
(自分の考えとは違う人に対して↓)
「真実が見えない愚かな人間が多くて嫌になる」と発言。

人を見下した言い方のわりに被害者意識も垣間見えていたような・・・

まるで、あなたが誰かにそう言われたかのように見えました。



なぜこんなことを書いたかと言うと、「言霊(ことだま)」について考えさせられることが続いたからです。

まずひとつは、縁日に立っている手相占いのおっちゃんに言われたこと。


「おじょうさんは、直感や霊感が強くないかい?特に言葉を現実にする力が強い」
「過去に、おじょうさんが付き合った男がロクデナシに変わってしまったなら、おじょうさんの言葉がそうしたんだよ」
「旦那さんは言葉の力を受けやすいし、おじょうさんは言葉の力が強い」
「いつもいつも良い言葉を使うんだよ。不平不満を旦那さんに聞かせてはいけないよ」


まぁ、占いのような年配者の知恵のような気もするが、ちょっとギクリとしたのだった。

ここのところ、夫とケンカが多くてのぅ…。
夫も、以前より言葉が雑な感じ。

私がまだ「まごうかた無き女子」だったころ、当時の彼氏に「言葉を大事にした方が良いぜ!」とアドバイスされたっけ。その頃からかいな

夫に対しては、育児でボロボロになりながら「この人は察することができないのだ!」としみじみ学んでから、ハッキリと言うように変えたのだが…

可愛くお願いしても手伝ってくれるわけでもなく…
褒めれば褒めるほど「俺ってすげー!」と自己評価が高くなるだけで、やる気スイッチが入るわけじゃないっていう…

私が元気な時は良いの。
問題は、病気などで心身が大変な時。
結局、ケンカになってしまう

手相のおっちゃんの言うとおりで、実は、長く付き合っていた彼氏がロクデナシになってしまったことがある。

私の(言霊の)せいだったのか…




そして、言霊について考える出来事のふたつめが、冒頭に書いたふたつの発言。

冒頭【ケース1】の「そういうことするといつか自分に還ってくるし、運気が下がる!」という一見スピっぽい発言なんだけど。

この言葉はあちこちで聞いたことがある。会社の上司や同僚、友人、私の親も私も言ったかも。

これって「自分が害を被った時に、悔し紛れに発する場合」、ささやかな復讐を神様に代行してもらおうという気持ちがあると思う。

上記の場合に限ってだけど、そういう雰囲気の発言が多い人に共通点があることに気が付いた。

それは
◆おしゃべり(あまり考えずにすぐになんでも言葉にしてしまう・憶測・失言が多い)
◆人の悪口が多い・人を見下した言い方をする

私なりに思うのは【自分の人生に不平不満がある人ほど、人の人生にアドバイスをしたがったり、または悪口が多い】ということ。


長くなったので続きます。。。


はてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。