スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加

授乳の痛み(乳頭・乳首が痛い)で辛いお母さんへ。私が試した5つのアイテム。

出産入院中に授乳開始して、乳頭・乳首が痛くなる方、とても多いと思います。

私もそうでした。

1ヵ月半くらいまでは授乳が怖くて怖くて。

赤ちゃんがおっぱいを咥えると、「くぅぅぅ~!!痛いぃぃぃ…」って唸っていました。

数分すると段々痛みは感じなくなるんだけど、授乳が終わった後の10分くらいが、これまた痛い。

ヒリヒリチクチクジンジン…

授乳用の柔らかいブラなのに、布に当たるとすごく痛くて。

痛くてどうしようもないからおっぱい丸出しでした。

赤ちゃんがおっぱいを吸うのも下手だし、お母さんがあげるのも下手だし、1日に10回~12回の授乳だからそりゃ~、おっぱいに相当な負担がかかりますよね。

裂傷、水疱、白斑、血豆…。

つわり、陣痛、会陰切開と来て、さらにこの仕打ち!ヒドイよ!と思いました。

---

で。

赤ちゃん本舗で馬油(バーユ)を買いました。

多分、最もメジャーなんじゃないでしょうか。「ピアバーユ」


カネソン ピアバーユ1P

それを乳頭・乳首に塗って、サランラップを貼っていました。

赤ちゃんがなめちゃっても大丈夫だから安心です。
とにかく藁にもすがる思いで、授乳が終わったら塗る、を繰り返していました。

授乳の前には、赤ちゃんの手口拭きでおっぱいを拭ってからあげていました。
いくら赤ちゃんの口に入っても大丈夫って言っても美味しいものじゃないでしょうしね。

---

次にゲットしたのは「ランシノー」


LANSINOH ランシノー 7g

こちらは羊の毛の脂で、もちろん赤ちゃんの口に入っても大丈夫。

赤ちゃん本舗で売っています。

ランシノーの方が濃厚で塗りやすい感じがしたので、ランシノーに切り替えました。

---

そして、親戚に「ユキノシタ(雪の下)という葉っぱが良いよ」と聞いて、摘ませてもらいました。

ある程度築年数が経っているようなお家の庭に生えていることが多いような気がします。

グーグル画像検索で「あぁ、見たことあるな!」と思いました。

1枚1枚、無添加せっけんでよーく洗って、ジップロックに冷凍保存しておきました。
授乳の後、葉っぱの裏側の薄皮を剥いて乳頭・乳首にペタペタ貼りつけて、サランラップで被せました。

ただ、乳頭・乳首から出血があるときは葉っぱはやりませんでした。
丁寧に洗ったとはいえ、傷口からばい菌が入ったら困りますからね。

これが、沁みる!
それに、ちょっとめんどくさかった…
でも、とにかく痛くて痛くて、効果があるならなんでも試したい気持ちでした。

---

それから、哺乳瓶もおっぱいに近いという「母乳相談室」というものに変えました。


ピジョン 桶谷式直接授乳訓練用 母乳相談室 哺乳びん

まだまだ母乳がそんなに出ない頃だったので、1日に何度かミルクも足していました。
その哺乳瓶を、赤ちゃんが上手くおっぱいを吸えるように訓練できるこの哺乳瓶に変えたわけです。

でも、白斑の痛みが酷くなり訪問助産師さんに訴えたんですね。

「もー、母乳諦めたい」と。

---

そして教えてくれたのが、「コーフル」という軟膏でした。


コーフル軟膏 20g [第3類医薬品]

---

白斑や傷が酷い時は「コーフル」を。
そうでもない時は「ランシノー」を。

痛くてどうしようもない時はミルクをあげて、おっぱいは休ませる。

こうやって、1ヵ月半。

授乳は恐怖の時間ではなくなりました。

まだ、おっぱいが完全に痛くなくなったわけではありません。

でも、ものすごく楽になりました。

おっぱいが楽になってきたら、子育てそのものにもすごく前向きになってきました。


スポンサーサイト

はてなブックマークに追加

おっぱいが不味いんじゃー!!泣く赤ちゃん。。。

生後1ヶ月の赤ちゃんである息子が、授乳中に暴れ出した。

息子は授乳中にモゴモゴ、ジタバタ動くことがしょっちゅうある。
とくに午後から。
私としては、(おっぱいの出が悪くて怒っているのかな?)と思っている。

実際に、おっぱいを飲んだ後、3、40分後に「お腹空いた!おっぱい!」と泣かれてしまう。

そんなわけで日に2、3度ミルク(40ml~70ml)もあげている。
1ヶ月検診で「体重が増えていない」ということも避けたかったし、
乳首・乳頭(白斑もできている)の激痛のため、2時間くらいは乳首・乳頭を休ませたいという儚い願い。。。


それはともかく。

今日の、おっぱいを飲みながらの怒り方はすごかった。

おっぱいを咥えながら「ふー!もがー!ふごー!ひー!!」など、完全に文句を言っている。

手を振り回し、おっぱいをベチベチ叩き、乳首を引っ張りながら怒っている。

今日は出産した病院で授乳指導とマッサージを受けてきたので、いつもよりはおっぱいの出が良いんじゃないかと期待していたのに…しょんぼり…

それにしてもこの怒り方、半端ないな…

「…あっ!今日の夕飯、ギョーザだった!…まさか、おっぱいがニンニク臭いとか…?」

カレーを食べると、母乳がカレー臭くなるらしいし?

ま、真相は分からない。

---

ちなみに。
できれば母乳でいきたいので、哺乳瓶はピジョンの「母乳相談室」を使っています。


ピジョン 桶谷式直接授乳訓練用 母乳相談室 哺乳びん

理由は乳頭混乱を防ごうと思ったから。
(乳頭混乱で検索するとすごく勉強になります)

簡単に説明すると、母乳(おっぱい)を飲むのは赤ちゃんの体力も必要だし、努力も必要らしいです。
哺乳瓶はラクにミルクが流れ込んでくるので、赤ちゃんが母乳(おっぱい)より哺乳瓶を選んでしまう…という現象のことのようです。

「母乳相談室」という哺乳瓶は、他の哺乳瓶より「飲みにくい」作りになっているそう。

店頭販売されていないということなので、私は出産した病院で購入しました。

ネットで購入できますが、大きな産婦人科の病院の売店には売っているのではないでしょうか?

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです

はてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。