大器晩成だから。~パワスポ・神社・世迷言~


◆有名な神社から近所の神社まで・パワースポット・古代ロマン・温泉のリポート。私が受けたヒプノセラピー・レイキ・占いやパワーストーンなど。最近は育児のことも書いています◆
神社・パワースポット(サンクチュアリ)・温泉(時々、旅館も含む)リポートが50%くらいです。
◆他に、おススメ本・映画、試してみたダイエット、サプリメントの紹介。また、占いやパワーストーンについて。
(左側のカテゴリ一覧をご利用ください。)
ホームページ 伊勢神宮・元伊勢参り編、出雲大社・厳島神社めぐり編、宮古島旅行記 は、
>>>>>>>http://likesanctuary.web.fc2.com/<<<<<<<

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加

離乳食を全く食べない我が子はその後、ご飯というものを食べるようになったのか。

かつての私と同じように「離乳食を全く食べない」と悩む同志からコメントをいただきまして、そういえば・・・と怒涛の1年前、2年前に思いを馳せてみました。

我が子は1歳過ぎてから少しずつ少しずつ食べるようになってきました。

当時お世話になっていた小児科の先生にも相談したところ

「こういう赤ちゃんは、味覚が保守的というか・・・敏感なんですよね。
今まで通り、ご飯を食べる習慣の練習はしてください。
あんまり心配する必要はありませんが、まぁ・・・成長グラフの下の線を僅かにですが下に出ちゃっているので、1ヶ月に一度、体重測定に来てください。」


と言っていただき、ピーンと来たんですよ。

確かに、私が油っこいものを食べたり、カレーを食べたりした時、おっぱいを嫌がったこと。

「味覚が保守的で敏感」

だから、おっぱい以外のものに慣れるまで時間がかかるタイプなんだ!と。
だから、いくら甘くてもモソモソした触感があるサツマイモはイヤなんだ!と。

ここで「おっぱい止めろ!」など言われなかったのもすごく励みになりました。

だって、おっぱいを止めても食べない子は食べないですから
成長の個性なんですよね。


うちは1歳半くらいでも食べられるものなんて下記の3つくらいでした。

●ビニール袋に入れてよく揉んだバナナとチチヤスヨーグルトを混ぜたバナナヨーグルト

●グダグダに煮込んだうどん(味付けは醤油とキビ砂糖でほんのり甘しょっぱく)

●ピラフっぽいようなチャーハンっぽいような軟飯
(ご飯、ひき肉、うすーくスライスした冷凍いんげん、うすーくスライスしたニンジンをマギーブイヨンで味付け、ほんの少しの水で煮立てる)

しかも、ほんのちょっと

他にもわかったのは、電子レンジでチンしたご飯をそのまま食べるのは嫌いとか。
おじやは嫌がって食べませんでした。
炊き立てのご飯は食べました。

ね、理不尽でしょ(笑)

本人なりに色々とあるのでしょうが。

当時は生協とパルシステムの配達を利用していたので、冷凍のうどん、冷凍のインゲンやほうれん草、冷凍パラパラのひき肉などはすっごい便利でした。

冷凍のインゲンやほうれん草って細かく切り易いし^^

やがて、

私が食べていた冷凍のグラタンを一口食べたがったり、
キュウリの塩もみを味見したがったり、
味噌汁のもやしを一本ずつモグモグしたがったり、

本当に亀の歩みでちょっとずつちょっとずつでしたよ~

1歳をすぎてくれば、ちょっと味付けが濃くてもいいや!というわりきりもできてくるので、色々なチャレンジがしやすくなると思います。

まわりの子が1歳半くらいでお子様ランチとか食べてて、目玉が飛び出るくらい驚きましたが、大丈夫です!

わが子は未だにお子様ランチ食べません!!!わははは

いやいや、ハンバーグもから揚げも漬物も食べます。今では大好きですよ!

お子様ランチの「いかにも人工的」という味が苦手みたいです。
離乳食も、レトルトはやっぱり食べてくれませんでした。

大変だとは思いますが、親が試行錯誤していく中で、本人が必ず「とっかかりになる食材や味」を見つけます。

この世に来て、まだまだ間もない赤ちゃん。

グイグイ冒険していくタイプの子もいれば、慎重なタイプの子もいるわけで、親が根気強く付き合ってあげるしかないんですよね。

私は料理が苦手で、正直、面倒だなぁと思います。今も。

子どものご飯、大人のご飯を別々に作るのも面倒だったし、しかも夫はご飯というより酒のつまみみたいなおかずが良いとかぬかすし。


それはおいておいて・・・

11ヶ月なら、焦らなくても全然大丈夫^^

「人間つうもんは、1日に大体3回くらい”ご飯”というものを食べるらしいな・・・。要はお腹が空いたらおっぱいやミルクではなくご飯を食べるんだな」ということを知っていただきましょう~^^

まぁ、味覚の気分はコロコロ変わるので、親は翻弄されますが

暖かくなったら、ぜひ、ピクニックに行ってみてください。
多分、まともには食べないだろうけど、すごく良い刺激になると思います。

11ヶ月かぁ~、めっちゃ可愛いですよねー!!

11ヶ月の息子の写真を見てたら、可愛くて可愛くて、離乳食でピリピリしてごめんね・・・という気持ちになってしまった~

もちろん今も可愛いけど、1歳くらいはまだ赤ちゃんらしさがあるから、格別に可愛い!!

1歳くらいから、粉チーズブーム、海苔ブーム、納豆ブーム、ケチャップブームなどがくるので、面白いですよ^^

「え!もう飽きたの!?」とか。


うちは、寝ない、食べない、言葉遅い、で心配ばかりしていますが、それでも「寝ない」と「食べない」を一緒に乗り越えてきて、今では同志に近い気持ちですね^^

「この子なりのタイミングで、人生の困難もきっと乗り越えて行ける」という、確信みたいなのが育ちましたよ。

子どものことで悩むと、周囲を巻き込むしかないケースもあって、そうするとやっぱり私自身も周りに助けてもらって育ててもらって・・・

こんな小さな体で、すごい影響力をもってるんだな、といつも思います。


一緒に頑張っていきましょう~^^

スポンサーサイト

はてなブックマークに追加

離乳食に便利なおすすめアイテム~椅子に座って食べる習慣・一口でも食べてくれるために~

離乳食を進めていくにあたって、「これは便利だな~」と思ったものを書いてみます。

とにかく食べない!我が子。(前回の記事

しかし、ここ最近は一食でおおさじ2杯も(←?)食べることがあるのだ!

「いいよ~!いいね~!
このご飯は君の命になりたいんだよー
ほらー、口をあけてごらんんん」

と、グラビア撮影のカメラマン(イメージ)になってる私。

はじめは、食べてくれればなんでも良いや!と必死だったので、コタツテーブルにつかまり立ちの状態で食べさせてたんです。

椅子に座らせても機嫌悪くなっちゃうし、すぐに脱出しちゃうし。

しかし…親戚のベビちゃん(1歳半)がウロウロ歩き回ってしまい、食事に1時間もかかっているのを見て、「…これは…親も面倒だし、あまり月齢が進んでからは躾けは難しいぞ。。。」と思った次第。

身を美しくする…それが躾け。


【約2年後の私から追記】

ふふふ。

アンタの子どももウロウロ歩き回って、食事に1時間もかかってるよーーーん!!

椅子からすり抜けるよーん!!

外食の時に恥ずかしい思いをしてるよーん!!

でも、あんまり叱ると食事タイムの雰囲気が悪くなっちゃうしねぇ・・・

根気強く「椅子にす~わ~る~のー!」「やぁ~だぁ~」の繰り返しさ。

敢えて外食して、きちんと座って食べている子どもさんを
「ほら、見て。あの子。
ちゃんと座って食べてる!
えらいわぁ、かしこいわぁ、お兄さんだわぁ、大人だわぁ、かっこいいわぁ!
あなたもできるよね!^^」
と、良い刺激にさせていただいております。

(追記おわり)



ははぁ…私もながら食いとか立ち食いとか止めないとなァ。

と、いうわけでコレ↓


リッチェル 2WAYごきげんチェア

リッチェル 2WAYごきげんチェア!

これなら座っていられます!
なぜなら!

脱出できないからだ☆

ちなみに我が家は黄色を買いました。
軽くて移動もラクだし、テーブルの取り外しも簡単で毎度の食事で汚れまくってもちゃっと洗えるし。
これは良い!

それから、これは悪い例だと思うのですが、参考のひとつになれば…

全く食べない我が子は体重が減ってきてしまったんです。

ハイハイしまくり、つかまり立ちしまくり。もともと昼寝はほとんどしないのに夜も通しで寝ない、さらに夜泣きもする。

母乳だけではまかないきれなくなってしまったんでしょうねぇ。

困った私は、ある日チチヤスヨーグルト低糖を食べながら考えていました。

すると、そのヨーグルトを不思議そうに見つめる我が子。

ちょっとあげてみると、食べた

それ以来、チチヤスヨーグルト低糖か、プレーンヨーグルトにキューピーの「ももと白ぶどうのジュレ」を混ぜたものなら食べる!

砂糖は良くないし、甘いのばかり食べさせると偏食になる、とか言いますよね。

なので、あげてもおおさじ1程度。

野菜お粥に混ぜたり。

でも、これがきっかけでミルク(粉ミルク)で煮込んだパン粥やミルクで煮込んだバナナを食べるようになってくれました。

ミルクをお粥に掛けただけ、とか、カボチャにミルクを掛けただけでは食べないんですよね。
なぜか、ミルクで煮込めばチャレンジしてくれるようになったんです。

で、大活躍なのがコレです↓


富士ホーロー スイートフルーツ IH200V対応 15cm ミルクパン ST-15M

最近は、甘くないお粥もちょっとなら食べるようになってきました!


それと、木のスプーンも必須アイテム。

スプーンは、3本を駆使しております。

さらに、我が子が持つ専用に1本。

まずですね、離乳食を始める時に用意したのが、コレ↓


リッチェル ベビー食器 TLIシリーズ 食器セット UF-5

この中に何本かスプーンが入っているのだけど、我が子の口のサイズにちょうど良いのは1本だけ。

それがコレ↓

リッチェル UFやわらか育児スプーン


で、くちあたりの良い柔らかくて小さいスプーンを探してコレ↓を購入。

ピジョン 食べるnoおうえん フィーディングスプーン 容量アップ


上記の2本は、口が小さいとか、ちょっとずつじゃないと「おえっ」となってしまう赤ちゃんにおススメ。

それから、離乳食を一口も食べなかったころ「スプーンの口当たりが嫌なのかも」と、木製のスプーンも買ったんです。

木製のスプーンって、意外に見当たらなくて。
どこの国の木なのか気になるし。

で、見つけたのがナチュラル志向の雑貨屋さんのベビーコーナーでした。


【ベビー用】 木製 スプーン フォーク セット 〔並行輸入〕


カワイ サオキッズスプーン ニコニコ 077550

こういう感じのを買ったんです。

しかし、まだ、ちょっと大きい。

持ってガジガジかじるのにはちょうど良さそうなんだけど、食べるには不向きでした。

そして、私がたどりついたのが、デミタススプーン!


森からの贈り物 自然が大好き ◆サオの木 デミタススプーン 5本組 5SS22SW

↑こういうヤツです。

5本もいらないと思うので、1本か予備やお出かけ用に2本もあれば十分かと。


カワイ サオデミタススプーン ニコニコ 077659


木製 デミタススプーン2P サウォ 001-1523

初めは、リッチェルのスプーンで食べて、飽きてきたら木のスプーンで食べて、さらに飽きてきたらステンレスのスプーンで食べて…
というように、「口当たり」を変えるだけでも食べてくれることがあります。

もちろん、温めなおしたり、きなこをかけたり、ヨーグルトをかけたり、粉チーズをかけたり…味の変化も。


離乳食を食べない赤ちゃんに対しては、とにかく気長に地道にコツコツと向き合うしかないんですよね。

心配な気持ちや不安で焦るけど、ちょっとおかしなグラビアカメラマンに成りきって、赤ちゃんと同じものをお母さんも一緒に食べる。

食事ごっこでも良いから30分は「あむあむ、うまうまだねー」

「口の隙間からヒョイ!しちゃうぞー!わーははは、今、君は食べたぞー。すごいすごい天才だな☆」

一口も食べてくれないと、すごく虚しいけど…とにかく気長に地道にコツコツ。

あ、だから、我が家ではベビーフードや冷凍のカボチャなどに頼ってます!

料理を作る体力を、グラビアカメラマンに成りきるために取っておいてるのです☆

我が子は最近、「食べる」っていうことがわかってきたようです。

はてなブックマークに追加

離乳食、まったく食べない。ひとくちも食べない。⇒大さじ1までレベルアップ!

離乳食食べません。

201403_baby.jpg

5ヶ月半の時に開始したんですけど、全くだめ。

一口もダメ。

おもちゃをくわえるノリで、初めてのおかゆをカプ!

「まじぃ~!なんだこれ」以来、見事に拒否。

そんなことを2週間続けていたら、スプーンを見ただけで能面のような顔になり、離乳食を口に持っていくと泣くように。

悩んで市の保健師(?)さんに相談したところ、コテンパンに叱られてしまいました。

おっぱいをあげすぎ!
お腹が空けば食べる!
口が発達しなくなってもいいのか?

久しぶりにションボリしてしまった。。。

お腹が空くと、余計にギャン泣きして離乳食どころじゃないんですけど…(T-T)って言えなかった。


で、中止しまして、8ヶ月になるころに再開。

・母乳の間隔をあける
・離乳食の固さを変える(10倍粥裏ごし、10倍粥裏ごしナシ、8倍粥)
・温度を変える(温かい、冷たい)
・食事の時間を変える
・親も同じ離乳食を美味しそうに食べる
・一口でも食べたらオーバーなくらい褒める
・夫からあげてみる
・指であげてみる
・ベビーフードも利用する

えぇ。やりましたとも。

食べません。w( ̄▽ ̄;)w


そこで今度は、産院の栄養士さんに相談してみた。


・食べなくても良いから離乳食は毎日練習する。
・月齢にあわせて色々な食材にチャレンジしているうちにヒットする食材が見つかるかも。
・アレルギーの食材チェックにもなるから、そういうつもりでやる。
・ちなみに、栄養士さんの子も1歳になるまで、ほとんど食べなかった。


そんなこんなで、周囲の赤ちゃんが順調に3回食へと進むなか、ゆっくりやるしかない!と決意を新たにパン粥を作りました。

ミルクで煮込んで、バナナを入れてみる。

これは…甘~い。

前は食べなかったけど…食べるかな?

一口、食べた!

10ヶ月にして、やっと、た~べ~た~!(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

それをきっかけに、甘い味ならば(絶好調のときで)大さじ1くらいは食べられるように。

私がヨーグルトをパクパク食べていたら欲しがったので、少しあげてみると食べた!

でもプレーンヨーグルトは食べられない。すっぺぇ!という顔をして武者震いまでしている(笑)

ふむ。甘い味なら食べられるようになったのか。

しかし、カボチャのお粥、さつまいものお粥は嫌らしく舌で押し戻してくる。

シラスや白身魚は相当嫌いらしい。

うーーーん。

夜泣きと離乳食嫌いの我が子。

どうしてこんなに疲れているのに私は痩せないのか?

アイスがウマイからだよぉ

子の離乳食が進んだら、アイスだのチョコだの食べていられなくなるな…

【関連記事】
離乳食に便利なおすすめアイテム~椅子に座って食べる習慣・一口でも食べてくれるために~
はてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。