大器晩成だから。~パワスポ・神社・世迷言~


◆有名な神社から近所の神社まで・パワースポット・古代ロマン・温泉のリポート。私が受けたヒプノセラピー・レイキ・占いやパワーストーンなど。最近は育児のことも書いています◆
神社・パワースポット(サンクチュアリ)・温泉(時々、旅館も含む)リポートが50%くらいです。
◆他に、おススメ本・映画、試してみたダイエット、サプリメントの紹介。また、占いやパワーストーンについて。
(左側のカテゴリ一覧をご利用ください。)
ホームページ 伊勢神宮・元伊勢参り編、出雲大社・厳島神社めぐり編、宮古島旅行記 は、
>>>>>>>http://likesanctuary.web.fc2.com/<<<<<<<

エミネムとカニエ・ウェスト?!forever feat. drake lil wayne eminem kanye west

何気なくYouTubeのトップページを開いたら、
”ただいま再生中”のエリアに
forever feat. drake lil wayne eminem kanye west
という曲があった。

eminemkanye west・・・?

え?まさか、一緒に歌つくったってこと?
と思い、さっそくクリックしつつ、ちょっと調べてみた。

何でもこの曲は
「米プロバスケットボールリーグNBAのスーパースター、
レブロン・ジェイムズ(LeBron James)を称える楽曲を」
ということで作られたものらしい。
(ブラックカルチャー最新ニュースnotrax _ 100% Black Culture _より)

私は、エミネムとカニエ・ウェストしか知らない。
国内外問わず芸能人に疎いので、たまたま聞いていたラジオで
エグザイルの誰かが(←本当に疎くて申し訳ないです・・・)
「新しく出たカニエ・ウェストの新曲がカッコイイ!!」と言って、かけた曲が
ラヴ・ロックダウン (Love Lockdown)という曲。
「ホントに良い!!教えてくれてありがとう!」といういきさつで知ったのが、
カニエ・ウェスト。

◆Kanye West - Love Lockdown


エミネムについては、「リプラス」発売の日記で触れているので
良かったら読んでみてください。
⇒2009年5月26日の記事へ

ドレイクは名前だけは知っているというくらいで、リル・ウェインは全く知らない。
もちろん、この4人が集まったきっかけの
「米プロバスケットボールリーグNBAのスーパースター、
レブロン・ジェイムズ」にいたっては全然知らない。

ま~、それはともかく、私が思ったのは
エミネムもカニエ・ウェストも二人とも”未だに問題児”のイメージが強くて、
この二人が一緒に仕事するんだなぁ・・・となんだか新鮮な気持ちになった。

今日のお役立ちリンク
■エミネム
●http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/eminem/
●http://notrax.jp/bands/detail/00000016.html

■カニエ・ウェスト
●http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/kanye_west/index.html
●http://notrax.jp/bands/detail/00000022.html

■ドレイク
●http://notrax.jp/bands/detail/00001441.html
●http://notrax.jp/news/detail/0000006786.html

■リル・ウェイン
●http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/lil_wayne/index.html
●http://notrax.jp/bands/detail/00000467.html

■上記ニュースソース
NBAスターに豪華MC4人がテーマ曲を提供!
【ブラックカルチャー最新ニュースnotrax _ 100% Black Culture _】

●http://notrax.jp/news/detail/0000007174.html

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ
関連記事

はてなブックマークに追加

有名すぎる本や映画って、食わず嫌いっぽくなりませんか?

全米が泣いたり、
小説の帯に「世界が震撼した!」って書いてあったりすると
「そんなにヒットしているのか・・・じゃぁ、むしろその波に抗いたい」
という気分になるときはありませんか?

【24】とか【ローマの休日】とか【タイタニック】とか、
なんかもう有名すぎて、「観る気が無くなっていた」ってことありませんか?
(でも、すごく良い映画だから観て欲しい。とくに「ローマの休日」)

みんながやっていることはやりたくない、と思うときがありませんか?
もしくは、
みんなが知っているので中途半端にネタバレされて、内容を知っている。
(↑赤穂浪士とか)

それでですね、そこをあえてチャレンジしたのが
【竜馬がゆく】
を読んでみよう。
ということになったわけです。

ふふふ・・・このあまりにも有名すぎる本。

司馬遼太郎
幕末好きの上司に勧められて
【幕末】【世に棲む日日】【最後の将軍】【燃えよ剣】と、
母が持っていた【空海の風景】は読んでいたんだけど・・・

【幕末】から読んだのは失敗だったかもしれない。
そのころの日本史は授業で勉強した記憶なんて
「大政奉還」という言葉だけ。

『有能な人は根こそぎ死んでしまったのだなぁ。
市井の人も随分犠牲になったんだなぁ・・・。』

という、「人が沢山死んだ」というイメージが強く残ってしまった。

今【竜馬がゆく】を読んで、
「そういう時勢があったのも事実で、
そういう激動を越えて、この国は今の姿になったのだなぁ。
私のご先祖さまは、そうやって土地を守って来たのだなぁ。」

大事にしなきゃ。
でも、大事にするってのは冷凍保存することじゃない。
という思いを持つようになりました。

やはり、有名なものには巻かれろ(?)、ですね。

ちなみに、【空海の風景】は空海と最澄の人物描写が面白くて、
楽しく「へぇ~」とか「ふ~ん」とか言いながら読めました。


◆空海の風景〈上〉 (中公文庫)

次は・・・風と共に去りぬのDVDを借りてみようかな。
(本は高校生の時に読んでるけど、映画はまだ・・・)

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ!
関連記事

はてなブックマークに追加

【再会の街で】─オススメの映画

一番オススメの映画といったら、「再会の街で」だ。

もともとアダム・サンドラードン・チードルが好きなので
観たのだけれど、本当に良かった。


◆再会の街で [DVD]

両者とも、コメディの印象が強い俳優さんだったが、
こんなに良い演技をするんだ、という感動もあった。

9.11がきっかけとなるテーマなのだが、重たい印象ではない。
二人の演技力、爽やかなエンディングに寄るものだと思う。

生きていれば、誰だって辛いことがある。

傍から見れば
何の悩みも無さそうな裕福な人も、
結婚して子供がいて理想的な家庭を築いている人も、
キャリアを積み、責任のある仕事を持っている人も、
毎日楽しそうに見える学生も、

それぞれが
悩み、苦しみ、辛いことを抱えているものだ。


他者との関わりの中で、傷つけられたり、傷つけたり、
助けたり、助けられながら、
どうにかこうにか、再び歩き出そうとする。


ドン・チードルが演ずる役は、アダム・サンドラーが演ずる役を助けることで
己もまた、助けられたいのだと薄々気づく。

そして、最後。
自分は助けたのではなく、助けられたのだと知るのだ。



ついでに・・・
TSUTAYA で100円コーナーが設けられていた。
そこでレンタルしてきた中で良かったのは、「スモーク」という映画。


◆スモーク SMOKE [DVD]

今や喫煙者はゴキブリの如く嫌われているが、
(マナーを守らない人も多いから仕方ない面もあるけれど)
煙草を吸う人のコミュニティはちょっと独特なのです。
(初対面でも芽生える不思議な連帯感。いやぁ、おたくも吸うのですね。みたいな)

ブルックリンの小さな煙草屋に何となく集まる人の、市井の人の話。
人は誰だって生きていれば辛い、苦い、時にヘビーな思いをする。
それらを軽妙に織り交ぜながら、それぞれが手打ちや区切りを見つけ、
やがて乗り越えていく。

なんとなく自分を肯定できる観後感(とでも言うのだろうか??)を味わえる。

また、「十二人の怒れる男」「プリシラ」も
この100円コーナーのおかげで出会えた良い映画だった。


◆十二人の怒れる男 [DVD]


◆プリシラ [DVD]

【お役立ちリンク】
■スモーク(Smoke)Wikipedia

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ♪
関連記事

はてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!