大器晩成だから。~パワスポ・神社・世迷言~


◆有名な神社から近所の神社まで・パワースポット・古代ロマン・温泉のリポート。私が受けたヒプノセラピー・レイキ・占いやパワーストーンなど。最近は育児のことも書いています◆
神社・パワースポット(サンクチュアリ)・温泉(時々、旅館も含む)リポートが50%くらいです。
◆他に、おススメ本・映画、試してみたダイエット、サプリメントの紹介。また、占いやパワーストーンについて。
(左側のカテゴリ一覧をご利用ください。)
ホームページ 伊勢神宮・元伊勢参り編、出雲大社・厳島神社めぐり編、宮古島旅行記 は、
>>>>>>>http://likesanctuary.web.fc2.com/<<<<<<<

諏訪大社(長野県)へ!【Vol.8】御柱とは(今度こそ完結!)

諏訪大社といえば「御柱(オンバシラ)」が有名です。

御柱(オンバシラ)って?

この御柱は、昔からの「人気の謎」ですよね。
結界説などが有名なので、本やネットで読んだことがある方も多いと思います。
ここで、とても読みやすくまとめられているサイトをご紹介します。

■長野県最南端の秘湯と秘境の里・信州遠山郷
「御柱祭のルーツ」ページ
http://www.tohyamago.com/event/onbasira_roots/index.html
★トーテムポール説
★結界表示説
★天地を支える柱説
など、大変分かりやすいページです。
量も多くないので、ぜひ読んでみてください。
(マニアックな記事は検索すれば沢山ヒットします)

本宮9

実際に4つの諏訪大社をお参りした私の感想は
「タケミナカタノミコトを閉じ込める意味での結界説はちょっと違うかなぁ」
と。
そもそも、神さまを結界の中に閉じ込める発想が、
日本人っぽくない気がする。
もし、閉じ込めなきゃいけないほど恐ろしいモノが居たとしたら
「ヤマタノオロチ」のように、何らかの伝承がほんのカケラでも、残らないかなぁ?

そりゃぁ、出雲から追いやられたタケミナカタノミコトだろう」って言うけど・・・
10月に全ての神さまが出雲に集合するけど、諏訪大社の神さまだけは
出雲には行かないじゃん
」って言うけど・・・

それって、あくまでも天津神サイドからの見方じゃないのかなぁ?
菅原道真のように「慰める」のと、結界の中に居てもらうのって
ちょっとニュアンスが違うと思いませんか?

地元の人にとても大事にされているんだし、
守るための結界ならあり得ると思う。

「そのエリアを囲んでる」のは確かなのかなぁ?
囲む・・・魔よけ?更なる聖域として?
本殿(神殿)がないんでしょう?

もしかしたら、タケミナカタノミコトとは関係ないかもしれないし・・・

神さまのヨリシロとしてならば、4方向に4本の意味がよく分からない。
1本あればそれで良い様な気がする。

う~ん、山から大きな木を持ってくるのって
すごい労力が要るんだし、且つそれを6年ごとに行うんでしょ~。
う~ん???

わかるかーっ

過去の記事で「日本神話の神さまをなぜ「ハシラ(柱)」というのか?
というものを書いています。
梅原猛の本を元に、縄文時代と死生観を絡めて考えたものです。
http://momotosuika.blog67.fc2.com/blog-entry-98.html
駄文なので、ヒマつぶししたい(?)方は読んでみてくださいjumee☆faceA110

一番印象に残り、一番怖さを感じたのが上社前宮でした。
前宮5
この怖さというのは、説明するのが難しい。
ここで感じた「怖さ」というのは
「ははーっ」と頭を下げてしまう感じのもの。
山が御神体の神社に共通する「威厳」のようなものかも。
決して、嫌な意味の怖さではありません。

時々、嫌な意味の怖さを感じられる神社もありますよね。
神社を建てる場所を適当に選んだわけではないだろうから、
何かしらの意味がある場所なのだと思う。

その土地のリーダーの古墳だったり、
御神体を崇めるのに適した場所だったり、
古からの伝承の場所だったり、何かを慰める場所だったり、
風水的な意味合いがあったり・・・

場所自体に意味や力が込められていたとすると、
地域や氏子に大事にされればされるほどに、清々しく。
忘れさられてしまえば、禍々しく。

そのようになってしまう可能性はあるように思う。
それは、神社のせいでは決してなく、人間に原因があるのかなぁと思う。
場所だって生物と全く同じで、手をかけて、愛情をかけてもらえれば
成長の度合いや雰囲気が違ってきて当然のはず。
人間も神社も(”ちやほや”じゃなくて)「褒められて伸びる」のかなぁ←?

…御柱とはまったく関係ないオチでした。

まぁ、神社に行ってやることといったら、
散策しながらそんなことを空想することくらいしかないですし。
目の前で古の日本人が生き生きとよみがえり、
「自然と共生してきた昔の人のおかげで自分は生きてる」と
一瞬だけ謙虚になる。
その後すぐ、帰りの渋滞に悪態をつくんだけど・・・かお

奥蓼科温泉の宿情報のチェックはこちらからできます


温泉天国・長野県の温泉情報はこちらからチェックできます
長野県の露天風呂がある温泉地一覧はこちらからどうぞ


宿坊体験記事はこちらをどうぞ
【その1】戸隠神社(五社めぐり)【一人旅シリーズ】
http://momotosuika.blog67.fc2.com/blog-entry-238.html


◆李家幽竹 最強龍穴パワースポット
◆信州 蕎麦と温泉めぐり (蕎麦と温泉シリーズ)
◆江原啓之神紀行5 関東・中部 (スピリチュアル・サンクチュアリシリーズ)


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ!
関連記事

はてなブックマークに追加

諏訪大社(長野県)へ!【Vol.7】諏訪グルメ

ヒィ~、思っていた以上にページ数がかかっております。
御柱については次回書きます。今回は諏訪グルメについて。

諏訪大社近辺での食事

まず、遅いお昼となった蕎麦なんですが・・・
長野県は確かに「蕎麦」が有名ですね、信州といったら蕎麦という感じです。
でも、それは北信といって長野県の上のほうです。

ちなみに、過去の記事で長野の美味しいお蕎麦屋さん
紹介していますので、ぜひご覧になってみてください★
●善光寺ご開帳(善光寺前立本尊御開帳)に行って来ました。その3
http://momotosuika.blog67.fc2.com/blog-entry-78.html
●戸隠神社と戸隠蕎麦
http://momotosuika.blog67.fc2.com/blog-entry-27.html


でも、この時期だから同じ長野県だもの、長野県産の新蕎麦が
食べられるんじゃないかしら~♪
って思うのも無理はないと思いませんか?
で、上社から下社の道中のお蕎麦屋さんに行きました。
色々、調べてみて評判が良かったお店なのですが、
店の雰囲気や店員さんの態度から「失敗したかも・・・」の空気が濃厚。
しかし、ハラペコだし時間もないので、そのお店一番人気の蕎麦を注文。

味は!ズバリ美味しくなかったデス(泣)涙

麺が「時間が経ってま~す」という感じで
香りも風味も歯ざわりも・・・無かった・・・
美味しくなかったお店は、上諏訪駅の近くとしか言えません・・・
あちこちのクチコミに寄るとけっこう評判良いんですが、
例えて言うなら、最高点が★5つだとすると、
★を4つ付ける人と、★を2つ付ける人にハッキリ分かれてるんですよね。
なので、挽きたて・打ちたて・茹でたてだったら・・・美味しいのかも?

さて、夜ご飯は手元のガイドブックに載っている
うなぎ小林」諏訪本店でいただくことに。

お店外観
小林(うなぎ)外観

店名を明記したということは、そうです。美味しかったんです~にゃは

1,575円のうな重
小林のうなぎ01

うなぎはちょっと小さめ、タレはやや濃い味でしたが、
外側パリッ、中ふっくらとしていてとても美味しかった!
ご飯も、湯葉のお吸い物も美味しかったですハート

松茸の土瓶蒸しが1500円くらいだったので
頼んじゃおうかな~とも思ったのだけど、お腹一杯で諦めました。
ちなみに、2,100円の特上を注文すると鰻が3枚なので
鰻好きな方は特上を注文してもいいと思いますよ。
私は本来、川魚が苦手でウナギも少しでも「生臭い」と思うと
ダメなんですが、こちら「うなぎ小林」は美味しかったです。
お店は混んでいました。雰囲気も良いです。

食後のコーヒー368円
小林で食後のいっぷく

下にHPのリンクを貼っておきますので、営業時間などご確認下さい。

さて、諏訪大社下社秋宮の近くにこれまた有名な塩羊羹のお店があります。
新鶴本店」です。
特に買うつもりもなく、まぁちょっと見てみようとお店に入ったら
「塩羊羹は900円のがあと3つです。」と言われ
反射的に「じゃぁ、ひとつ下さい」と言ってしまった。
土日や祝日には売り切れになることもあるそうですよ。

こちらがそうです
新鶴本店の羊羹

家に帰って「さっそく一口・・・の前に写真でも」とテーブルで広げたら
猫がッ!!
あともうちょっとで鼻がつくところだった~
この猫、なぜか餡子が大好き。
猫の体に悪いので滅多にあげませんが、ほんの3ミリくらいあげちゃいました。
上品な味の羊羹です。
普通の羊羹より、塩羊羹の方が好きですね~。

諏訪湖で遊べなかったので、諏訪湖で美味しいものを食べられなかったのが残念。
テレビで、ウド鈴木が大きなソフトクリームを食べていたのを見て、
私もそのソフト食べたかったんだけどな~。
(バスが諏訪湖を走ったりしてた)

奥蓼科温泉の宿情報のチェックはこちらからできます


温泉天国・長野県の温泉情報はこちらからチェックできます
長野県の露天風呂がある温泉地一覧はこちらからどうぞ


宿坊体験記事はこちらをどうぞ
【その1】戸隠神社(五社めぐり)【一人旅シリーズ】
http://momotosuika.blog67.fc2.com/blog-entry-238.html


◆李家幽竹 最強龍穴パワースポット
◆信州 蕎麦と温泉めぐり (蕎麦と温泉シリーズ)
◆江原啓之神紀行5 関東・中部 (スピリチュアル・サンクチュアリシリーズ)


【お役立ちリンク】
■うなぎ小林 鰻料理と割烹の和食処 ~長野県諏訪市~
http://www.tamatebako.ne.jp/kobayashi/


■新鶴本店ホームページ
http://www.shinturu.com/


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ!
関連記事

はてなブックマークに追加

諏訪大社(長野県)へ!【Vol.6】諏訪大社・下社春宮

諏訪大社シリーズ・・・6回目です。
はるはあけぼの~諏訪大社・下社春宮(はるみや)

奥蓼科温泉、諏訪大社について、上社前宮、上社本宮、下社秋宮、下社春宮
↑今ココ
む?そういえば、なにゆえ秋宮、春宮っていうんだろう?
春宮の方が成立は古いらしいけれど、なぜ秋宮が出来たのかは分かっていないそう。
かなりラフな言い方になってしまうけど、
春宮は春~夏に神さまが滞在(?)し、秋宮は秋~冬に滞在しているというハナシ。
まるで、冬眠ののち春から活動する熊とか、渡り鳥みたい・・・。
何か意味があると思うんだけど、なぜだろう。

春宮1

春宮2

ここ、下社春宮に到着したのは、日が山の向こうへ沈んだ16時50分ころ。
こんもりした杜が「あ、あそこが春宮だな」だとすぐ分かる。

あかん~、ここも「修復中」だぁ。残念ため息
でも、今年11月ころに檜皮ぶきの屋根が完成するとのことで、
再生した諏訪大社に期待!

とにかく、神さまにご挨拶しようと奥へ行くと、
これまた大らかな感じで仮拝殿(って言っていいのかな?)がある。
やっぱり、御神鏡がそのまますぐそこに見える。

そういえば・・・
鏡とか、玉とか、剣とか、太陽を反射してピカピカ光るものが
伝統的に宝物なんだよなぁ、などと考える。

修復中のため、何も見られなかったが、嬉しいことがあった。
神主さんの祝詞(のりと)を聞きながらの参拝となったことだ。
祝詞でいいのかな?
はっきり分かったのは「おおかみ~ おおかみ~」という言葉。
あの独特の音階が心地良く、また、よく通る声でいつまでも聞いていたくなった。

諏訪大社へ来て諏訪湖に行っていないのもおかしなハナシだ。
ということで、諏訪湖へ向かう。

諏訪湖1

うわぁ、きれいな空だ・・・

諏訪湖2

三日月が光っている・・・
そういえば・・・
諏訪温泉に入りたかった。
諏訪湖で遊びたかった。
諏訪に来る途中の横谷峡にも寄りたかった(紅葉が綺麗らしいですよ)。
上社の前宮と本宮の間にあった「神長官守矢史料館」にも行きたかった。

諏訪湖近辺だからそんなに忙しくないかな・・・と思っていたけど、
行けなかったところも多いなぁ。
ま、修復が終わったら来りゃいっかダンスマン
次回【Vol.7】では諏訪大社近辺でいただいた食事をご紹介します。

奥蓼科温泉の宿情報のチェックはこちらからできます


温泉天国・長野県の温泉情報はこちらからチェックできます
長野県の露天風呂がある温泉地一覧はこちらからどうぞ


宿坊体験記事はこちらをどうぞ
【その1】戸隠神社(五社めぐり)【一人旅シリーズ】
http://momotosuika.blog67.fc2.com/blog-entry-238.html


◆李家幽竹 最強龍穴パワースポット
◆信州 蕎麦と温泉めぐり (蕎麦と温泉シリーズ)
◆江原啓之神紀行5 関東・中部 (スピリチュアル・サンクチュアリシリーズ)


【お役立ちリンク】
■全国郷土紙連合加盟新聞社
「諏訪大社下社秋宮で幣拝殿、左右片拝殿の修復始まる」
http://www.kyodoshi.com/news/2919/


■諏訪湖温泉旅館組合 [信州・上諏訪温泉]
http://www.suwako-onsen.com/


■信濃國一之宮 諏訪大社下社春宮
http://suwataisha.or.jp/simosya/harumiya/index.htm


■神奈備にようこそ(春宮のページ)
http://kamnavi.jp/en/sinano/suwaharu.htm


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ!
関連記事

はてなブックマークに追加

諏訪大社(長野県)へ!【Vol.5】諏訪大社・下社秋宮

諏訪大社シリーズ・・・5回目です。(思ってたよりもボリュームあるなぁ)
今回は諏訪大社・下社秋宮(あきみや)
先ほどまで居た諏訪大社・上社本宮から、車で約30分くらいかと思う。
あいまいなのは、途中でお蕎麦を食べていたから。
諏訪大社近辺での食事については【Vol.7】で書きます。

秋宮5
夕陽を浴びて、紅葉が美しいです

秋宮

下社秋宮は諏訪湖の北側に位置し、上社よりも観光名所のような感じ。
規模も大きくて、手元のガイドブックにも大きく写真が載っている。
秋宮の説明は、詳しいHPをページの下に載せていますので、
ぜひ読んでみてくださいね

さて、秋宮も他の諏訪大社と同じく本殿はありません。

「信濃國一之宮 諏訪大社下社秋宮」
(http://suwataisha.or.jp/simosya/akimiya/index.htm)
によると、
(ここから引用)
>宝殿の奥が御神座とも相殿とも言われ、
>御神木をお祀りする下社の最も重要な場所です。
>上社の神体山に対し下社は御神木を御神体として拝し、
>古代祭祀の形式を今に残しております。

(ここまで引用)


「拝殿」「左右片俳殿」「神楽殿」は国の重要文化財に指定されています。
この「神楽殿」の大きな注連縄・・・見覚えが・・・そう、出雲大社のと似てます!

秋宮4

出雲から職人さんに来てもらって作っているそうですよ。
長さ13メートル、重さ500kg(くらい)という立派なもの。
両脇をかためる青銅の狛犬も(青銅製では)日本一の大きさなんだそうです。

秋宮3
ものすごく大きい「根入の杉」樹令は約八百年
秋宮2

秋宮1
出ているのは温泉です♪ちと熱かった

しか~し、残念すぎることがありましたー!!
幣拝殿、左右片拝殿の修復中でしたがっくり
がっかり・・・
幣拝殿、左右片拝殿はガイドブックとかにもよく載ってる、あの立派な建物。
・・・見られなかった・・・。
その代わり、大きな写真パネルが立ててある(笑)

信濃國一之宮 諏訪大社 公式サイト
http://suwataisha.or.jp/
のトップページに、こんな文章が

下社重要文化財修復
下社春宮-平成20年7月から平成21年9月迄
下社秋宮-平成21年9月から平成23年9月迄
ご迷惑をお掛けしますが何卒ご理解の程よろしくお願い致します。


ふふふ・・・
また来れば良いさ

あ、御柱の写真を撮るの忘れてしまった。

こちらでの所要時間は参拝だけなら30分もあれば良いかと。
修復が終わったら、もう少し時間が必要になると思います。
周辺のお土産屋、飲食店をぶらついたりするなら、その分も見たほうが良いですね。
(そんなにたくさんお土産屋があるわけでもないです)

もう、日が暮れてしまう~
急いで春宮へ向かいます走る
次回に続きます♪

奥蓼科温泉の宿情報のチェックはこちらからできます


温泉天国・長野県の温泉情報はこちらからチェックできます
長野県の露天風呂がある温泉地一覧はこちらからどうぞ


宿坊体験記事はこちらをどうぞ
【その1】戸隠神社(五社めぐり)【一人旅シリーズ】
http://momotosuika.blog67.fc2.com/blog-entry-238.html


◆李家幽竹 最強龍穴パワースポット
◆信州 蕎麦と温泉めぐり (蕎麦と温泉シリーズ)
◆江原啓之神紀行5 関東・中部 (スピリチュアル・サンクチュアリシリーズ)


【お役立ちリンク】
■信濃國一之宮 諏訪大社下社秋宮
http://suwataisha.or.jp/simosya/akimiya/index.htm


■神奈備にようこそ
http://kamnavi.jp/en/sinano/suwaaki.htm
(諏訪大社・下社秋宮のページ)


■全国郷土紙連合加盟新聞社
「諏訪大社下社秋宮で幣拝殿、左右片拝殿の修復始まる」
http://www.kyodoshi.com/news/2919/


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ!
関連記事

はてなブックマークに追加

諏訪大社(長野県)へ!【Vol.4】諏訪大社・上社本宮

諏訪大社シリーズも4回目です。
今回は諏訪大社・上社本宮だ!

【Vol.2】と【Vol.3】で諏訪大社について調べてみたものの・・・
イマイチ分かっていない私。
体感として思ったのは前宮は、
「石器時代っぽい力強さ」と
「昔はヤンチャだった人ほど、おっとりしたオジーチャンになったりする」感じの、
今ではすっかり落ち着かれて・・・、という感じ。

さて、本宮は前宮から自動車で5分くらい。
しかし、前宮は「まえみや」と言うのに、本宮はなんで「ほんぐう」と言うの??
と思ったら、サイトによっては「ほんみや」とかなが振ってある・・・。
どっち?
本宮1

本宮2

本宮3
↑ここを歩いて行く。小さい厳島神社みたい

本宮4
↑入り口の上部分の彫刻

この本宮、とても立派な神社で、見るものもたくさんあります。
平日にも関わらず、人も多く賑やかで、良い雰囲気です。
しかし、これほど見所の多い神社の説明・・・どうしよう・・・
と思っていたら、またもや素晴らしいサイトを見つけました!

諏訪探訪(1)
諏訪大社 上社 本宮 その1

http://homepage2.nifty.com/pms_music_info/hongu.htm
諏訪大社 上社 本宮 その2
http://homepage2.nifty.com/pms_music_info/hongu2.htm

噛み砕いて、とても分かりやすく書いてくださっているページなので、
「全然分からない・・・」という方などには特に読みやすいと思います。
このサイトの管理人さんが他ページで書いていらっしゃる注意文がありますので、
紹介者となる私からも以下に引用させていただきますね。
(ここから引用)
>文献や資料によって解説がまちまちであったりします。
>ウソを書かないよう調べて書くつもりではありますが、
>ここに書いていることが全て正しいとは限りませんので、ご了承くださいませ。
(ここまで引用)


私も、ちょこっとだけ調べてみて思ったのですが、
ホント、インプット・アウトプットの難しさを痛感しています。
特に神社の記事って、何にも文章を書かないわけにいかないし、
かといって・・・難しくてよく分からない(泣)
なので、こうやって分かりやすく説明してくれるサイトを取っ掛かりとして、
少しづつ対象の神社や地域を理解していくんですよね。感謝ですキラキラ(オレンジ)

ところで、渡り廊下のようになっている写真のところで
「小さい厳島神社みたい」と書きましたが、その理由がわかりました。
上記にご紹介しているサイト「諏訪大社 上社 本宮 その2」によりますと、
昔の諏訪湖は今の3~4倍もの大きさで、
波が高いときのために作られたものらしいです。

(私のサイト(http://likesanctuary.web.fc2.com/izumo5.html)厳島神社についての
ページの下のほうに伊勢神宮の(フラッシュ)写真がありますので、
よかったらご覧になってみてください。)


本宮5
↑さっきの写真の渡り廊下のようなところから見られるようになっています。
この紅白の棒、【Vol.2】の記事「御柱祭のポスター」に出てきていましたね。

本宮6
↑渡り廊下のようなところの左側にあります。
御柱祭の様子が分かります。

本宮7



さて、本宮で私が一番驚いたのは
「え?御神鏡って、あんなにオープンにしておくものなの?」ということ。
フツーに見えるんですよ。御神鏡が。

オープンにしてくれるのは良いんだけど・・・
写真撮影しても良いのかな
幣拝殿と片拝殿だけなら、気にしないでどんどん撮るんだけど、
御神鏡も写ってしまう。困った。
幣拝殿と片拝殿の写真は欲しい!しかし、御神鏡はどうしたら・・・!
せめてスダレか何か掛かっていれば、撮影できるのに。

迷いに迷って・・・結局撮らなかったんです。
自分でも矛盾してるな~とは思う・・・。
だって、御神体の守屋山を写真に収めることに抵抗はない気がする。
なのに鏡を撮ることに躊躇するなんて、変なの。

なんとなく、”鏡を写す”っていうことに抵抗があるんですよね・・・

幣拝殿と片拝殿の写真も多くのサイトに載ってるし、
禁止されてるわけじゃないみたい。
伊勢神宮とはなんという違いだろう。
伊勢神宮は本殿の写真撮影がダメですもんね。
(写真を撮って良い場所が決められている)

神聖なモノだから撮っちゃダメって言われる方がしっくりきます。
でも、神社って同時に地域のコミュニティの場所でもあるわけで。
あんまり堅苦しくてもイヤだし、あんまりテキトーでも困るし。
つまり・・・おおらかな神社だということ?
あまり気にしない神様なのかな?

本宮8
↑この後ろに幣拝殿と片拝殿があります。

あぁ~、誰かに聞いてくればよかった~!!

本宮9
もちろん、ここにも御柱があります。

本宮10
上社本宮の見取り図。

こちら上社本宮ではガイドの方が詳しく説明してくださるそうですよ!

ここでの観光(参拝?見学?)所要時間は
通常なら20分~30分くらいだと思います。(ガイドなしで)

さて、次回は諏訪湖の北側へ行き諏訪大社・下社へ続きます~♪

奥蓼科温泉の宿情報のチェックはこちらからできます


温泉天国・長野県の温泉情報はこちらからチェックできます
長野県の露天風呂がある温泉地一覧はこちらからどうぞ


宿坊体験記事はこちらをどうぞ
【その1】戸隠神社(五社めぐり)【一人旅シリーズ】
http://momotosuika.blog67.fc2.com/blog-entry-238.html


◆李家幽竹 最強龍穴パワースポット
◆信州 蕎麦と温泉めぐり (蕎麦と温泉シリーズ)
◆江原啓之神紀行5 関東・中部 (スピリチュアル・サンクチュアリシリーズ)


【お役立ちリンク】
前回【Vol.3】の【お役立ちリンク】も活用下さい。

■信濃國一之宮 諏訪大社 公式サイト
http://suwataisha.or.jp/


■諏訪大社HP
http://park14.wakwak.com/~systemheart/suwataisya/


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ!
関連記事

はてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!