大器晩成だから。~パワスポ・神社・世迷言~


◆有名な神社から近所の神社まで・パワースポット・古代ロマン・温泉のリポート。私が受けたヒプノセラピー・レイキ・占いやパワーストーンなど。最近は育児のことも書いています◆
神社・パワースポット(サンクチュアリ)・温泉(時々、旅館も含む)リポートが50%くらいです。
◆他に、おススメ本・映画、試してみたダイエット、サプリメントの紹介。また、占いやパワーストーンについて。
(左側のカテゴリ一覧をご利用ください。)
ホームページ 伊勢神宮・元伊勢参り編、出雲大社・厳島神社めぐり編、宮古島旅行記 は、
>>>>>>>http://likesanctuary.web.fc2.com/<<<<<<<

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加

【和歌山~奈良の旅・Vol.5】十津川村~玉置神社~谷瀬の吊り橋

今回はVol.5、十津川村~玉置神社~谷瀬の吊り橋のご紹介です。星
今回は特に写真が多め、文章も少し多目です。
玉置神社に興味のある方は、良かったらご覧になってみてください
ぴよぴよ

今回の旅のおおよその行程はこんな感じです。
■2009年11月18日・・・
・熊野本宮大社・大斎原(おおゆのはら)、熊野速玉大社、熊野那智大社(那智の滝)
☆宿泊・・・・・・・・(南紀勝浦温泉)ホテル中の島

■2009年11月19日・・・十津川村~玉置神社~谷瀬の吊り橋←★今ココダンスマン
☆宿泊・・・・・・・・(洞川温泉)久保治

■2009年11月20日・・・奈良・大神神社(おおみわじんじゃ)、檜原神社、山の辺の道
☆宿泊・・・・・・・・(JR奈良駅そば)コンフォートホテル奈良

■2009年11月21日・・・奈良公園、東大寺、二月堂、春日大社、興福寺
☆京都へ移動し、東寺や京都タワー、京都駅をぷらぷら。
高速バスで帰る。


和歌山2日目の今日は、玉置神社、奈良県十津川村
北上(というのかな?)しつつ、
今日の宿泊地、洞川(どろがわ)温泉へ向かいます。
tamakijinjya01.jpg

◆玉置神社へ
さて、昨日も通った168号にて翡翠色が美しい熊野川沿いを走ります。
まず、玉置神社へ向かいます。
そこで、検索したブログでよく書かれていたのが・・・「道路」のこと!

昨日、土砂崩れで通行止めということで迂回路に向かったら、
そこも通行止めという憂き目にあっており、
また、やたら細い山道を走ったりしていたので、
和歌山県と奈良県の県境から十津川村周辺のあたりの道路状況が
あまり良いとは言えないのは想像していました。

tamakijinjya02.jpg
玉置山の頂上近くに位置する「玉置神社」に向かう途中です。
「おっと、車がきたぞ。」と、端に移動してくれます。
おそらく通行量はかなり少ないと思います。

tamakijinjya03.jpg
ちなみに、紅葉は終わりかけでした。
tamakijinjya04.jpg

tamakijinjya05.jpg

tamakijinjya06.jpg

tamakijinjya07.jpg
玉置神社駐車場からの景色です。
山、山、山・・・・・
玉置山の標高は1076.4mということなので、
それほど高い山というわけではないのですが
この景色を見ると、まるで現代社会から
随分遠いところに来てしまったような気がします。

tamakijinjya08.jpg
玉置神社です。
とても、「人気」というか「話題」というか・・・の神社で
なんと北海道から結婚式を挙げに来られた方もいらっしゃるとか。
こんな不便な場所にも関わらず、10人程の参拝者に会い、
ちょっとお話しを伺うことができました。

では、写真でご紹介します。
tamakijinjya09.jpg

tamakijinjya10.jpg

tamakijinjya11.jpg

tamakijinjya12.jpg

tamakijinjya12-2.jpg

tamakijinjya13.jpg

tamakijinjya14.jpg

tamakijinjya15.jpg

tamakijinjya16.jpg
このご神紋は初めて見ました。
「家紋の由来」というHPによると、
http://www.harimaya.com/o_kamon1/yurai/a_yurai/pack2/suhama.html
州浜紋(すはまもん)といって、浜辺や水の特性を表した紋様のようです。

tamakijinjya17.jpg

tamakijinjya18.jpg
本殿の右側へ進むと社務所があります。
tamakijinjya19.jpg


本殿のお参りのあと山を少し登り、「玉石社」へ向かいます。
山登り、といっても階段になっていますので、ちょっと根性だせば大丈夫です。
tamakijinjya20.jpg
玉置神社は、玉置山そのものも重要ですが、こちらの「玉石社」も重要視されています。
この写真だと分かりにくいかもしれませんが
白い小さな石がたくさんあって、杉の木の根に守られるように
黒くて丸い滑らかな石が見えます。
その石がご神体です。

”磐石”(ばんじゃく)とは何か?
いつの時代も、楽には生きていけない。石器時代も平安時代も戦国時代も今も。
大地が揺れることも度々あるだろうが、
地に根を張り、足を踏ん張り、へそに力を入れ、しっかりと立つ。

はじめから”磐石”などないのだ。
踏まれて踏まれて、圧が掛かって、やがて”磐石”になるのかもしれない。
だけど、ガマンしすぎて割れないように。
堅いだけじゃなく、柔らかさも必要だし、木の根に手伝ってもらっても良い。
はじめから、安定した場所などないのかもしれない。
地を這うような苦しい思いをし、やがて人生の礎を築いてゆくのだ。
玉置神社では、そのようなことを教えてもらった気がします。

ちょっと階段はきついですが、玉石社まで行ってみてください。
階段に腰掛け、荒い呼吸を整えながら、石と木の根を見つめてみてください。

鈍感な私に”磐石”の意味を教えてくれた玉置神社。
「石」が「意思に」なったら、
そのうち「玉」になって光るかもしれないなぁ、
などと、少し詩的なことを考えさせてくれた玉置神社。

この後、少し頭痛を感じ、体調が優れませんでした。
なんだか「オマエがくるのは早い早い」とダメだしを出されたのかなぁと思いました。


玉置山と玉置神社に関するリンクをご紹介しておきます。
■み熊野ねっと・玉置神社(たまきじんじゃ)
http://www.mikumano.net/meguri/tamaki.html

■玉置神社 公式ページ
http://www.tamakijinja.or.jp/

■霊峰 玉置山大百科
http://www.ne.jp/asahi/network/tamaki-yama/

■【十津川村観光協会】玉置神社
http://www.totsukawa.info/joho/kanko/5tamaoki_shrine.html

■玉置山 『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%89%E7%BD%AE%E5%B1%B1


◆谷瀬の吊り橋へ
地面からボコボコと幾重も山が盛り上がり、壁を成し、
その間を川が縫うように流れる十津川村の風景に、
はじめは「絶景だ~」と感激していたのですが、
その景色がひたすら続きます。
山の壁を越えると、また山、山、山・・・
対向車が来ると、譲り合わなければ通れない細い道が続きます。
十津川村では平野が見出せないので、不安を感じました。
「こりゃぁ、道路を作ったり、橋を架けたりするのが難儀そうだなぁ」と感じました。

さて、玉置神社から約20分のドライブで「谷瀬の吊り橋」に到着。
tamakijinjya21.jpg
ぎぇ~・・・また、高い所にある吊り橋だなぁ~
tamakijinjya22.jpg

tamakijinjya23-1.jpg

tamakijinjya23-2.jpg
「20人以上は渡れない」って、絶対に渡りたくないです。
tamakijinjya23.jpg
風でゆ~らゆ~ら揺れる
tamakijinjya24.jpg
ぬおぉ~~~

私は高所が苦手で、結局、10メートルほど歩いてギブアップ。
だって、板が一枚なんだもん!
その下に、ネットとかないんだもん!!
風は強いし、けっこう年季が入ってたし、
もし・・・もし・・・この足元の板がバリンっ!てなったら
・・・確実に・・・

充分、谷瀬の吊り橋を満喫(橋の上での滞在時間1分くらい・・・)した私は
近くの食堂から吊り橋を眺めることに徹しました(笑)

では、今日の宿に向かいます。
次回は【和歌山~奈良の旅・Vol.6】(洞川温泉)久保治です。


~温泉・宿泊について~
和歌山県から奈良県に入り、十津川村を縦断するにあたって、
十津川温泉にどうしても寄りたかった!できれば宿泊したかった!
私が宿泊したかった宿は「湖泉閣 吉乃屋
「湖泉閣 吉乃屋」の詳細を見てみる


十津川・大峯山洞川・吉野・奥吉野の露天風呂のある宿・温泉宿一覧を見てみる


実際は、行程の都合上諦めました。
十津川村は、温泉好きな方とか、このあたりの神社めぐりをする方とか、
そういった方向けの場所かも。
静寂を好む「大人」「玄人」向けというか。

吉野も通ってみましたが、とても雰囲気の良いところでしたから
吉野にも宿泊してみたいですねぇ

~熊野信仰や修験道について~

◆熊野詣 三山信仰と文化
◆熊野三山・七つの謎―日本人の死生観の源流を探る
◆はじめての修験道


◆山の宗教 修験道案内
◆「今、いくべき聖地─江原啓之」パワースポット紹介
◆江原啓之神紀行1 伊勢・熊野・奈良 スピリチュアル・サンクチュアリシリーズ

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんあります
スポンサーサイト

はてなブックマークに追加

【和歌山~奈良の旅・Vol.4】(南紀勝浦温泉)ホテル中の島

今回はVol.4、(南紀勝浦温泉)ホテル中の島のご紹介星
写真が多めになりますので、少し重たくなるかもしれませんが、なにとぞお付き合いくださいませコーヒー

今回の旅のおおよその行程はこんな感じです。
■2009年11月18日・・・
・熊野本宮大社、大斎原(おおゆのはら)、熊野速玉大社、熊野那智大社(那智の滝)
☆宿泊・・・・・・・・(南紀勝浦温泉)ホテル中の島←★今ココダンスマン

■2009年11月19日・・・十津川村~玉置神社~谷瀬の吊り橋
☆宿泊・・・・・・・・(洞川温泉)久保治

■2009年11月20日・・・奈良・大神神社(おおみわじんじゃ)、檜原神社、山の辺の道
☆宿泊・・・・・・・・(JR奈良駅そば)コンフォートホテル奈良

■2009年11月21日・・・奈良公園、東大寺、二月堂、春日大社、興福寺
☆京都へ移動し、東寺や京都タワー、京都駅をぷらぷら。
高速バスで帰る。


ホテル中の島は、島にあるホテル(というか旅館)なので、
フェリーで行きます!テンションがあがりますね、うふ。
あらかじめホテルに電話をして聞いていたのだけど、
ホテルに向かうためのフェリー乗場の駐車場が分からない・・・。
勝浦港をウロウロしていたら、大きな看板を発見。
nakanosima01.jpg

nakanosima02.jpg
フェリーに乗ります。(↑この写真は翌朝撮影したので、天気が少し違います)
nakanosima03.jpg

nakanosima04.jpg
フェリーで5分ほど、ホテル中の島です。
ホテルの規模はそれなりに大きい方だと思います。
館内も部屋も清潔にしてあり、快適です。
nakanosima05.jpg
逆行でよく見えませんが、部屋から海や山が見えます。
nakanosima06.jpg
部屋からの景色です。なかなか良いですねぇ~ラブ

早速、楽しみのお風呂へ行きます!!
nakanosima07.jpg
ほんのり青白いお湯、ゆで卵のニオイ、湯船からとうとうと溢れる温泉、
頭上の青空、お湯は熱すぎず、ぬるすぎず・・・気持ちよか~

女性のお風呂は、2階に位置する露天風呂と、
お土産コーナーの先に位置する大浴場と露天風呂がセットのお風呂。

男性のお風呂は、1階の海に面した露天風呂と、
お土産コーナーの先に位置する大浴場です。
1階の海に面した露天風呂はロケーションが良い為、
パンフレットなどでよく使用されています。

その階上に女性露天風呂がありますので、男性からは見えませんが、
女性からは、その気になれば男性浴場が見えます。
しかし、はしゃいで覗いたりしてはいけませんよ~!
nakanosima08.jpg

nakanosima09.jpg
この2階露天風呂にも、少ないけれど洗い場もあります。
nakanosima10.jpg

nakanosima11.jpg
お風呂からの眺め
nakanosima12.jpg
海、きれいですね~!
nakanosima12-1.jpg
いやぁ~、本当に良いお湯でした!!
2階女性露天風呂は時間制限がありますので、
フロントでよく確認してくださいね。

2階女性露天風呂にも少ないですが、洗い場があります。
こちらのホテルは早めにチェックインして、
2階女性露天風呂にまず入ることをおススメします!

男性の方は、すぐそばの海を眺めながら入浴できるので、
開放感もあってなお良いでしょうね!

館内の雰囲気を少し、ご紹介しますね。
館内側から玄関を見ると、やっぱり海。不思議。
nakanosima13.jpg

nakanosima14.jpg

nakanosima15.jpg
1階ロビーから。夕暮れも間近です。

nakanosima18.jpg
島の空撮カンバンです。

nakanosima17.jpg
ホテル中の島見取り図

部屋からお風呂までちょっと歩かなきゃいけないのですが、
島ですしね、建物の作りの問題上仕方ないかな、と。

食事も文句なしです。
内陸育ちの私は魚介類は苦手でしたが、
新鮮なお刺身をはじめ、全部美味しくいただきました!
nakanosima16.jpg
コースによるかもしれませんが、食事量が足らな~い・・・ということは
ないと思いますよ。
魚介類が苦手な人は・・・やはり、魚料理がメインになると思うので、
ホテルに相談してみるしかないと思います。

nakanosima19.jpg
こちらは、館内1階から行く方のお風呂です。
広くて、良いです。女性は露天風呂も一緒にありますが、
写真撮影を失敗してしまいました。露天風呂も広くて良いですよ。

nakanosima20.jpg
こちらは、翌朝の朝ごはんです。
バイキング形式で種類もたくさんあり、これまた美味しかった~
しらすと岩のりがやたらと美味しくて、ご飯がすすみました!
梅干もすっぱくなくて、か~な~り美味しかったです。

nakanosima21.jpg
朝ごはんの食事処からの景色です。

ホテルの島の上(展望台)まで散歩できるので、
ぜひ腹ごなしに行ってみてください。

ホテル中の島は、ご両親へのプレゼント、
家族旅行などには特に最高だと思いますよ。
お土産コーナーも充実しているので、便利です。
さぁ、お腹も一杯、温泉で体もすっきり、奈良県へ向かいます!

【和歌山~奈良の旅・Vol.5】十津川村~玉置神社~谷瀬の吊り橋へ続きます。

~温泉・宿泊について~
和歌山県は南紀白浜、勝浦温泉などの温泉は素晴らしいし、
海は美しいし、海の幸は美味しいし、
世界遺産と歴史に触れ、パワースポットめぐり…で、
行きたいところ・食べたいものが多いです!

熊野三山エリアに近い温泉地は何といっても勝浦温泉です。
勝浦温泉の温泉宿をチェックしてみる


今回宿泊した、海に浮かぶ中の島ホテルの情報を見てみる


~熊野信仰や修験道について~


◆熊野詣 三山信仰と文化
◆熊野三山・七つの謎―日本人の死生観の源流を探る
◆はじめての修験道


◆山の宗教 修験道案内
◆「今、いくべき聖地─江原啓之」パワースポット紹介
江原啓之神紀行1 伊勢・熊野・奈良 スピリチュアル・サンクチュアリシリーズ

~リンクについて~
【お役立ちリンク】
・(南紀勝浦温泉)ホテル中の島公式ホームページ
http://www.hotel-nakanoshima.jp/


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ
はてなブックマークに追加

【和歌山~奈良の旅・Vol.3】熊野那智大社(那智の滝)

★前回からの続きです。
今回はVol.3、熊野那智大社(那智の滝)です。sai.wingpen
写真が多めになりますので、少し重たくなるかもしれませんが、なにとぞお付き合いくださいませコーヒー

今回の旅のおおよその行程はこんな感じです。
■2009年11月18日・・・
・熊野本宮大社・大斎原(おおゆのはら)
・熊野速玉大社
・熊野那智大社(那智の滝)←★今ココダンスマン
☆宿泊・・・・・・・・(南紀勝浦温泉)ホテル中の島

■2009年11月19日・・・十津川村~玉置神社~谷瀬の吊り橋
☆宿泊・・・・・・・・(洞川温泉)久保治

■2009年11月20日・・・奈良・大神神社(おおみわじんじゃ)、檜原神社、山の辺の道
☆宿泊・・・・・・・・(JR奈良駅そば)コンフォートホテル奈良

■2009年11月21日・・・奈良公園、東大寺、二月堂、春日大社、興福寺
☆京都へ移動し、東寺や京都タワー、京都駅をぷらぷら。
高速バスで帰る。


熊野那智大社といえば、那智の滝を背景にした朱色の三重塔ですよね。

ユネスコ世界文化遺産に「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として、
登録された(2004年)というのもあるのでしょう。
全体的に観光地化されているので、厳かというよりも賑やかな雰囲気でした。
とはいえ、息を切らし切らし登った階段の先に佇む
熊野那智大社と青岸渡寺・・・
そこから見渡す山、透明な空、遠くに見える熊野の海・・・。

古代の人々が敬い、信仰の対象となってきた山や木、そして滝を眺めていると、
月夜の晩に、緑濃い山の上空を天狗がスイーと飛んでいる絵が浮かぶのです。
熊野は、あの世とこの世の混ざり合う不思議な場所なのではなかろうか・・・
と思ったりしました。

nati01.jpg
さて、那智大社へはお約束の階段です!

nati02.jpg
普段、運動不足の人にはかなり堪えます・・・

nati03.jpg
まだ、あるのかぁ~

nati04.jpg
・・・まだまだだなぁ・・・

nati05.jpg
休憩がてら写真を撮ったりしています

nati06.jpg
そろそろ行きます・・・

nati07.jpg
なんも言えねぇ・・・ぜぃぜぃ・・・ゲホ・・・

nati08.jpg
NO~

nati09.jpg
着いた~・・・

nati10.jpg
景色、良いです~

nati11.jpg
あれだけ階段を登ってきた甲斐があります。さすがに高いです

nati12.jpg
大きくて、力強くて、落ち着くこの存在感・・・くすのき・・・

nati13.jpg
樹齢800年とな

nati14.jpg

nati15.jpg
隣接する青岸渡寺です。
趣のある建物ですねぇ

nati16.jpg
小学校とか、こういう建物だったら良いと思うなぁ
ただ、冬は寒そうなんだよなぁ・・・

nati17.jpg
那智大社といったら、これですよ。
三重塔と那智の滝

nati18.jpg
三重塔の最上階から眺めた那智の滝です

nati19.jpg
下はこんな感じ

nati20.jpg
遠くに熊野の海が見える・・・

さて、とっても楽しみしている本日の旅館、ホテル中の島へ向かいます!
【和歌山~奈良の旅・Vol.4】(南紀勝浦温泉)ホテル中の島へ続きます。
アップロードファイル

~温泉・宿泊について~
和歌山県は南紀白浜、勝浦温泉などの温泉は素晴らしいし、
海は美しいし、海の幸は美味しいし、
世界遺産と歴史に触れ、パワースポットめぐり…で、
行きたいところ・食べたいものが多いです!

熊野三山エリアに近い温泉地は何といっても勝浦温泉です。
勝浦温泉の温泉宿をチェックしてみる


今回宿泊した、海に浮かぶ中の島ホテルの情報を見てみる


~熊野信仰や修験道について~


◆熊野詣 三山信仰と文化
◆熊野三山・七つの謎―日本人の死生観の源流を探る
◆はじめての修験道


◆山の宗教 修験道案内
◆「今、いくべき聖地─江原啓之」パワースポット紹介
◆江原啓之神紀行1 伊勢・熊野・奈良 スピリチュアル・サンクチュアリシリーズ

~リンクについて~
【お役立ちリンク】
・熊野那智大社
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%8A%E9%87%8E%E9%82%A3%E6%99%BA%E5%A4%A7%E7%A4%BE


以下”み熊野ねっと”より
・熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)
http://www.mikumano.net/meguri/nati.html

・那智の滝、那智大滝(なちのたき、なちのおおたき) 
http://www.mikumano.net/meguri/natitaki.html

・那智山青岸渡寺(なちさんせいがんとじ)
http://www.mikumano.net/meguri/seigantoji.html


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ
関連記事

はてなブックマークに追加

【和歌山~奈良の旅・Vol.2】熊野速玉大社

和歌山~奈良の旅、今回はVol.2「熊野速玉大社」です晴
写真が多めになりますので、少し重たくなるかもしれませんが、なにとぞお付き合いくださいませコーヒー

今回の旅のおおよその行程はこんな感じです。
■2009年11月18日・・・
・熊野本宮大社・大斎原(おおゆのはら)
・熊野速玉大社←★今ココダンスマン
・熊野那智大社(那智の滝)
☆宿泊・・・・・・・・(南紀勝浦温泉)ホテル中の島

■2009年11月19日・・・十津川村~玉置神社~谷瀬の吊り橋
☆宿泊・・・・・・・・(洞川温泉)久保治

■2009年11月20日・・・奈良・大神神社(おおみわじんじゃ)、檜原神社、山の辺の道
☆宿泊・・・・・・・・(JR奈良駅そば)コンフォートホテル奈良

■2009年11月21日・・・奈良公園、東大寺、二月堂、春日大社、興福寺
☆京都へ移動し、東寺や京都タワー、京都駅をぷらぷら。
高速バスで帰る。


熊野速玉大社とは・・・
2-kumano01.jpg

2-kumano03.jpg

2-kumano02.jpg

2kumano01_01.jpg

2kumano01_02.jpg
熊野速玉大社とは・・・早速ですが、”み熊野ねっと”に登場していただきましょう!
http://www.mikumano.net/meguri/singu.html
(熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)のページ)

熊野速玉大社の公式HP
http://www.kumanokaido.com/hayatama/
(↑写真も沢山あります)

いやぁ~、インターネットって便利だなぁ手書き風シリーズ二個ハート
ウィキペディアにも、”み熊野ねっと”にも出ていますが、
神倉神社(かみくらじんじゃ)という神社が奥社というか、
もともとの神さまのようです。
熊野速玉大社とそれほど離れていないようだったので、
ぜひ行きたかったのですが、
熊野速玉大社に来る前に、玉置神社に行くの行かないの、
瀞峡(どろきょう)を見たいだの、土砂崩れだの迂回路だの、
さらに迂回路も土砂崩れだの・・・
…で、時間をかなりロスしてしまったので寄れなかった~…残念

行きたかったなぁ~!
と、いうわけで”み熊野ねっと”の再登場です!
http://www.mikumano.net/meguri/kamikura.html
(神倉神社のページ)

さて、熊野速玉大社ですが、本宮と似た雰囲気・・・というか、
本宮がハイカラになった感じで、青空に朱色が映えて美しいです。
2-kumano04.jpg

2-kumano05.jpg

2-kumano06.jpg

2-kumano07.jpg

2-kumano08.jpg
お参りしていると、風がサァーっと吹いてきて
なんとも清々しい気持ちになりました。
2-kumano09.jpg

2-kumano10.jpg

2-kumano11.jpg

2-kumano12.jpg

さて、お次は【和歌山~奈良の旅・Vol.3】熊野那智大社・那智の滝へ続きます。にくきゅう

~温泉・宿泊について~
和歌山県は南紀白浜、勝浦温泉などの温泉は素晴らしいし、
海は美しいし、海の幸は美味しいし、
世界遺産と歴史に触れ、パワースポットめぐり…で、
行きたいところ・食べたいものが多いです!

熊野三山エリアに近い温泉地は何といっても勝浦温泉です。
勝浦温泉の温泉宿をチェックしてみる


今回宿泊した、海に浮かぶ中の島ホテルの情報を見てみる


~熊野信仰や修験道について~


◆熊野詣 三山信仰と文化
◆熊野三山・七つの謎―日本人の死生観の源流を探る
◆はじめての修験道


◆山の宗教 修験道案内
◆「今、いくべき聖地─江原啓之」パワースポット紹介
江原啓之神紀行1 伊勢・熊野・奈良 スピリチュアル・サンクチュアリシリーズ

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ
関連記事

はてなブックマークに追加

【和歌山~奈良の旅・Vol.1】熊野本宮大社、大斎原(おおゆのはら)

世界遺産、古代への望郷…和歌山~奈良の旅に行ってきました。
写真が多めになりますので、少し重たくなるかもしれませんが、
なにとぞお付き合いくださいませ
コーヒー

今回の旅のおおよその行程はこんな感じです。
■2009年11月18日・・・
・熊野本宮大社・大斎原(おおゆのはら)←★今ココダンスマン
・熊野速玉大社
・熊野那智大社(那智の滝)
☆宿泊・・・・・・・・(南紀勝浦温泉)ホテル中の島

■2009年11月19日・・・十津川村~玉置神社~谷瀬の吊り橋
☆宿泊・・・・・・・・(洞川温泉)久保治

■2009年11月20日・・・奈良・大神神社(おおみわじんじゃ)、檜原神社、山の辺の道
☆宿泊・・・・・・・・(JR奈良駅そば)コンフォートホテル奈良

■2009年11月21日・・・奈良公園、東大寺、二月堂、春日大社、興福寺
☆京都へ移動し、東寺や京都タワー、京都駅をぷらぷら。
高速バスで帰る。


熊野本宮大社熊野速玉大社熊野那智大社の三つを総称して
熊野三山と言います。
私は、熊野大社、熊野大社と言っていましたが、どうもそれでは
島根県松江市八雲町にある神社を指すのですね。
和歌山県の熊野三山と関係あるのかないのか…良く解らないらしいです。

そもそも”熊野信仰”というのがどうもピンと来ないんですよね…。
修験道の修行の地、というのは想像がつく。
空海があの一体の山中を駆け回っていたのも想像できる。
そんな時、色々検索していて見つけた”み熊野ねっと
http://www.mikumano.net/
というサイトが、大変分かりやすいので、
こちらのサイトを軸にして進めていきたいと思います。

早速、”熊野入門 熊野とは何?”のページ
http://www.mikumano.net/nyumon/kumano.html
”熊野”の辿って来た歴史をガーッと説明してくれています。

kumano01.jpg
朝の熊野灘を眺めながら少し休憩…
kumano02.jpg
砂ではなく小石の海岸。波が引くとガラララーっと良い音がします。
これは…かなり癒されますよ

kumano03.jpg
熊野川を眺めながらの走行

◆熊野本宮大社
まず、向かったのは熊野本宮大社です。
kumano05.jpg

kumano_03.jpg

kumano04.jpg

kumano06.jpg

kumano07.jpg
↑昔の熊野本宮大社(大斎原(おおゆのはら))です。
ガラスが反射して見づらいですが、川に囲まれてたのですね~

kumano08.jpg

kumano09.jpg

kumano10.jpg

kumano11.jpg

kumano12.jpg
社殿の写真撮影不可だったため、
残念ながらここから先の写真はありません。
文章では、なかなか伝わらないかもしれませんが、
清浄な空間というのでしょうか、爽やかで、とても気持ち良い場所でした。

檜皮葺きの社殿と、空と木々と風の調和。
時折、風がふいてチリリーン…と風鈴の音が、
一層その場を浄化している様に感じられます。
変な例えですが…
ロッキングチェアーに座り、いつまでも本を読んでいたいような…さくら
(熊野本宮大社のリンクは一番下に用意してますので、詳細はそちらを参照ください)

◆熊野本宮大社旧社地・大斎原(おおゆのはら)
熊野本宮大社からぶらぶら歩いて、10分くらいのところにあります。
日本一の大鳥居が畑の中に立っているので、すぐ分かります。
kumano13.jpg

kumano14.jpg
ここにも八咫烏(やたがらす)が
kumano15.jpg
杜に守られた大斎原(おおゆのはら)は、多分写真撮影不可だったと思います。
仮に可だとしても、ちょっと撮りづらい雰囲気でした。
本殿のご神鏡って写真撮影可だとしても、なんとなく撮りにくくないですか?
というか、鏡そのものが…
なんかこう、異次元世界という感じがするし…。
そんな感じで、撮りにくかったです。
なんとなーく雰囲気がある場所でした。
位置としては、広い川(中州)のそばの開けたところにあるのに、
徒歩5分くらいのところには観光客がいるのが分かっているのに、
まるで山の奥にいるような、
俗世間から隔離されたような…静けさでした。
ちょっとドキドキしました。

本来はこちらからお参りするほうが良いみたいです。
大斎原(おおゆのはら)は川のすぐそばにあります。
kumano16.jpg

kumano17.jpg

kumano18.jpg
それにしても、広~い中州です!

さて、次回【和歌山~奈良の旅・Vol.2】熊野速玉大社へ続きます走る
お楽しみに~♪

~熊野信仰や修験道について~


◆熊野詣 三山信仰と文化
◆熊野三山・七つの謎―日本人の死生観の源流を探る
◆はじめての修験道


◆山の宗教 修験道案内
◆「今、いくべき聖地─江原啓之」パワースポット紹介
◆江原啓之神紀行1 伊勢・熊野・奈良 スピリチュアル・サンクチュアリシリーズ

~温泉・宿泊について~
和歌山県は南紀白浜、勝浦温泉などの温泉は素晴らしいし、
海は美しいし、海の幸は美味しいし、
世界遺産と歴史に触れ、パワースポットめぐり…で、
行きたいところ・食べたいものが多いです!

熊野三山エリアに近い温泉地は何といっても勝浦温泉です。
勝浦温泉の温泉宿をチェックしてみる


今回宿泊した、海に浮かぶ中の島ホテルの情報を見てみる



~リンクについて~
■熊野本宮大社についてのリンク
・熊野本宮大社
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%8A%E9%87%8E%E6%9C%AC%E5%AE%AE%E5%A4%A7%E7%A4%BE


・み熊野ねっと
熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)
http://www.mikumano.net/meguri/hongu.html


・熊野本宮大社の公式HP(と思います)
http://www2.ocn.ne.jp/~sanzan/NTTcontents/hongu/


■大斎原(おおゆのはら)についてのリンク
・み熊野ねっと
熊野本宮大社旧社地・大斎原(おおゆのはら) 
http://www.mikumano.net/meguri/oyunohara.html


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ
関連記事

はてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。