スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加

夏の早朝の榛名神社

haruna_j01.jpg
夏の朝の榛名神社は、人気(ひとけ)がなく、
なんか、こう・・・
森林地帯の空気みたいでした。
到着したときは、ウグイスが鳴いていてびっくり!
haruna_j02.jpg
榛名神社のご本殿の前って、安心感というか安定感があって好きなのですが、
途中の参道が怖い(泣)
haruna_j03.jpg
七福神の像にドキーッ、となります。
いや、もう5回目なんで、どこに居るとか知ってるんだけど、
それでも ぎょっとしてしまう・・・。
それに、やっぱり修行する場所の雰囲気を感じてしまう。

小鳥がさえずる朝なので、とっても気持ち良かったんですが、
参道はちょっと薄暗くて、また、私一人っきりだったので・・・
寂しいっていうか、なんか怖いっていうか・・・

やっぱり神社は、テーマパークじゃないので心して行くところなんですね。
特に榛名神社は、初めて訪れたときから緊張しましたから。

参道に沿うように流れる清流の水量が多いので、
ザーッという川音が大きいです。
湿度が高い感じがします。
杉の木、石壁の苔の密度と厚みがすごい。
屋久島みたい。行ったことないけど!
haruna_j10.jpg

haruna_j09.jpg
榛名神社は参道がやや長め。片道、ゆっくり歩いて20分くらいかなぁ?

手水舎あたりから、景色が明るくなる。
haruna_j05.jpg

haruna_j04.jpg
暑い・・・。汗がすごい。
haruna_j06.jpg
ご本殿に到着!
ここは、空気が軽くて湿度も低い。
風も吹いてきて、気持ちいいなぁ。
haruna_j07.jpg

haruna_j08.jpg
誰も居ない。
しばらく考え事したり、山百合の香りにクラクラしたり、
大きなアリを見たり、彫刻をくまなく鑑賞したり。
haruna_j11.jpg

まぁ、そんな感じでした。


【榛名神社シリーズのご案内】

Vol.1【群馬県】榛名神社&パワースポットのパワーって何?
↑榛名神社とパワースポットのパワーについて
榛名神社の特別拝観と門前そば(門前そば・吉本坊)
榛名神社特別拝観と門前そばについて書きました。
宮司さんにお話しを伺えたり、普段見られない本殿内部の写真撮影OKという、
破格の待遇(←?)でした。

夏の早朝の榛名神社
↑夏の緑深い榛名神社の写真です。
紅葉と新そばの季節♪(門前そば・たつみ屋)
↑門前そばの紹介です。
【群馬県】榛名神社の駐車場について
↑渋滞がすごいので、駐車場について書きました。
榛名神社が私にとって「パワースポット」な理由(2012.5.30)
↑榛名神社が私にとって「パワースポット」なワケ
2012年榛名神社・門前そば「新そば祭り」に行きました(2012.12.1)
↑2012年榛名神社・門前そば「新そば祭り」に行きました



伊香保温泉の情報をチェックしてみる



◆休日の蕎麦と温泉めぐり埼玉・茨城・栃木・群馬・福島 (蕎麦と温泉シリーズ)
◆李家幽竹 最強龍穴パワースポット
◆CREA Due Trip47都道府県のパワースポット

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ!
関連記事
スポンサーサイト

はてなブックマークに追加

「人生に疲れた」「虚無感」「虚しい」という名の「休憩所」

どうして人生に「疲れた」り、「虚無感」に支配されたりするのか?
と、いうことをお釈迦様や哲学者や心理学者やスピリチュアルな人たちが
様々に考えたり、解明しようとしてきました。
しかし、残念ながら、「どうして」の部分も「どうしたらいいのか」の部分も
私にはよく分からないときてる。

こういう苦しみは個人個人で乗り越えなきゃならないのでしょうか?
誰も教えてはくれないものなのだろうか?
hasu1.jpg
↑埼玉県行田市の古代蓮です(数年前の7月半ば撮影)

例えば、怪我をして痛みがある場合、まず痛みを止めます。
心が痛がっている場合も同じで、とりあえず、現実逃避とか、
アルコールとか、カラオケとか、飲食とか、買い物とか…で
痛みを逸らそうとするのですが、それらはかなりな応急処置であって、
その時は立ち直っても、根本的に治ってはいないんですよね。

応急処置が効かなくなってくると、体調にも不調が出てしまったりして、
占いとかカウンセリングとか厄除けとか病院とかに行く人もいるでしょう。

「私のは応急処置じゃないわ!」と思いがちなのが、
◆般若心経を読んでみる。
◆アロマやお香を焚いて瞑想する。
◆日記に原因や心理分析を書き連ねる。
◆ヒーリングや心理学、スピ系の本を読み込む。
などが考えられます。
これ、けっこう危ないかもな、と最近思うようになりました。

医療の知識・経験がない人が、本やネットの知識だけを信じて
自分で判断しちゃうのと似ているかもしれない…と。

自分で自分を見つめたり、内省したりするのって実は、かなり難しくないですか?
私は、直視できなかったりして難しいです。
トラウマや心の傷が深い人ほど、一人でやるのは難しいんじゃないかと思います。

そこで指導を仰ぐというか、プロに手伝ってもらいたいのですが、これも難しい。

国家資格の医者だってヤブ医者がゴマンと居るんですから、
ヒーラー、霊能者、スピリチュアルカウンセラー、宗教者…
「自称」の人がほとんどなんじゃないの?と思っちゃいますよね。
確かめる方法もないし、金額も高いし。

hasu3.jpg

虚無感とか疲弊感っていうのは、「頑張ったけどダメだった」時とか
「認めてもらえなかった」時とか「今までの時間は何だったんだろう」とか
そういう「自己否定」に繋がるものが原因だと思います。

日ごろから「自己肯定」出来てりゃ落ち込まないよって感じですが、
最終的には、本当の「自己肯定」は自分自身でしか、してあげられない。
ということも解っているんですよね。だからなおさら辛い。

でも、思うんです。
自己否定から自己肯定の間に通る道が「虚無感」なのかもしれないと。

その道は、実は、今までの道のりがよく見える開けた場所なのですが、
下ばかりを見て歩いてきたので、景色がどうかなんて気づかない。

「虚しい」と感じた今こそ、落ち着いて腰を下ろし、景色を眺めながら珈琲でも飲みましょう。

『今まで一生懸命に歩いてきた。でも、ちっともたどり着かない。
…もしかして、方向を間違ったのかもしれないぞ…
…もしかして、準備不足だったのかもしれないぞ…
この際、客観的に、冷静に、判断してみよう』
と、状況の変化に気付いたり、今はまだ出来ないことも認めたりする休憩所が
「虚しい」という所なのかもしれません。

一生懸命すぎて、環境や使命や役割が変わったことに
気付かなかっただけだったのかもしれません。
あまりにもがむしゃらだったから、気付かなかったのかもしれません。

そうしなきゃ生きて来られなかった、身に付けた防御服は、
本当は、とっくの昔に要らなくなってたのかもしれません!

本当はとっくに気付いているのに、しがみついているから
「もう、なくても大丈夫だよ」と言われているのかもしれません!

hasu2.jpg




◆人生を変える波動の法則
◆〈からだ〉の声を聞きなさい - あなたの中のスピリチュアルな友人


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ
関連記事

はてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。