大器晩成だから。~パワスポ・神社・世迷言~


◆有名な神社から近所の神社まで・パワースポット・古代ロマン・温泉のリポート。私が受けたヒプノセラピー・レイキ・占いやパワーストーンなど。最近は育児のことも書いています◆
神社・パワースポット(サンクチュアリ)・温泉(時々、旅館も含む)リポートが50%くらいです。
◆他に、おススメ本・映画、試してみたダイエット、サプリメントの紹介。また、占いやパワーストーンについて。
(左側のカテゴリ一覧をご利用ください。)
ホームページ 伊勢神宮・元伊勢参り編、出雲大社・厳島神社めぐり編、宮古島旅行記 は、
>>>>>>>http://likesanctuary.web.fc2.com/<<<<<<<

『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』…納得できたのか、納得できないのか

『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』
という本を読んでみました。

ネットで「対人関係 引き寄せ」とか、多分そんな感じの検索でひっかかったような気がするんです、この本が。

amazonでの評判もすごく良いし、有名な本なんですね。
(疎くて、全然知らなかったけどヾ(;´▽`A``)

こういう「波長の法則」「引き寄せの法則」という雰囲気のタイトルの本って、成功をつかむためのビジネス書か、スピリチュアル本かのどちらかって感じですよね。

「どんな願いでも叶う!」みたいなビジネス書は苦手だし、スピリチュアルや占いが好きな割りに、どこかで毛嫌いもしている矛盾した私。

なので、こういう本は避けてきた節があるんです。

なぜこの本を購入したのかと言えば、会社でのモラハラに相当苦しんだから、に尽きます

モラハラについては、金輪際こんな思いはしたくない!と強烈に思ったため、「どうしたら二度とこんな被害に遭わずにすむのか?」がすごく気になったわけです。
⇒【該当記事】
エナジーバンパイア前編~ネガティブな人から自分を守る方法~(3シリーズ)

そうでなくても、私は家庭環境が悪いとか、会社でイジメられるとか、「なんでこんな目に遭うんだろう…」と思うことがあって…自分を責めてみたり周りを責めてみたりのシーソーでした。
⇒【該当記事】
<第1回>ヒプノセラピー・レイキ/燃え盛る家とのっぺらぼうの私(5シリーズ)

もちろん、私の「苦手センサー」にひっかかる人に過剰反応してしまったり、(特に仕事において)こだわりの強い性格が災いしているのは痛いほどに自覚しているんです。

アナタの環境や現状はアナタが引き寄せたのだ」って、よく言いますよね?

これって解る気もするし、解らない気もするんですよね。

例えば、愚痴ばっかり言ってる人って、愚痴ばっかり言いたくなることが起こりやすい。
それは不平不満にフォーカスしているから。

与えられた豊かさや得られた報酬よりも、不足しているところに焦点を合わせていれば、そりゃそうですよね。

それに、愚痴ばっかり言っている人に前向きな人が近づくかっていうと、やっぱりそれはナイと思う。

似たような発想の人が集まるから、発想が固定されてしまうんだと思うんです。

それは解る。でも。

幼児虐待とか、あまりにも悲惨な虐めとか、戦争や事故、事件とか、そういうのも「自分で引き寄せた」って言われちゃうと…。

どうも納得できない。

ただ、引き寄せの法則=自己責任っていうわけでもないんだろうな、とは思うんです。

だからその辺りも知りたくて、この本を読んでみました。

で、解決したのか?

してないんです。

まだ、一度パーッと読んだだけですから、ちゃんと理解できていないんだとは思います。

悲観的に考える癖や、悲しいニュースに感情移入してしまう癖を直すのにはすごく役に立ちそうです。

それに、「感情」のナビゲーションシステムを大切に!っていうのもすごく納得。

ただ、他のシリーズも読むかというと、読まないだろうと思います。

この本を何度か読んでいくと、日常生活を生きていくのにはきっと役に立つだろうと思います。

でも、どうしてこんな理不尽なことが世の中にはあるのだろう、っていうことについては、この本によって納得することはないんだろうな、と思うし、それで良いのかもしれません。

私たちは「ソース」から飛び出て来て、「肉体」という「個々」のモノを手に入れた時点(受精かな?)で…すでになんらかの理不尽さを持っているんだと思います。

時代、国籍、両親、遺伝、家庭環境、肉体の個性、先天的な性格とか。

スピリチュアル本には、「それらを選んでアナタは生まれてきました」とか書いてあるけど、生まれてくる前のことを覚えていないので真実はわかりません。

ともかく、もう一度読んでみることとします。


引き寄せの法則 エイブラハムとの対話

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ!
関連記事

はてなブックマークに追加

神田明神さんにお礼参りに行って。…叶っても叶わなくてもお礼はすると気持ち良いよ!

仕事も恋愛もドン詰まりだった2011年、夏(だけじゃなくて、もう何年間もだったけど

ヒプノセラピーを受けて激しいデトックスに打ちのめされた私に、シックスセンスの強い友人が勧めてくれた神田明神さんに御祈祷に訪れたのは夏の終わりでした。

2012_07_kanda_02.jpg
(2012年7月撮影)

当時の悲哀たっぷりの記事はこちら
神田明神でお祓い(祈祷)していただきました~その1~
神田明神でお祓い(祈祷)していただきました~その2~

2012_07_kanda_01.jpg
(2012年7月撮影)

その半年後、人生が大分明るくなってきたのを感じ、「お願いの3分の1は叶った感じがするし、まだ1年経っていないけどお礼に行って来よう!」と2012年7月にお礼参りに行ってきました。

お礼にはやっぱり日本酒かしら?
神様は日本酒を喜ぶと聞いたことがあるし。
せっかくだから私の地元のお酒はどうかしら?

と思い、ネットであれこれ調べていると美味しいと評判の酒造店を発見

電話で「あのぅ…今度神社にお礼参りに行くので日本酒を御奉納したいのですが、初めてなので勝手が分からなくて…」と問い合わせてみました。

色々御親切に教えていただき、また実際に店頭でも説明していただき、地元の日本酒ゲット。

自分が呑む用にも購入して飲んでみましたが、(日本酒とかよく分かりませんが)ふんわ~りとしてて美味しい

2012_07_kanda_03.jpg
(2012年7月撮影)

キャリーバッグに日本酒を詰め込んで、神田明神さんへ行ってきました!

まずは、御本殿にて
「昨年の〇月に、泣きべそをかきながら参拝させていただきました〇県〇市〇番地、〇年〇月〇日生まれの〇〇〇です。
昨年の御祈祷のおかげで、明るい展望が見えてまいりました。
本当にありがとうございました。
これからも腐らずに頑張れますようお力添えをお願い致します。
今日は地元の日本酒を御奉納させていただきます。」
と、御挨拶。

その後、御祈祷受付の巫女さんに「こちら、お礼としてお持ちいたしました。」
と渡すと、「ありがとうございます」と丁寧に受け取ってくださいました。

2012_07_kanda_04.jpg
(2012年7月撮影)

2012_07_kanda_05.jpg
この日はお馬さんがいました

2012_07_kanda_06.jpg
(2012年7月撮影)

2012_07_kanda_07.jpg
(2012年7月撮影)

2012_07_kanda_08.jpg
(2012年7月撮影)

2012_07_kanda_09.jpg
(2012年7月撮影)

お願い事が叶っても、叶わなくても、本気で願掛けをさせてもらった神社にはお礼参りに行くのが良いかと思います。
なぜかというと…関連記事はこちら
【前編】就職や転職に効く神社ってどこかな?~神社でお願い事を聞いてもらうコツ~

私に関して言えば、この後、お願い事は見事に叶いました!

また、すごく有名な話ですが、神田明神と成田山新勝寺とは、敵対関係にあるため両方をお参りするのはタブーらしいのです。

※ウィキペディア「神田明神」を参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%94%B0%E6%98%8E%E7%A5%9E

私は、神田明神さんで開運できましたし、もともとお寺はそれほど行かないのでこれからも成田山新勝寺には縁がないでしょう。

でも、あちこちの神社で「平将門討伐の際に」なんて文章を見かけると、「えっ、そうなの?」と戸惑ってしまうのでした。


◆御昇殿参拝(ご祈祷、お祓い)のご案内─神田明神公式HP
http://www.kandamyoujin.or.jp/sanpai/detail.html?id=4









◆神道の神秘―古神道の思想と行法
◆日本の神様カード
◆神々のしらべ 日本の神様と言霊
◆知っておきたい日本の神話
◆神道と日本人 魂とこころの源を探して
◆「日本の神様」がよくわかる本 八百万神の起源・性格からご利益までを完全ガイド


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ!
関連記事

はてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!