大器晩成だから。~パワスポ・神社・世迷言~


◆有名な神社から近所の神社まで・パワースポット・古代ロマン・温泉のリポート。私が受けたヒプノセラピー・レイキ・占いやパワーストーンなど。最近は育児のことも書いています◆
神社・パワースポット(サンクチュアリ)・温泉(時々、旅館も含む)リポートが50%くらいです。
◆他に、おススメ本・映画、試してみたダイエット、サプリメントの紹介。また、占いやパワーストーンについて。
(左側のカテゴリ一覧をご利用ください。)
ホームページ 伊勢神宮・元伊勢参り編、出雲大社・厳島神社めぐり編、宮古島旅行記 は、
>>>>>>>http://likesanctuary.web.fc2.com/<<<<<<<

石井ゆかりさんの2013年下半期の占いが楽しみ!

私は牡牛座なのだけど、2年前(2011年)の、木星が牡牛座に来ていたとき、
石井ゆかりさんの年間占い・下半期占いがあまりにも当たって本当に驚いた。

その前から石井ゆかりさんの占いは好きだったけれど、あの時はすごく励みになったなぁ…。

そんなわけで、5月20日発売の雑誌「フィガロ」に袋とじの下半期占いと、5月31日発売の「星栞(ほしおり)」という下半期占いが楽しみなのであります

「星栞(ほしおり)」の方は特に、全体的なことももちろん書かれているし、ちょっとした遊び心もあったりして面白いです。

そういえば、2013年の牡牛座のキーワードは「未知との遭遇」と書いてあったっけ。(新年占いのフィガロ袋とじに)

まさしく、まさしく、未知との遭遇の年になりそう…。


◆madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2013年 07月号 [雑誌]


◆星栞 2013年下半期の星占い

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです


関連記事

はてなブックマークに追加

憑き物落としで有名な三峯神社で落としてもらった「モノ」

榛名神社記事のコメントに、「榛名神社三峯神社ってちょっと雰囲気似ている気がします」といただきました。
コメントをくださった方々は以前の人気(ひとけ)の無い頃の榛名神社をご存知なので、なおのことそう思われるのかもしれませんね。

榛名神社(群馬)も三峯神社(埼玉)もパワースポットで大変有名な神社です。

mitumine01.jpg
↑「三峯(三峰)神社(みつみねじんじゃ)」

該当記事⇒
【三峯神社・1】埼玉県秩父のパワースポット、ヤマトタケルと狼の神社(6シリーズ)
榛名神社が私にとって「パワースポット」な理由


三峯(三峰)神社は、社殿の彫刻が非常に美しく(秩父神社 、宝登山神社も美しいです)、ヤマイヌ(オオカミ)に守られ、また一体の雰囲気も「パワースポットな感じだなぁ…」と、畏れ多い気持ちになれる場所です。

参拝した直後は(もちろんその後の人生が大きく変わるなど知る由もありませんでしたので)、あまり触れなかったのですが、三峯神社は「憑き物落とし」としても有名です。

三峯神社に参拝した約半年後、仕事とプライベートでショックな出来事が重なり、ヒプノセラピーとレイキを受けることになりました。

私が落としたものは、過去に受けた「癒えない傷」だったのだと思います。
ずっと長いこと、見えない傷口から血を流し続けていました。そうとは気づかずに。
該当記事⇒<第1回>ヒプノセラピー・レイキ/燃え盛る家とのっぺらぼうの私

まさか、参拝後の2年以内に転職、結婚するなど全く思いもしませんでした。
そして、同行した友人も、恋人との別れ、憧れの土地への引っ越し、念願の転職を経て、今年結婚することになりました。

三峯神社に参拝に行った半年後は「かなり高めのハードルを用意されてしんどいな…」というのが正直な気持ちでした。

スピ好きな友人には、
「憑き物落としで有名な神社なんだけどさぁ…、もしかしたら自分の中の甘えとか、共依存とか、そういうのを落としてくれるのかもよ。ただ…かなりハードかも~」
と、冗談で零したりしていました。

なんだか、占星術でいうところの「土星」っぽい雰囲気なんですよね。

土星って、「厳しい先生」「試練」「見て見ぬふりしてきたものに立ち向かう」みたいなニュアンス。

人生には、チャレンジし、努力し、前進する時も必要です。
また、やり過ごしたり、逃げたり、妥協したりする時も必要です。

いつか、神様(じゃなくても良いけど)から見て、
【ヨシ、乗り越えられそうだぞ…】っていうタイミングで、
過去に放り投げた事柄に再チャレンジしたり、
ネガティブな癖を直す機会を与えられることがあります。

「ちょっと頑張ってごらん」という感じで。

もっと自分らしく、ずっと生きやすくなるために。

もしかしたら、三峯神社はそんなきっかけを与えてくれたのかもなぁ、なんて思ったりして。

…まぁ、榛名神社にも通ってたし、あちこちの神社に行きまくっているので実際のことは分からないんですけどねヾ(;´▽`A``

どこの神社がパワスポ効果があった?と聞かれることがありますが、ほんと、分かりません(笑)

「よっしゃ~!金運UPじゃ!」と言いつつ、方位や日にちを選び、神社やご当地グルメ、温泉を調べて出かける。
単にそれが楽しいんですよねぇ(* ̄∇ ̄*)


【関連記事】
■【三峯神社・1】埼玉県秩父のパワースポット、ヤマトタケルと狼の神社
http://momotosuika.blog67.fc2.com/blog-entry-222.html
※↑参拝・見学所要時間や道路交通についても書いています。
■【三峯神社・2】ご眷属の狼(山犬)に導かれて
http://momotosuika.blog67.fc2.com/blog-entry-223.html
■【三峯神社・3】美しい色彩とエモーショナルな彫刻の拝殿・本殿
http://momotosuika.blog67.fc2.com/blog-entry-224.html
■【三峯神社・4】祖霊社、国常立神社、摂末社。神社のすぐそばで温泉はいかが?
http://momotosuika.blog67.fc2.com/blog-entry-225.html
■【三峯神社・5】遥拝殿と三峯山。道の駅あらかわで秩父を食す☆
http://momotosuika.blog67.fc2.com/blog-entry-226.html
■【宝登山神社】~秩父神社、三峯神社とならぶ「秩父三社」のひとつ~
http://momotosuika.blog67.fc2.com/blog-entry-194.html


秩父にはいくつか温泉があって紅葉の時期などは特に人気。
静かな山あいの温泉旅館でゆったり過ごしたいです
埼玉県秩父付近の温泉一覧こちらからチェックできます

ph8.4の弱アルカリ性の美肌効果が期待できる三峯神社近くの
大滝温泉、三峰神の湯の宿・ホテルこちらからチェックできます




渡来の女神・妙見
妙見さまって、女神なんですよねー。









◆三峯、いのちの聖地 (MOKU選書)
◆オオカミの護符
◆李家幽竹 最強龍穴パワースポット 増補版
◆日本の大聖地 (JTBのムック)
◆日本全国このパワースポットがすごい! (PHP文庫)


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
関連記事

はてなブックマークに追加

対人関係下手におくる、注意事項10項目+2項目

会社でモラハラに遭ってから、自分の対人関係スキルについて考えた。
スキルというより、センスかな?
【参考記事】エナジーバンパイア前編~ネガティブな人から自分を守る方法~(3シリーズ)

イジメに遭いやすい人モラハラのターゲットになりやすい人というのがあるらしい。

「自分が我慢すればいいか…」
「なんか変な気がするけど、もう少し様子を見よう」
「良いところもあるし、徐々に直してもらえばいいか」

という、自己犠牲的な考えや変にお人好しな人は注意。

私のように、一見は自己主張の強いタイプでも、実は自己犠牲的・変にお人好しという性格の人は、損だ。

「あの人なら自分でどうにかするだろう」「あの人なら大丈夫だろう」などと思われ、上司から世話役を頼まれてしことがあるからだ。

現に、モラハラ女性と同じ部署になったとき、上司は「…ま、君なら大丈夫かな」と言ったのだった。
ほかの会社でも我慢に我慢を重ねて突然体調不良でダウン!ということも何度もあった。

しかも、自分で自分をタフだと思っているから(我がごとながら今さら)要領悪いなぁと思う。

「…おかしいぞ」という心の信号を無視してはいけない。

会社の、またはグループのトラブルメーカーだったなぁという人の共通点に気が付いた。
以下が、その共通点10個。

初対面で、すごく愛想が良い。非常に親しげなことを言う。
(あなたの親・兄姉だと思ってなんでも相談してね!など)

その人との関係を明らかに超えた距離感で話してくる。
(まだ友達といえる仲でもないのに、ぜひアナタの家に行きたい!ぜひ我が家に来てほしい!など)

付き合いが浅く、まだ私のことをよく知らないのに褒めてくる(能力、服装などなんでも)。
(付き合いが長くなってくると見下したり、そんなことも知らないの?と、発言が逆になる)

会社やグループの噂話に詳しい。また「あの人には注意した方がいいよ」などの忠告が多い

「~って、みんな(誰々)が(あなたのことを)言っていたよ」と報告してくる。

自分がいかに会社やグループに貢献しているか、重要人物かを話す。

誰かを非難、批判し「だからあの人(こんな会社)はダメなんだ」と決めつける発言が多い。

「俺の仕事じゃない」「私のせいじゃない」「なんで俺(私)が」とよく言う。

プライベート、給料や待遇を知りたがる。

自分のことをとても棚に上げるが、その自覚がない。

---

どうも、会って間もないころはやたらフレンドリーで、徐々に支配欲を隠さなくなってくるタイプが多いように思う。

しかし、夫に言わせると、「そんなの目つきで解るだろう!」と。

「初対面でどこを見るって言ったら、目つきに決まってる。
それと、ベラベラベラベラしゃべるヤツは信用ならねぇ。」

確かに。
集約してしまえば、結局その2つなのかも。

誰の本だったか忘れてしまったのだけど、人は何度生まれ変わって姿かたちが変わっても、瞳だけは前世までの体験や経験の輝きを持って生まれてくるんだそうだ。

だから、人柄は目つきに現れるのかもしれない。

モラハラ女性の、いつも何かを探っているような目つきを思い出した。
彼女が背中を丸めてペチャペチャと何かを食べている様子と、あの目つきがとても嫌だった…。


◆西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット(CD付)
◆インナーチャイルド―本当のあなたを取り戻す方法


◆「エナジーバンパイア」から身を守る方法
◆モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ!

関連記事

はてなブックマークに追加

ポジティブすぎる人の爪柱

ポジティブすぎる人がいる。

と、言っても「私は努力を惜しまない!(キラッ)」の方ではなくて、

ものすごい「自己肯定」できる人の方。

それは夫なのだが、私の自己否定と夫の自己肯定の差がすごい。

先日、夫とケンカをし、あまりに悔しくて別室でこっそり泣いていると、夫が入ってきた。

夫「なんで泣いてるの??」

私「さっきのケンカ!」

夫「それって俺が原因?」

私「そりゃ、そうでしょ!」

夫「…俺の分、何%?」

私「え?…100%だよ!」

夫「そぉかぁ!そんなに俺で占めているのかぁ!」

私…(; ̄Д ̄)

夫「大変だネ!オヤスミ!」

---

夫はおばあちゃんっこで、本当に可愛がってもらったらしい。

幼少期に誰かと比較されて劣等感を植えつけられることもなく、
天真爛漫に育ったようだ。
お母さんも子どもを支配したり、ベタベタするようなタイプではない。
お父さんがかなり厳しかったが、それも理不尽さを感じるようなものではなかったようだ。

子どものキャラクターにもよるが、家庭環境って本当に大事なんだなぁ。と、しみじみする。
私は過去記事にあるように家庭環境によって、自己否定の強い人間だったからだ。
⇒「<第1回>ヒプノセラピー・レイキ/燃え盛る家とのっぺらぼうの私

---

夫が手足の爪を新聞広告の上で切っている。

満足そうに爪の収穫を眺めている。

私「…そのままテーブルに置かないで早く捨ててよ」

夫「うるせーな、もっと大らかになれよ。
おれの爪の垢でも煎じて飲め。
『あ、爪柱が立ったわ』ってな(*´▽`*)」

…つめばしら…


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ!


関連記事

はてなブックマークに追加

仕事(働く)って、結局は「自己満足」なのかも

仕事(働く)って、結局は「自己満足」なのかも。

生意気にもその昔、「自己満足で仕事しないで!」なんて、後輩に言ったことがあったけど…実は私が一番、自己満足野郎だった。

その節は、ごめんなさい。

例えば、カフェとかで(この店員さん、自分に酔ってる?)って思う時があるのだけど、それは、私がそうだったからなのです(笑)

接客業では、
(こぉんなに細かいところまで気づいてしまうアタシ!この笑顔!この心配り!)って悦に入ってたし。

事務員の時は、
(この資料、どうよ!見やすい、解りやすいでしょ!デザインもしちゃったし!電話応対も商品説明も、丁寧かつ明瞭よ!さらに伝票はいつも正確、在庫管理も徹底できて…私がここに配属されてからみんなもやり易いでしょぉ~!)

という自己満足は、配達業やweb制作の仕事でも発揮されていた。

心で思ってるだけだから良いじゃないか…

まぁ…単に「褒められることに飢えている憐れな人」なだけかもしれない…

な~んて、当時から気づいていた。
頑張っているのは良いんだけれど、独り善がりな努力やこだわりも多かった。実は。

丁寧だけど、その分時間がかかっていたし。

ただ、自分が丁寧に完璧にやりたかっただけ。

上司や或いはお客さんの目指しているものと、自分の理想が合致していなくて、
…このアイディアの方が良いのに。
…この作業は外せないのに。
…この分野から整理したいのに。
と、ブータレたこともあったなぁ。

だから、私を嫌う上司も多かった。

私を上手に使ってくれる上司は、熱中し視野が狭くなりがちな私に、途中報告・方向性の確認・進捗確認をよくさせたが、指示はおおまかだった。
道がズレない様にしつつ、裁量に任せてくれた。
そして、よく褒めてくれた。
私の自己満足を「自他満足」へ導いてくれた。

でも、そういった上司にめぐり会えない場合、私も上司も不平不満を抱え、結局、私は惰性で仕事をするようになった。

私にとって、「自己満足」は、仕事において大切なモチベーションであることに変わりはないのだと思う。

自己満足を取ってしまったら、仕事に何を求めるんだろう?

お給料って言ったってね…。
生活のために働くのは当たり前だし。

やりがいって、自己満足につながる部分もあるだろうし。

自己満足⇒自他満足に成れば、ほんと、言うことナシ!なんだけどね。


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ!
関連記事

はてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!