スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加

離乳食、まったく食べない。ひとくちも食べない。⇒大さじ1までレベルアップ!

離乳食食べません。

201403_baby.jpg

5ヶ月半の時に開始したんですけど、全くだめ。

一口もダメ。

おもちゃをくわえるノリで、初めてのおかゆをカプ!

「まじぃ~!なんだこれ」以来、見事に拒否。

そんなことを2週間続けていたら、スプーンを見ただけで能面のような顔になり、離乳食を口に持っていくと泣くように。

悩んで市の保健師(?)さんに相談したところ、コテンパンに叱られてしまいました。

おっぱいをあげすぎ!
お腹が空けば食べる!
口が発達しなくなってもいいのか?

久しぶりにションボリしてしまった。。。

お腹が空くと、余計にギャン泣きして離乳食どころじゃないんですけど…(T-T)って言えなかった。


で、中止しまして、8ヶ月になるころに再開。

・母乳の間隔をあける
・離乳食の固さを変える(10倍粥裏ごし、10倍粥裏ごしナシ、8倍粥)
・温度を変える(温かい、冷たい)
・食事の時間を変える
・親も同じ離乳食を美味しそうに食べる
・一口でも食べたらオーバーなくらい褒める
・夫からあげてみる
・指であげてみる
・ベビーフードも利用する

えぇ。やりましたとも。

食べません。w( ̄▽ ̄;)w


そこで今度は、産院の栄養士さんに相談してみた。


・食べなくても良いから離乳食は毎日練習する。
・月齢にあわせて色々な食材にチャレンジしているうちにヒットする食材が見つかるかも。
・アレルギーの食材チェックにもなるから、そういうつもりでやる。
・ちなみに、栄養士さんの子も1歳になるまで、ほとんど食べなかった。


そんなこんなで、周囲の赤ちゃんが順調に3回食へと進むなか、ゆっくりやるしかない!と決意を新たにパン粥を作りました。

ミルクで煮込んで、バナナを入れてみる。

これは…甘~い。

前は食べなかったけど…食べるかな?

一口、食べた!

10ヶ月にして、やっと、た~べ~た~!(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

それをきっかけに、甘い味ならば(絶好調のときで)大さじ1くらいは食べられるように。

私がヨーグルトをパクパク食べていたら欲しがったので、少しあげてみると食べた!

でもプレーンヨーグルトは食べられない。すっぺぇ!という顔をして武者震いまでしている(笑)

ふむ。甘い味なら食べられるようになったのか。

しかし、カボチャのお粥、さつまいものお粥は嫌らしく舌で押し戻してくる。

シラスや白身魚は相当嫌いらしい。

うーーーん。

夜泣きと離乳食嫌いの我が子。

どうしてこんなに疲れているのに私は痩せないのか?

アイスがウマイからだよぉ

子の離乳食が進んだら、アイスだのチョコだの食べていられなくなるな…

【関連記事】
離乳食に便利なおすすめアイテム~椅子に座って食べる習慣・一口でも食べてくれるために~
関連記事
スポンサーサイト

はてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。