スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加

諏訪大社(長野県)へ!【Vol.8】御柱とは(今度こそ完結!)

諏訪大社といえば「御柱(オンバシラ)」が有名です。

御柱(オンバシラ)って?

この御柱は、昔からの「人気の謎」ですよね。
結界説などが有名なので、本やネットで読んだことがある方も多いと思います。
ここで、とても読みやすくまとめられているサイトをご紹介します。

■長野県最南端の秘湯と秘境の里・信州遠山郷
「御柱祭のルーツ」ページ
http://www.tohyamago.com/event/onbasira_roots/index.html
★トーテムポール説
★結界表示説
★天地を支える柱説
など、大変分かりやすいページです。
量も多くないので、ぜひ読んでみてください。
(マニアックな記事は検索すれば沢山ヒットします)

本宮9

実際に4つの諏訪大社をお参りした私の感想は
「タケミナカタノミコトを閉じ込める意味での結界説はちょっと違うかなぁ」
と。
そもそも、神さまを結界の中に閉じ込める発想が、
日本人っぽくない気がする。
もし、閉じ込めなきゃいけないほど恐ろしいモノが居たとしたら
「ヤマタノオロチ」のように、何らかの伝承がほんのカケラでも、残らないかなぁ?

そりゃぁ、出雲から追いやられたタケミナカタノミコトだろう」って言うけど・・・
10月に全ての神さまが出雲に集合するけど、諏訪大社の神さまだけは
出雲には行かないじゃん
」って言うけど・・・

それって、あくまでも天津神サイドからの見方じゃないのかなぁ?
菅原道真のように「慰める」のと、結界の中に居てもらうのって
ちょっとニュアンスが違うと思いませんか?

地元の人にとても大事にされているんだし、
守るための結界ならあり得ると思う。

「そのエリアを囲んでる」のは確かなのかなぁ?
囲む・・・魔よけ?更なる聖域として?
本殿(神殿)がないんでしょう?

もしかしたら、タケミナカタノミコトとは関係ないかもしれないし・・・

神さまのヨリシロとしてならば、4方向に4本の意味がよく分からない。
1本あればそれで良い様な気がする。

う~ん、山から大きな木を持ってくるのって
すごい労力が要るんだし、且つそれを6年ごとに行うんでしょ~。
う~ん???

わかるかーっ

過去の記事で「日本神話の神さまをなぜ「ハシラ(柱)」というのか?
というものを書いています。
梅原猛の本を元に、縄文時代と死生観を絡めて考えたものです。
http://momotosuika.blog67.fc2.com/blog-entry-98.html
駄文なので、ヒマつぶししたい(?)方は読んでみてくださいjumee☆faceA110

一番印象に残り、一番怖さを感じたのが上社前宮でした。
前宮5
この怖さというのは、説明するのが難しい。
ここで感じた「怖さ」というのは
「ははーっ」と頭を下げてしまう感じのもの。
山が御神体の神社に共通する「威厳」のようなものかも。
決して、嫌な意味の怖さではありません。

時々、嫌な意味の怖さを感じられる神社もありますよね。
神社を建てる場所を適当に選んだわけではないだろうから、
何かしらの意味がある場所なのだと思う。

その土地のリーダーの古墳だったり、
御神体を崇めるのに適した場所だったり、
古からの伝承の場所だったり、何かを慰める場所だったり、
風水的な意味合いがあったり・・・

場所自体に意味や力が込められていたとすると、
地域や氏子に大事にされればされるほどに、清々しく。
忘れさられてしまえば、禍々しく。

そのようになってしまう可能性はあるように思う。
それは、神社のせいでは決してなく、人間に原因があるのかなぁと思う。
場所だって生物と全く同じで、手をかけて、愛情をかけてもらえれば
成長の度合いや雰囲気が違ってきて当然のはず。
人間も神社も(”ちやほや”じゃなくて)「褒められて伸びる」のかなぁ←?

…御柱とはまったく関係ないオチでした。

まぁ、神社に行ってやることといったら、
散策しながらそんなことを空想することくらいしかないですし。
目の前で古の日本人が生き生きとよみがえり、
「自然と共生してきた昔の人のおかげで自分は生きてる」と
一瞬だけ謙虚になる。
その後すぐ、帰りの渋滞に悪態をつくんだけど・・・かお

奥蓼科温泉の宿情報のチェックはこちらからできます


温泉天国・長野県の温泉情報はこちらからチェックできます
長野県の露天風呂がある温泉地一覧はこちらからどうぞ


宿坊体験記事はこちらをどうぞ
【その1】戸隠神社(五社めぐり)【一人旅シリーズ】
http://momotosuika.blog67.fc2.com/blog-entry-238.html


◆李家幽竹 最強龍穴パワースポット
◆信州 蕎麦と温泉めぐり (蕎麦と温泉シリーズ)
◆江原啓之神紀行5 関東・中部 (スピリチュアル・サンクチュアリシリーズ)


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ!
関連記事

はてなブックマークに追加
コメントの投稿
茶吉のブログを見に来てくださってありがとうございますキラキラ
コメントは気軽にどうぞ~flower3_r3_c10.gif
・名前欄には、ご自身のハンドルネームをどうぞ
・URL欄には、ご自身のHP・ブログのURL入力をどうぞ
(入力したくない方は、しなくてもOKです)
・下の「送信」ボタンをクリックすると確認画面になります。
・メールアドレスは入力しなくて大丈夫です。
・「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、コメントは非公開になります。
・当ブログのコメントは「承認制」です。













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。