スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加

宗教、信仰、哲学、スピリチュアル・・・人が救われるのはどれ?

嫌なニュースや辛いことばかりの世の中で
私達は何を拠り所に生きていけば良いのだろう?

宗教、信仰、先祖供養、哲学、心理学、スピリチュアル、科学、占い・・・
これらは私達を救うのだろうか?
私を救ってくれるのはどれだろう?

宗教、信仰、哲学、スピリチュアル・・・人が救われるのはどれ?

【仏陀やキリストは信じた人か、考えた人か】

仏陀は、自分で考えて、自分で行動したから、仏陀になった。
仏陀は何かを信じたわけじゃなくて、
むしろ、疑い、考え、悩み、試し、足掻いた。
苦行のしすぎで体を痛めるほどに、模索した。

キリストも、すごく悩んで考えた人なんじゃないか、と思う。

【宗教と信仰の違い】

多分、何かの宗教に入信しても私は救われない。
山に籠もっても、悟りは得られないと思う。
心理学も、哲学も、霊能者も、占いも、先祖供養も、
病気や怪我や飢えや老いや別離や死の恐怖から、私を救わない。

そういうものを恐れて、ビビッて、生きていくしかない。

怖くてどうしようもないとき・・・
一緒に泣いてくれる人が居たら嬉しいし、力強いし、孤独を感じないで頑張れる。
そこを、”宗教入信”に求めるのはアリだと思う。
サークル感覚でも構わないと思う。
(その宗教を押し付けられるのはご免だけど)

でも、それは私にとっての”信仰”や”救い”とは少し違う気がする。

私は、「宗教」はある信仰をもつ組織だと認識している。
教祖や経典などがハッキリしている。
さらに、組織内においては、共有し、守り、その組織を固めている。
結果、自然と排他的になったり、自己と非自己のように境界線が明確になる。
そのため組織外においては、自分が属する宗教の正当性を解く(布教活動)、
自分が属さない宗教を認めない傾向がある。

「信仰」は個人的な意味合いが強く、教祖や経典などがハッキリしていない。
尊敬しているものなら「信仰」の対象に成り得る。
「お母さん」などの身近な存在から、偉業を成し遂げた歴史上の人物など。

「絶対にアマテラスオオミカミだけしか尊敬できない、他のカミは認めない!」
という話を聞いたことがない「神道」。
(全体的な)ご先祖さま、あらゆる自然(太陽、水、山、森、雷・・・)への感謝。

組織で信仰されるケースと、個人・家族単位で信仰されるケースがあるが、
八百万(やおよろず)の神の存在を認める性格上、排他的になると矛盾する。

【江原啓之とスピリチュアルの登場】

さて、スピリチュアルというカテゴリで絶対に欠かせない人
と、言えば江原啓之さん。

私は、基本的に江原さんが好きだ。
江原さんの本も「普通」のことを書いているからこそ、信頼できて
「ふむ、ふむ。必然なのか!」と、膝を叩いたりしていた。

いろんな人が「スピリチュアルカウンセラー」を名乗って、
「気づき」「学び」と言い始めた。

江原さんを「金儲けしすぎ!」と非難する人もいた。

私も金持ちになりたいけど、江原さんが金持ちでも貧乏でも、
私が金持ちになりたい気持ちに変わりはないし、
霊能力者が清貧である必要はないし、
どんどん金儲けして、たくさん税金を納めてくれれば良いと思う。

「老舗呉服屋の若旦那」という雰囲気の見た目も、
「それはねーよw」というコスプレも、
別にいいと思う。

江原さんの言う死後の世界と、古代日本の死後の概念が
似ているような気がして、歴史や縄文時代や神道への関心が
前よりも強くなった。

【”生”のその先】

私は江原さんの本にある、
肉体から自由になり「魂の故郷へ帰る」という考え方に、ほっとする。

古代日本の考えにある、
魂は雲になったり、山や海の一部になったり、
或いは、先祖や親が待つ、この世とそう変わらない世界へ帰る、
という感覚に自然さを感じる。

先祖や親の待つ故郷へ、できるだけ笑顔で帰りたい。
いずれ私も、笑顔で縁のある者を迎えたい。
お疲れ様、色々あったけど頑張ったね。と、迎えたい。

そのために、江原さん風に言うなら、
「肉体という乗り物から降りる」までは、
過ちを犯しても、間違っても、みっともなくても、
舵を切って航海していく。

いつか陸地が見えたら、
そこには先に到着した会いたい人たちが待っていて手を振っている。

【結局のところ】

乗り越えるために、その都度、選べば良いんじゃないかと思う。
結局のところ「救われた」かどうかなんて、よく解らないし判断できない。

仏壇の前で、他界した母にグチったり、
戦争を体験した寡黙だったお祖父さんのことを考えたり、
好きな神社にいって、心の中でブツブツ「あーでもない、こーでもない」と考えたり、
(↑口にだすと、怪しがれてしまうから)
ずっと家に引きこもって、布団の中で泣いたりしている。

クリスチャンの知人は、教会へ行って
神さまを泣きながら罵る、というのだからすごい。


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ
関連記事

はてなブックマークに追加
コメントの投稿
茶吉のブログを見に来てくださってありがとうございますキラキラ
コメントは気軽にどうぞ~flower3_r3_c10.gif
・名前欄には、ご自身のハンドルネームをどうぞ
・URL欄には、ご自身のHP・ブログのURL入力をどうぞ
(入力したくない方は、しなくてもOKです)
・下の「送信」ボタンをクリックすると確認画面になります。
・メールアドレスは入力しなくて大丈夫です。
・「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、コメントは非公開になります。
・当ブログのコメントは「承認制」です。













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。