大器晩成だから。~パワスポ・神社・世迷言~


◆有名な神社から近所の神社まで・パワースポット・古代ロマン・温泉のリポート。私が受けたヒプノセラピー・レイキ・占いやパワーストーンなど。最近は育児のことも書いています◆
神社・パワースポット(サンクチュアリ)・温泉(時々、旅館も含む)リポートが50%くらいです。
◆他に、おススメ本・映画、試してみたダイエット、サプリメントの紹介。また、占いやパワーストーンについて。
(左側のカテゴリ一覧をご利用ください。)
ホームページ 伊勢神宮・元伊勢参り編、出雲大社・厳島神社めぐり編、宮古島旅行記 は、
>>>>>>>http://likesanctuary.web.fc2.com/<<<<<<<

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加

【和歌山~奈良の旅・Vol.8】檜原(ひばら)神社と山の辺の道(やまのべのみち)

さて、和歌山~奈良の旅・Vol.8の今回は
檜原(ひばら)神社と山の辺の道(やまのべのみち)についてです。

前回は「大神神社(おおみわじんじゃ)」にお参りしました。
そのまま山の辺の道を歩き、檜原(ひばら)神社へ向かっています。
山の辺の道って?檜原(ひばら)神社とは?という説明は、
一番下にリンクを貼ってありますので、ぜひご参照ください


今回の旅のおおよその行程はこんな感じです。
■2009年11月18日・・・
・熊野本宮大社・大斎原(おおゆのはら)、熊野速玉大社、熊野那智大社(那智の滝)
☆宿泊・・・・・・・・(南紀勝浦温泉)ホテル中の島

■2009年11月19日・・・十津川村~玉置神社~谷瀬の吊り橋
☆宿泊・・・・・・・・(洞川温泉)久保治

■2009年11月20日・・・
・奈良・大神神社(おおみわじんじゃ)
・檜原神社と山の辺の道←★今ココダンスマン
☆宿泊・・・・・・・・(JR奈良駅そば)コンフォートホテル奈良

■2009年11月21日・・・奈良公園、東大寺、二月堂、春日大社、興福寺
☆京都へ移動し、東寺や京都タワー、京都駅をぷらぷら。
高速バスで帰る。


山の辺の道は写真を一枚も撮っていませんです!
なぜかというと・・・
前回も触れましたが、とにかく荷物が重いのなんのって!
山の辺の道は舗装されていない、時に石畳、
時にただの土の道、時にぬかるんだ道で、
細い山道(というほどでもないけど)ですから、
写真を撮るテンションになりづらかった、ということもあります。
昨日まではスカッと晴れていたのですが、
今日は厚い雲がお天道様をさえぎって、少し暗くもあり。
このアホみたいに重い荷物さえなければ、大神神社から
檜原(ひばら)神社まで、25分から30分のお散歩だと思います。

私は、40分以上かかりましたが・・・ふっ・・・

また途中ですれ違う人が何人かいるのですが、
誰ともすれ違わない時間が淋しいったら・・・
やはり山道ですし、冬はお昼過ぎでも
空がかげってきますから心細くて・・・

そして追い討ちをかける超重たい荷物。心が折れそうよ。
檜原神社まで、あと何分かしら?三輪山って・・・どの山??
よく見えないというか、よくわからないわ・・・
古代日本のロマン・・・よりも今はタクシーに乗りたいわ・・・

というときに、テッテッテッテッテッテ・・・・・という軽快な音。
私を軽快に追い越したのは、中型の柴犬
少し先でこちらを振り返り
「あともう少し!頑張れ!」と励ましてくれるではないですか!

とにもかくにも、軽快な足取り&お尻フリフリの柴犬に励まされ、
着きました!!
hibarajinjya02.jpg

hibarajinjya01.jpg
しばらく、荷物を置いて休憩。
はぁ~疲れた・・・肩が・・・凝った・・・

檜原神社・・・
伊勢内宮の祭神である天照大御神は皇祖神であるが、
崇神天皇の時代までは天皇と「同床共殿」であったと伝えられ、
つまり皇居内に祀られていたが、その状態を畏怖した同天皇が皇女である
豊鋤入姫命にその神霊を託して倭国笠縫邑に移したのに始まり、
更に理想的な鎮座地を求めて各地を転々とし、
垂仁天皇の第4皇女倭姫命がこれを引き継いで、
およそ90年をかけて現在地に遷座したと伝わっている。

元伊勢
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E4%BC%8A%E5%8B%A2


つまり、天照大御神の旅の始まりであり、元伊勢の始まりの地。

以前、元伊勢を訪ねて作った私のHP
「元伊勢と伊勢神宮を詣でて」も良かったら参考までに見てみてください
http://likesanctuary.web.fc2.com/ise-top.html


この旅の直前に纏向(まきむく)遺跡で、邪馬台国の女王「卑弥呼」の
宮殿かもしれないという、3世紀前半の大型建物跡が見つかった。

ここは、そういう土地なのだ。と、じーんと感動
さて、少し困ったのが写真をどこまで堂々と撮って良いのか?
ということでした。
なぜなら、すごく熱心になんらかのお祈りをしている男性がいたからです。
いつ終わるかな、と待っていたのですがしばらく終わりそうにない感じ。
また、想像よりも「迫力」がある場所に感じられ、
遠慮がちに撮った写真がこれです。

hibarajinjya03.jpg

【和歌山~奈良の旅・Vol.1】熊野本宮大社、大斎原(おおゆのはら)
でご紹介した、大斎原にちょっと似た雰囲気かな、と思いました。
http://momotosuika.blog67.fc2.com/blog-entry-129.html
俗世界とは全然ちがう雰囲気な気がして、
ソワソワ落ち着かない感じ、一人で居ると少し怖いような、
すぐそこには畑もあるのに、山の頂上に居るような隔離された感じ・・・
なのに、もうしばらく居たいという相反する気持ちでした。

hibarajinjya04.jpg

hibarajinjya05.jpg

hibarajinjya06.jpg

話しは少し巻き戻って、大神神社から山の辺の道を少し進んだところに
狭井神社(さいじんじゃ)があります。

狭井神社拝殿の左手に薬井戸(くすりいど)という
ご神水が湧き出てている場所があります。
このご神水は万病に効くという言い伝えがあるそうで 、
多くの人が水を飲んだり、ペットボトルなどに入れていました。

もちろん、私も美味しくいただきました。
(ただ、生水でしょうから、お腹の弱い人はどうなんだろう?)



さて、名残惜しさを感じつつも、今夜の宿
「コンフォートホテル奈良」(ビジネスホテル)へ向かいます。

はて、巻向(まきむく)駅はどこだろ?畑を眺めながら考える。
どこに出しても恥ずかしくないスーパー方向音痴の私。
手元にまっぷるがあるのに迷う始末。
住宅街で道をたずねること、4人。
道路に出て道を教えてもらうこと1人。
みなさん、ご親切にありがとうございました

また道案内だけでなく、巻向駅で出会った方々も
気さくに話しかけてくれて、とっても楽しかった!
「ここは無人駅だから、そこの券売機できっぷ買うんだよ」
纏向遺跡は行った?箸墓古墳(はしはかこふん)は寄った?」
「明日はどこに行くの?」
「快速があるから、そっちに乗ると便利だよ」
など便利情報も教えてくれ、わいわい賑やか
「自分の住んでいるところに誇りを持っているから、
町の人々がツアーガイドさんみたい!良いなぁ!」と、嬉しくて羨ましい気持ち。

自分の町、自分の国を大好きなのって、素晴らしいこと
それを押し付けてくるのでもなく、しつこくするわけでもなく、
そこに居る人とその時間を楽しくすごす。
居心地良いわ~、この感じ

奈良が大好きになりました!

そういえば・・・どうやって家に帰ろう???
電車だと時間も掛かるし、お金も掛かる。
あっ!京都・奈良って、よく高速バスでてるじゃん!
携帯電話からネット検索し、いくつか電話を掛け、とりあえず予約はOK。
あとは代金をコンビニから払えばチケットがもらえますよ、と。

そんなこんなで、コンフォートホテル奈良到着。
ウェルカムドリンクのコーヒーを持って部屋に入ると
おぉ~、広いですなぁ。綺麗ですなぁ。(写真撮り忘れ)
角の部屋だし、エレベーターからも離れているし、
少しでもうるさいと気になる私にとって、この位置は最高

ヘトヘトに疲れている体に鞭をうって、洗濯します。
お風呂が広いので、たくさん干せて嬉しい。

テレビをつけ、明日の予定を考えなきゃな~。
あ!高速バスチケットを買わなきゃ!
ご飯はどこで食べよう?
などと考えているうちに、巻向駅で仲良くなったTさんから電話が。
「夕飯一緒に食べな~い?」とお誘い。
ホテルを出て、まずは高速バスチケットの購入。
近くのローソンへ行き、ロッピィ(Loppi)にて購入・・・
Loppiの使い方わかんね・・・。
高速バス会社に電話をし、教えてもらいながら画面操作。
その後、Tさんと駅前の居酒屋で食事をし、楽しい時間を過ごしました。

ホテルに戻ったのが10時半くらい。
お風呂に入り、まっぷるを眺めながらいつの間にか寝てしまいました

さて次回は、奈良公園ですよー


~温泉・宿泊について~
奈良県「奈良・斑鳩・天理」エリアの宿情報をチェックしてみる
奈良県「飛鳥・橿原・三輪」エリアの宿情報をチェックしてみる
十津川・大峯山洞川・吉野・奥吉野の露天風呂のある宿・温泉宿一覧を見てみる



~吉野、熊野信仰や修験道について~

◆サライの高野・吉野・熊野―聖地巡礼、見所、美味・宿まで「完全案内」 (サライムック)
◆熊野詣 三山信仰と文化
◆はじめての修験道


◆山の宗教 修験道案内
◆「今、いくべき聖地─江原啓之」パワースポット紹介
◆江原啓之神紀行1 伊勢・熊野・奈良 スピリチュアル・サンクチュアリシリーズ

【お役立ちリンク】
■檜原(ひばら)神社
・玄松子の記憶、檜原(ひばら)神社のページ
http://www.genbu.net/data/yamato/hibara_title.htm

・Don Pancho(ドン・パンチョ)さんのHP、檜原(ひばら)神社のページ
http://bell.jp/pancho/travel/yamanobe/hibara_jinja.htm

■山の辺の道
・奈良、山の辺の道ハイキングコース【ビジネス旅館やまべ】
http://yamabe-hotel.sakura.ne.jp/page008.html

■纏向(まきむく)遺跡」
・卑弥呼の宮殿?纒向遺跡現地説明会にファン殺到 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/091114/acd0911141145003-n1.htm

■箸墓古墳(はしはかこふん)
・箸墓古墳
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AE%B8%E5%A2%93%E5%8F%A4%E5%A2%B3

・土器の炭素年代が卑弥呼と一致 奈良・箸墓古墳  MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/090529/acd0905291110002-n1.htm

■コンフォートホテル奈良
・コンフォートホテル奈良HP
http://www.choice-hotels.jp/cfnara/index.php


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ
はてなブックマークに追加
コメントの投稿
茶吉のブログを見に来てくださってありがとうございますキラキラ
コメントは気軽にどうぞ~flower3_r3_c10.gif
・名前欄には、ご自身のハンドルネームをどうぞ
・URL欄には、ご自身のHP・ブログのURL入力をどうぞ
(入力したくない方は、しなくてもOKです)
・下の「送信」ボタンをクリックすると確認画面になります。
・メールアドレスは入力しなくて大丈夫です。
・「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、コメントは非公開になります。
・当ブログのコメントは「承認制」です。













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。