大器晩成だから。~パワスポ・神社・世迷言~


◆有名な神社から近所の神社まで・パワースポット・古代ロマン・温泉のリポート。私が受けたヒプノセラピー・レイキ・占いやパワーストーンなど。最近は育児のことも書いています◆
神社・パワースポット(サンクチュアリ)・温泉(時々、旅館も含む)リポートが50%くらいです。
◆他に、おススメ本・映画、試してみたダイエット、サプリメントの紹介。また、占いやパワーストーンについて。
(左側のカテゴリ一覧をご利用ください。)
ホームページ 伊勢神宮・元伊勢参り編、出雲大社・厳島神社めぐり編、宮古島旅行記 は、
>>>>>>>http://likesanctuary.web.fc2.com/<<<<<<<

心と精神と魂の違いって?

心と精神の違いって何なんだろう?
精神って…なんだろ?と思ったことはありませんか?
ネット検索してみたら、同じように思う方も多くて勉強になりました。
と、いうわけで今日は哲学ぶってみました。秋だし…(*´∇`*)

「心が優しい」って言うけど、「精神が優しい」とは言わない…。
「こんな時こそ図書館なのかも」と思いつつ。

感覚で分かり易いのが、『身体(肉体)は容れものだ』という考えです。
何が入るかというと、『魂(たましい)』という説です。

「こいつは、たまげた!」なんて小説の台詞でしか聞いたことないけど、
「たまげる」という言葉は確かにありますね。
漢字で「魂消る」と書くように、
魂が消えちゃうくらい驚くという意味のようです。

漫画でも、「口から人魂が出ていって、白目を剥いている」ほどに
驚くシーンが描かれることがありますね。

どうも、心臓以外にも身体を動かしている何かがあるらしい。
それが「魂(たましい)」なのだろうと思います。

「入魂!」だとか、「職人魂」だとか、
ちょっと汗臭い感じで使われることもあるこの言葉。
死んだ体には宿っておらず、生きた肉体に宿っているようです。
ナマナマしいというか、エネルギーやパワーを感じる、
ちょっと熱い感じ。



さて、では「霊魂」というように言われる「霊」とはなんだろう?
通常、思いつくのは「お化け」「いわゆる幽霊」
「肉体などの容れものを持たない存在、自然霊など」…など。

しかし!「霊長類」っていうのは何!?
霊長類って上記の「幽霊」の意味じゃ無いのは明らかですよね。
どうやら「霊」とは、不思議な力を持っているとか、
優れているという意味があるらしいです。

⇒「重箱の隅」というサイトより
http://www.jubako.com/bn/index.php?1285


また、雷(いかずち)の語源は「厳(いか)つ霊(ち)」なのだとか。

⇒「語源由来辞典」というサイトより
http://gogen-allguide.com/i/ikazuchi.html


さらに、霊という文字は雨かんむりに、
下は巫女の「巫」の文字を表しているそうです。
⇒yahoo知恵袋より
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1313950873


「霊」というのは、やはり「不思議でなにかすごい力」という意味なのでしょうか。

神社めぐりをすると、龍の彫刻や絵画がとても多いことを知ります。
龍は、水の神として篤い信仰を集めていました。
雨が降らなければ、飲み水を失います。
風呂にも入れないから衛生面も悪くなります。
米も野菜も果物も、全ての植物が枯れ、
動物も死に絶えます。

水、雨を呼ぶ雷=「厳(いか)つ霊(ち)」は、
恐ろしくとも不思議で素晴らしいもの。
霊に雨かんむりが使われているのも納得!
「霊」とは、「魂」を司る存在のように思えます。


まるで、






肉体

というような感じ。
魂と肉体はちょっと距離が近い感じ。



神(カミ)の語源は「火(カ)」と「水(ミ)」だという説を
目にしたことがあります。
この説が正しいのかどうかは分からないけれど、
やっぱり納得してしまいます。

ちなみに、神という漢字は、左側は「示す」へんで、これは、
生贄や供え物と、それらを置く台を表しており
右側の「申す」はイナズマを表しているらしいです。

神社の社もしめすへん、先祖の祖もしめすへん、祝詞の祝も。
合祀の祀は示だ。ネと示の違いってあるのかな?



さて、やっと精神と心の方です。
精神を漢字から考えると、神を精する??
ん~?
純度の高くなった神、神性…みたいな感じかな?

感覚的には、「心」は感情、エモーショナル、感動…という感じ。
「精神」は能の分野というか、知性とか理性とか…という感じ。

「心を強く持て!」というのと、
「精神鍛錬が足らん!」というのはどう違うのか?

精神鍛錬と言えば、滝行などが思いつきますが、
心を強く持つために、修行ってあんまり聞かないです。

「心の教育」というと、情緒や思いやりを思い浮かべますが、
「精神教育」というと、感情に左右されない理念や、
強靭な目的達成思考を思い浮かべます。

どうやら、精神を鍛えるという言葉には、
時代遅れな根性論・精神論が付いて回ります。

心を鍛えるという言葉には、まるで
ドラえもんがのび太君を見守っているニュアンス。親心のような。



「心」は子供のように正直なものであるのに対し、
「精神」は、ある程度律することが可能なもののように受け止められます。

つまり、「心」=「感じる」であり、
「精神」=「考える」に近いのでしょうか。

以下はウィキペディアからの引用・抜粋。
『心(こころ)の語源はコル・ココルで、動物の内臓をさしていたが、人間の体の目に見えないものを意味するようになった。』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83


動物の内臓となぁ!

「心」という漢字は「心臓」をかたどったとも言われているようだし、
心は心臓にある、とされていたそうです。

確かに、これは当然だと思いますね。
好きな人のそばにいるとドキドキしたり、
家族が事故にあったなどという連絡があれば、
胸がぎゅっと絞めつけられたようになったりします。

心が痛いときがあっても、精神が痛いとは言いません。

心が、まず存在する。
生まれたときから持つ、「嬉しい」「恐ろしい」といった本能によった感情。
原始的な、自然な、素直なもの。
成長するにつれ、理性や知性や道徳やルールのしがらみを受けるようになる。

そういった、文化や、あるいは文明、習慣や環境の影響を受けた「心」を
「精神」と呼ぶのではないでしょうか?



皮膚が「熱い!」「冷たい!」と瞬時に感じるように、
心も正直に、まっすぐ感じている。
モノに触れずとも、言葉にされずとも感じ取ることの出来るセンサー。
「なんとなく良いな」とか「なんとなくイヤだな」という感覚ほど
優れたものはありません。

「心が震える」、なんて素敵な言葉なんだろうと思います。
「心が軽くなる」など、まるで「心」は臓器のように扱われています。
馴染みがあって、親近感があるんですね。

おそらく、心は胸のどこかにあるに違いないのでしょう。
レントゲンに写らなくても、触れることができなくても。

「魂」のように、生きた人間に宿っていて、
ナマナマしくて、熱っぽさを感じますね。

心と精神の違い、それは…
「ある」のが心で、「心のはたらき」が精神なのだろうと思います。

例えば、胃がそこにある。胃の働きが消化。
結果的に消化と呼ばれているけれど、
胃自体は食べ物を細かくしているだけでなく、
他にも様々なはたらきをしています。

はたらき、というのもはよく分からないもです。

人間も同じで、売上をあげる営業マンだけが働き者?
みんなより早く会社に来て、掃除をしているひとは?
お茶を作り、鉛筆を削り、電灯を替えてくれるひとは?
電話の応対が素晴らしいひとは?
書類をきれいに書いてくれるひとは?

はたらき、というものは多岐に渡るもの。

「心」という、原始的に「感じる」センサーがあって、
それが様々にはたらく。
それを結果的に「精神」というのだとしたら。



「心と身体は助け合っている」ということに
しみじみすることがあります。

本来、心が苦しいときは表情にも苦しみが出るものです。
それは、「今、苦しいんだよ。休みなさい」と、
心が身体を使って教えてくれているからだと思うのです。
あるいは、「この人、今すごく苦しいんです。助けてやってください」と、
周囲にアピールしたり。

しかし、そのメッセージが伝わらずに苦しい状態が続いたら…
身体は、もっと分かりやすくメッセージを伝えてくるでしょう。
下痢、吐き気、抜け毛、肩こり、腰痛、顔面麻痺、難聴、どもり…
それに、身体だけでなく心そのものも病気になってしまう。

なるべくそうならないように、
身体と心は連携プレーで教えようとしてくれる。
自分が自分を嫌おうが、自信をなくそうが、
身体も心も、いつだって「健康」を維持しようと一生懸命なんですね。

痛めた足も、火傷した腕も、ストレスで抜けた毛も…
戻ろう戻ろうと頑張っていることに、
「カラダと心って…すごいな」と改めてじーんとしたわけです。

そんなわけで、心と精神というようになぜ言葉を使い分けているのか?
気になったのですが、分かったような分からないような。

もうちょっと、言葉を丁寧に使用しようと思いました。
反省!



◆人生を変える波動の法則
◆〈からだ〉の声を聞きなさい - あなたの中のスピリチュアルな友人

◆エニアグラム―あなたを知る9つのタイプ 基礎編

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ!
関連記事

はてなブックマークに追加
コメントの投稿
茶吉のブログを見に来てくださってありがとうございますキラキラ
コメントは気軽にどうぞ~flower3_r3_c10.gif
・名前欄には、ご自身のハンドルネームをどうぞ
・URL欄には、ご自身のHP・ブログのURL入力をどうぞ
(入力したくない方は、しなくてもOKです)
・下の「送信」ボタンをクリックすると確認画面になります。
・メールアドレスは入力しなくて大丈夫です。
・「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、コメントは非公開になります。
・当ブログのコメントは「承認制」です。













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!