大器晩成だから。~パワスポ・神社・世迷言~


◆有名な神社から近所の神社まで・パワースポット・古代ロマン・温泉のリポート。私が受けたヒプノセラピー・レイキ・占いやパワーストーンなど。最近は育児のことも書いています◆
神社・パワースポット(サンクチュアリ)・温泉(時々、旅館も含む)リポートが50%くらいです。
◆他に、おススメ本・映画、試してみたダイエット、サプリメントの紹介。また、占いやパワーストーンについて。
(左側のカテゴリ一覧をご利用ください。)
ホームページ 伊勢神宮・元伊勢参り編、出雲大社・厳島神社めぐり編、宮古島旅行記 は、
>>>>>>>http://likesanctuary.web.fc2.com/<<<<<<<

寒くなると思い出す、灯油配達の方の人情

私が小学生低学年の頃、家に子どもしか居ない状態が多かった。
つまり、両親共働きのために親が家に居なかった。

ある日の夜8時ごろ。
弟が高熱を出して、急に嘔吐しはじめた。
私も子どもなのでどうしていいか分からなくて、「弟が死んでしまう」と泣きじゃくるしかなかった。

超オンボロアパートに住んでいたので、おもての道路に子どもの泣き声が響き渡っていただろうな、と思う。

そうこうしているうちに、突然「どうしたの!?」と窓を叩く音。
カーテンを開けると見知らぬ女性が居た。
近所に灯油を配達しにきたという。
子どもの泣き声が聞こえて気になり玄関を叩いたが反応が無く、どうしても気になって家の裏に回ってきたのだ、と説明してくれた。

この後のことは、全く覚えていない。
多分、安心して任せて寝てしまったのではないか。
その晩私と弟は、この灯油配達の女性のいわゆる「おせっかい」「親切」「人情」に救われたのだった。

私の両親を責めるのは簡単だ。
そんな小さな子どもだけにするなんて。
一歩間違えれば、子どもしか居ない故の事故などがあっても全くおかしくなかった。
何もなかったのは、結果論で、単にラッキーだっただけだと思う。

だけど、実家が近所だとか、世帯主だけの収入だけで余裕だとか、そんな家庭ばかりじゃないのも事実だ。

共働きしないと食べていけない。
共働きどころか、昼夜働かないと生活できない。
離婚などで働きながらひとりで子育てに奮闘している人も多い。
離婚していなくても、病気などの理由で事実上の子育てが母親だけ、
あるいは父親だけで行われているというケースもあると思う。

おじいちゃん、おばあちゃんの協力があるとか、
近所にものすごく親切な協力者が居るとか、
友人グループで協力し合うとか、
そもそも国や市町村などでもっとフォローするとか、
…私自身がそういう親切に救われたから、心底その必要性を感じる。
近所でたった一人だけ親切にしてくれたTおばちゃん。
灯油配達の女性や、知らなかっただけできっと色んな
「おせっかい」「親切」「人情」に出会っていたはず。

だけど、美化しすぎるのも考え物だ。
「親切心」「おせっかい」が恨みを買う可能性だってある。
良かれと思ってやったことが迷惑になることもある。
「プライバシーの侵害」である場合もあるし、
「シングルだって、ひとりで頑張るんだ!」と、気が張っていて、「余計なお世話だ!」と言う人も居るかもしれない。

いずれにしてもはっきりしているのは、子育て、介護、虐待や孤独死などには、近所の、あるいは友人の、あるいは親戚の「人情」「親切」「おせっかい」には限界がある。無理がある。

こればっかりは昔を懐かしんで、「昔は人情があったから良かった」などと言って済むことではない。
その「垣根の無さ故」の犯罪や事故だってあったはずだ。

「ちょっとしたおせっかい」が全部に適応する魔法だとは思っていないし、早く「協力」の仕組みを作らないといけないと思う。
でも、「ちょっとしたおせっかい」が、何かを救うきっかけになるかもしれないとは、思っている。

関連記事

はてなブックマークに追加
コメントの投稿
茶吉のブログを見に来てくださってありがとうございますキラキラ
コメントは気軽にどうぞ~flower3_r3_c10.gif
・名前欄には、ご自身のハンドルネームをどうぞ
・URL欄には、ご自身のHP・ブログのURL入力をどうぞ
(入力したくない方は、しなくてもOKです)
・下の「送信」ボタンをクリックすると確認画面になります。
・メールアドレスは入力しなくて大丈夫です。
・「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、コメントは非公開になります。
・当ブログのコメントは「承認制」です。













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!