大器晩成だから。~パワスポ・神社・世迷言~


◆有名な神社から近所の神社まで・パワースポット・古代ロマン・温泉のリポート。私が受けたヒプノセラピー・レイキ・占いやパワーストーンなど。最近は育児のことも書いています◆
神社・パワースポット(サンクチュアリ)・温泉(時々、旅館も含む)リポートが50%くらいです。
◆他に、おススメ本・映画、試してみたダイエット、サプリメントの紹介。また、占いやパワーストーンについて。
(左側のカテゴリ一覧をご利用ください。)
ホームページ 伊勢神宮・元伊勢参り編、出雲大社・厳島神社めぐり編、宮古島旅行記 は、
>>>>>>>http://likesanctuary.web.fc2.com/<<<<<<<

神田明神でお祓い(祈祷)していただきました~その2~

前回記事のあらすじ─
あまりの不運っぷりにクダを巻く私にウンザリした「ちょっと視える人」の同僚に勧められて、神田明神でお祓い(祈祷)することになりました。
神田明神でお祓い(祈祷)していただきました~その1~

さて、前回
将門さまに不運とサヨナラするお力添えを、大己貴命に縁結びを、少彦名命に開運招福をお願いする…
か、完璧だ…
と、叫んだ私ですが、時系列に話を進めます。

kanda2.jpg

kanda3.jpg

kanda4.jpg

kanda5.jpg

ビシッとスーツが決まってるサラリーマンに愛される神田明神。
ご祈祷の音声案内が流れ、商魂を感じさせる神田明神。
やけに元気な兄ちゃんたちが境内を掃き清める神田明神。
神職の方たちも、どこか江戸っ子の神田明神。

東京の江戸色が出てます。良いですね~!

kanda10.jpg
末社、摂社も鎮座されています。

kanda12.jpg
カラダがこちらを向いている狛犬、珍しい。
kanda13.jpg

kanda8.jpg

まずはいつもどおり参拝し、神さまに今日伺ったいきさつを話します。
その後、巫女さんに「お祓いというか、祈祷をお願いしたいのでが…」と伝えると、
「こちらにご記入下さい。」と、記入用紙を渡されるので、
名前・住所を書き、希望の祈祷内容に○をつけます。
初穂料は5千円でした。
服の上から、白い上着(チョッキみたいなの)を羽織り、待つこと10分ほど。
呼ばれ、拝殿の中へ入ります。
巫女さんが「頭を軽くお下げください」などと言ってくれるので、
巫女さんの声がけと宮司さんの動きに合わせます。

心の中で、「神さまに取り次いでくださるのはこの宮司さんなのね!
宜しくお願いします!」と、宮司さんにまでお願いする始末。

神さまにも、私の思いが届くようしっかりお願いしました。

最後に、お神酒をいただきました。
そこで御札を拝受し、宮司さん、巫女さん、ご本殿に向かって
お礼のお辞儀をして境内に戻ると…
なんだかスーッキリ!!

ちなみに、大黒様の小判のお守りを拝受される方を何人か見かけたので、
営業職で頑張っている友人のために拝受しました。

きっと運気アップ間違いない!!
kanda14.jpg
↑スカイツリーが見える境内
あ、ちなみに私はスーツで行きました。
拝殿の中に入るような参拝の場合、あまり砕けた格好じゃない方が良いかと思います。

皆さんも人生の転機に、変えたい何かがあるとき、
なんやかんや前に進まなければいけないとき…
神さまのお力添えをいただきに、お祓い(祈祷)をお願いしてみては
とてもスッキリしますよ。


~後日談~

人生がかなり好転しまして、日本酒を持ってお礼参りに行きました。
願いが叶っても叶わなくても、お礼参りはした方が良いと思います。

該当記事⇒神田明神さんにお礼参りに行って。…叶っても叶わなくてもお礼はすると気持ち良いよ!


◆御昇殿参拝(ご祈祷、お祓い)のご案内─神田明神公式HP
http://www.kandamyoujin.or.jp/sanpai/detail.html?id=4










◆神道の神秘―古神道の思想と行法
◆日本の神様カード
◆神々のしらべ 日本の神様と言霊
◆知っておきたい日本の神話
◆神道と日本人 魂とこころの源を探して
◆「日本の神様」がよくわかる本 八百万神の起源・性格からご利益までを完全ガイド


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ!
関連記事

はてなブックマークに追加
コメントの投稿
茶吉のブログを見に来てくださってありがとうございますキラキラ
コメントは気軽にどうぞ~flower3_r3_c10.gif
・名前欄には、ご自身のハンドルネームをどうぞ
・URL欄には、ご自身のHP・ブログのURL入力をどうぞ
(入力したくない方は、しなくてもOKです)
・下の「送信」ボタンをクリックすると確認画面になります。
・メールアドレスは入力しなくて大丈夫です。
・「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、コメントは非公開になります。
・当ブログのコメントは「承認制」です。













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!