スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加

少林山達磨寺と妙見信仰と鬼門封じと赤城神社と…そんなこんなのだるま市★

妙見信仰=北極星&北斗七星⇒なんかカッコイイ!
だから、少林山達磨寺(しょうりんざんだるまじ)にゆくぞー!
えぇ、私はバカな女です。
あ~♪ばかぁな、おんなぁ~♪っていうシャンソンなかったっけ?
(昔、テレビでウドちゃんが歌ってた気がする)

そんなことはともかく。

少林山達磨寺は妙見信仰よりも、「だるまで有名なんです。
1月6日のお昼くらいから翌日の1月7日のお昼くらいまで、
夜通し行われる「だるま市」には21万人もの参拝客が訪れるという。
あと、最近は風水的にも有名みたいですね。

高崎市のホームページから説明文を引用します。
<ここから引用>
毎年1月6日、7日に少林山達磨寺で開催される「七草大祭だるま市」は高崎の年始の風物詩。
日本最大のだるま市で、20万人を超える参拝客で大いに賑わいます。

だるま市が始まったのは今からおよそ200年前。
天明の大飢饉によって被害を受けた農民たちを救済するために、
達磨寺九代の東嶽(とうがく)和尚が副業としてだるまを作らせ、
正月に売ったことがだるま市の始まりといわれています。

高崎だるまは眉が鶴、髭が亀をあらわしており非常に縁起が良いとされています。
2012年も「高崎だるま」で運気上昇間違いなし!!

<ここまで引用>


もとは、失業対策だったわけですねぇ。

少林山達磨寺の縁起はというと、少林山達磨寺ホームページから説明文を引用します。
<ここから引用>
昔、碓氷川のほとりに観音様を祀るお堂がありました。

ある年の大洪水のあと、村人たちが川の中から
後期のある古木を引き上げて霊木として観音堂に納めておきますと、
延宝八年(1680)一了居士【いちりょうこじ】という行者が霊夢によって訪れ、
信心を凝らして一刀三礼、達磨大師の座像を彫り上げ観音堂にお祀りしました。

この噂は「達磨出現の霊地・少林山」として近隣に広まりました。
その頃の領主・酒井雅楽頭忠挙公【さかいうたのかみただたか】は
厩橋城(前橋城)の裏鬼門を護る寺として、
水戸光圀公の帰依された中国僧・東皐心越禅師【とうこうしんえつ】を開山と仰ぎ、
弟子の天湫【てんしゅう】和尚を水戸から請じて、
元禄十年(1697)少林山達磨寺(曹洞宗寿昌派)を開創しました。

享保十一年(1726)水戸徳川家から三葉葵の紋と丸に水の徽章を賜い、
永世の祈願所とされました。

<ここまで引用>

さらに、少林山達磨寺HPには詳しい歴史というタイトルで長い説明文が続く。
下にリンクを貼りますので、ぜひ一読あれ♪

少林山達磨寺はいつごろからあるお寺さんなのかしら?
ウィキペディアを見てみると、
<ここから引用>
創建については不詳であるが、古くからこの地に観音堂があり、
延宝年間(1673年~1681年)この地を訪れた一了が達磨禅師の像を彫って安置したと言う。
現在は高崎名物とされる「縁起だるま」で知られている少林山達磨寺は、
前橋藩を守護する寺院である。

<ここまで引用>

江戸時代には、もうハッキリと風水的な役割を任されていたということですね。

ふむふむ。ん?
厩橋城(前橋城)の裏鬼門を護る寺
…と、いうことは表鬼門の鬼門封じはどこがになっていたんだろう?

あちこち風水(というサイト)を玩ぶ。
北東(丑寅)だから~位置的には、赤城神社(三夜沢・赤城山山麓の方)かな…?
キター!ウィキペディアに書いてあった!
と、思ったら「大洞赤城神社」だから、赤城山山頂の赤城神社の方か・・・

うーん、こっちの赤城神社だと、ちょっぴり方位ずれてないかい?
いや、まぁいいけど。

んで、妙見信仰なんだけれど。
妙見信仰=北極星&北斗七星⇒なんかカッコイイ!の発想で、
秩父三社巡りをしたわけだが、なぜカッコイイと思うかというと。

奈良時代には、日本に定着していたらしい妙見信仰。
北極星に信仰を見出す一族って、ほら、
なんとなく大陸とか海洋とか、スケールが大きい感じするじゃん。
なんかロマンじゃん
妙見さまは女神さまで、亀と蛇がドッキングした使い(きだ・亀蛇とか玄武=北方の守護神)に乗ってやってきたわけじゃん。
なんか…ロマンじゃん…
殴らないで下さい。蹴らないで下さい。

それだけです。えぇ、それだけ。

さて、長くなったので終わります。いつか、続くかも。
1月6日、楽しみだなー。自動車で行くのはかなり無理っぽいのでバスで行くかー。

妙見信仰おすすめリンク
■「妙見信仰と狼神社」
http://www6.ocn.ne.jp/~kanpanda/myoken.html

関連過去エントリ
■【秩父神社・1】秩父の総鎮守。妙見信仰(北極星)と個性的な秩父三社めぐり
http://momotosuika.blog67.fc2.com/blog-entry-263.html

◆少林山達磨寺HP(縁起ページ)
http://www.daruma.or.jp/about/index.html
◆高崎市役所(少林山七草大祭だるま市説明ページ)
http://www.city.takasaki.gunma.jp/kankou/event/20120106-0.htm
◆ウィキペディア・達磨寺 (高崎市)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%94%E7%A3%A8%E5%AF%BA_%28%E9%AB%98%E5%B4%8E%E5%B8%82%29
◆ウィキペディア・赤城神社 (前橋市富士見町・赤城山山頂の方)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%9F%8E%E7%A5%9E%E7%A4%BE_%28%E5%89%8D%E6%A9%8B%E5%B8%82%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E8%A6%8B%E7%94%BA%29

【以下、自分が後でゆっくり見たいHP】
◆電撃! 激坂調査隊が行く・登山日記 経塚山と、霊符尊神
http://www5f.biglobe.ne.jp/~sy-baba/zakkann36.html
◆★★今月の群馬★★
http://www.marudais.jp/sub3gumma-0904.htm
◆亀~カメ(1)  妙見菩薩、妙見(北辰)信仰の亀
http://www9.plala.or.jp/sinsi/07sinsi/fukuda/kame/kame-1-1.html
◆荒川ゆらり ~寄居発東京湾行き~・2月第4週 少林山達磨寺・北斗七星
http://www.ma-museum.com/arakawa/2009-123/0902-4-darumadera.html

【以下、便利なHP】
◆あちこち方位
http://h200.com/houi/


渡来の女神・妙見
妙見さまって、女神なんですよねー。









◆神道の神秘―古神道の思想と行法
◆日本の神様カード
◆神々のしらべ 日本の神様と言霊
◆知っておきたい日本の神話
◆神道と日本人 魂とこころの源を探して
◆「日本の神様」がよくわかる本 八百万神の起源・性格からご利益までを完全ガイド


にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
↑ポチッマウスしてもらえたら嬉しいです
◆旅行・歴史・古代ロマン・神社仏閣・パワースポット・サンクチュアリの
ブログなどがたくさんありますので、興味のある方はぜひどうぞ!
関連記事

はてなブックマークに追加
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/01/05 19:29 ] [ 編集 ]
Re: 達磨
くららさん、コメントありがとう!
せっかくコメントいただいたのですが、時節柄もあって、
ちょっとコメント内容がカ・ゲ・キなので、非表示にさせてくださいね。
ごめんなさいm(。≧Д≦。)m

>でも、曹洞宗や黄檗宗というと、禅宗なんですよね
>うちはやはり禅宗の臨済宗なんで、縁起物として、大切に扱わなくてはならないかなと思いました
>そういや、群馬って、禅宗のお寺が結構あるように思いますが、気のせいでしょうか?
>狸姫お気に入りの茂林寺も方角はかなり違いますが、曹洞宗でしたし

さすが、くららさん。。。
私は知識がないのでちょっとわかりませんが、神社ばかりじゃなくて、
お寺のことも徐々に調べてみようかな~。

達磨キティ弁当…どうなんだろ?あるのかな?

茶吉

[ 2012/01/05 20:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
茶吉のブログを見に来てくださってありがとうございますキラキラ
コメントは気軽にどうぞ~flower3_r3_c10.gif
・名前欄には、ご自身のハンドルネームをどうぞ
・URL欄には、ご自身のHP・ブログのURL入力をどうぞ
(入力したくない方は、しなくてもOKです)
・下の「送信」ボタンをクリックすると確認画面になります。
・メールアドレスは入力しなくて大丈夫です。
・「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、コメントは非公開になります。
・当ブログのコメントは「承認制」です。













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。