スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加

進雄神社 (すさのおじんじゃ)で茅の輪くぐり-高崎市-

susanou01_20121227212955.jpg

高崎市柴崎町に鎮座される進雄神社。
スサノオという表記とスサノウという表記とふたつあるんですよね。
通常はスサノオ神社と読むのでしょうけれど、どちらなのかしら?

susanou02_20121227212955.jpg

さて、もう随分前のことですが7月29日の早朝に茅の輪くぐりに行ってきました。

susanou05_20121227212957.jpg

susanou08.jpg

susanou06_20121227213022.jpg

susanou11.jpg

茅の輪くぐりとは…

---公式HPより抜粋します---

祇園祭・夏越大祓(29日)
茅の輪神事

神社神前に茅(ちがや)を巻いた輪が作られますその茅の輪を「蘇民将来の子孫也」と念じて潜り越すと須佐乃男命様の御神威をいただき病気の災いなく、健康に過ごせる神事です。
茅の輪とは:備後国風土記に武塔神(すさのおのみこと)が旅の途中行き暮れ困った時に、貧しいながら親切な蘇民将来に宿を借りました。帰途「疫病あるときには蘇民将来の子孫と言って茅の輪を付けよ。そうすればその家の人は大神の加護により病気の災いから逃れられ健康で過ごせる」と教えました。
公式HP⇒http://www12.wind.ne.jp/susanoo/

susanou12.jpg

susanou17.jpg

susanou16.jpg

susanou13.jpg

susanou14.jpg

susanou15.jpg

時々通る道なので、こんもりした鎮守の森を眺めてはいつか参拝しようと思いつつ、なかなか参拝できなかった神社でした。ちょっと悲しい思い出のまつわる神社だったので(苦笑)

参拝が叶って、その後ミラクルが起こった不思議な神社です。

susanou19.jpg

susanou18.jpg

susanou20.jpg

外側から見ていたよりもずっとずっと立派な神社でした。

出雲までオオクニヌシさまやスサノオさまに会いに行った私にとって、スサノオさまはちょっと身近(?)な存在の神様です。

こちらのスサノオさまは、ダンディな大人なイメージでした。

えぇと、スサノオさまっていうと途方もなく暴れん坊な時代もあったわけで。

あんだけ暴れて仕方なかったのに、ロマンチックな和歌を詠みあげるしっとりした大人の男性になったりしてサ。
【参照】八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を
http://momotosuika.blog67.fc2.com/blog-entry-153.html

susanou21.jpg

susanou22.jpg

susanou23.jpg

susanou24.jpg

ラブラブなスサノオさまとクシナダヒメの神社。

ときに力強く、ときにしっとりと、人間臭いスサノオさまが好きです(笑)


はてなブックマークに追加
コメントの投稿
茶吉のブログを見に来てくださってありがとうございますキラキラ
コメントは気軽にどうぞ~flower3_r3_c10.gif
・名前欄には、ご自身のハンドルネームをどうぞ
・URL欄には、ご自身のHP・ブログのURL入力をどうぞ
(入力したくない方は、しなくてもOKです)
・下の「送信」ボタンをクリックすると確認画面になります。
・メールアドレスは入力しなくて大丈夫です。
・「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、コメントは非公開になります。
・当ブログのコメントは「承認制」です。













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。