スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加

エナジーバンパイア/あとがき~ネガティブな人から自分を守る方法~

エナジーバンパイア前編~ネガティブな人から自分を守る方法~
エナジーバンパイア後編~ネガティブな人から自分を守る方法~

と、2回続けて職場でのエナジーバンパイア対策を書きました。

Aさんとは基本的に目もあわせない、会話をささっと切り上げる、とにかく同意も反論もせず、「あなたと天気の話し以外の会話はしたくない」という態度を貫き通してから、3、4ヶ月ほどが経ちました。

また、この状態を理解してくれる人を一人でも得ようと思い、社内の人に相談しました。
もちろん、周囲の人に「あのコ、あなた(Aさん)の悪口言ってたわよ!」などと言われないように、相談する相手・内容は選びました。それでも、多少は漏れてしまうのでしょうが、Aさんは「トラブルメーカー」という実績(?)があったので、「やっぱり…。またか…」という反応でした。

私の前任者は入社して半年ほどで退社していましたが、やはりAさんのことがダメになってしまい、席替えを申し出ていました。Aさんから一番離れたところにデスクを設置していたのは幸いでした。

一時はAさんからだけでなく、3人の方から毎日毎日様々なことを言われたり、されたりして四面楚歌でした。
一番辛かったのは半年ほどだったと思います。

この出来事がなかったらレイキをやろう!とは思わなかったと思います。

「レイキでプロテクトするだけじゃダメだ。仕返しされようがなんだろうが自分で自分の身を守らないと!」と、はっきりした態度を示して、さらにレイキ+アファメーションを行ってから、Aさんの態度はより悪質に、露骨になりましたが、2か月ほどで私を避けるようになってきました。

それでも、Aさんは機嫌が悪いときや自宅で何かあったりすると、ヒステリックに苛立ちをぶつけてくるので、突然ガーンと殴られるようなショックを受けることがあります。
いまでも2人きりになるとやはり絡んできます。

つまり…それだけエネルギーを奪うことが習慣化しており、誰からでもいつでもどこでもエネルギーを奪わないとならない状態なのです。
いつもものすごく餓えた状態にある人だ、と認識していないとならないのです。


友人からすると、それ(嫌がらせの内容)って立派な(?)”モラハラ”の領域だよ!と言われます。
それと、やっぱり私がお人好し、真面目すぎるとアドバイスされました。
私のお人好しさ・真面目さが裏目に出たのです。

不思議なのは、Aさんは3人の息子さんがいるのですがこの息子さんたちには、それはそれは優しいのです。
会社でも「ちょっと異常だよね」と噂されるほどの愛情のかけ方でした。

私に対してモラルハラスメントを行う人が、他の人に対してはまったく違う態度を取る。
他の人にはコロッと態度が変わるのもモラハラの特徴かもしれません。


下記の本の一読をおすすめしていますが、本の中でも触れられているモラハラについてはなかなか厄介です。
(最後にモラハラについて追記しました)

「エナジーバンパイア」から身を守る方法
Dr.タツコ・マーティン著

「エナジーバンパイア」から身を守る方法

ウィキペディアのモラハラのページを読んで、思わず唸ってしまいました。
ぜひとも克服していきたいところです。

さて、話をもどします。
エナジーバンパイアにエネルギーを奪われてしまい、ネガティブなエネルギーを注入されてしまった場合は、今のところはとりあえず席を立って、トイレに行ってレイキします。

エナジーバンパイア対策にレイキが有効だと言っているのではありません。
レイキさえやれば相手が勝手に避けてくれる、ということではありません。

私の場合は偶然レイキと出会い、レイキがやりやすかったのです。

例えば、人によってはヨガや太極拳などが突破口になるかもしれません。
アロマオイルや、パワーストーンが力になってくれるかもしれません。

グラウンディング、チャクラの調整、呼吸法、体を鍛えること(軽い運動)、3食おいしく食べる事、心理学を学んでみる…私も色々と調べてみたり、やってみました。

エナジーバンパイアの怖いところは、
1、エネルギーを無理やり奪われ
2、さらにネガティブなエネルギーを注入され
3、自分もエナジーバンパイアになってしまう
ところです。

私もまだまだ、このことはテーマですので、上記ウィキペディアリンク先にあった
「モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない」

モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
を、読んでみようと思います。

【追記】

自己愛性人格障害…

会社のAさんに苦しみ、たどり着いたのが「自己愛性人格障害」という言葉でした。
本当に恐ろしいほどにAさんに当てはまりました。

ただ、どうしてもわからないのが「なぜ私がターゲットになったのか」でした。
今、思うのは「インナーチャイルド」「アダルトチルドレン」が関係しているのではないかということです。

まだ、自分の中ではっきりしたものは見えていませんが、機能不全の家庭で育った人は自分を犠牲にするクセがあります。

私のように自己主張をハッキリするタイプでさえ、変なところでひどく気を遣い、(このくらい自分が我慢すればいいや)と、ガマンしてしまいます。
相手が常識的な人ならば、「お互い様」と解ってくれますが、そうでない人だったら?

なるべく早いうちに「あれ、この人変だぞ」と気づくこと。
プライベートをやたら聞いてくる人には、自分のことは話さないこと。
そもそも会話をあまりしないようにすること。
優しさや情け心を出す相手を間違わないこと。

物理的な距離を置くのが一番だと思います。


こちらも参考になりました。
⇒プライドの高い人ほど人を嫌う心理 「誰かを傷つけることで、自分のプライドを保つ」
http://girlschannel.net/topics/50923/


「こころのサポートセンター・ウィズ」というサイトから、「モラルハラスメント加害者」のページです。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~with3/

今、モラハラに苦しんでいる方にぜひ読んでいただきたいです。

その後、「モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない」も読みました。
事例が多く載せられ、なるほどなるほど…と自分も無意識にやってしまうかもしれない、気を付けよう。と思う部分もありました。

モラハラについて、自己愛性人格障害について、エナジーバンパイアについて、参考になるブログやHPがたくさんあります。

自分の置かれた状況を認識し、正しい知識を得る事が、自分を救うまず第一歩です。

【関連記事】(悪)縁切り神社について~いわゆる悪縁とは一体何?~


◆西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット(CD付)
◆インナーチャイルド―本当のあなたを取り戻す方法


◆「エナジーバンパイア」から身を守る方法
◆モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
関連記事

はてなブックマークに追加
コメントの投稿
茶吉のブログを見に来てくださってありがとうございますキラキラ
コメントは気軽にどうぞ~flower3_r3_c10.gif
・名前欄には、ご自身のハンドルネームをどうぞ
・URL欄には、ご自身のHP・ブログのURL入力をどうぞ
(入力したくない方は、しなくてもOKです)
・下の「送信」ボタンをクリックすると確認画面になります。
・メールアドレスは入力しなくて大丈夫です。
・「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、コメントは非公開になります。
・当ブログのコメントは「承認制」です。













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。