スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加

別に他人の事だから、どうだっていいんだけど」と前置きしつつ、批判する時

今日は知人にお説教?され、ちょっと落ち込んでいたのです。

今チャレンジしていることを相談したら、「君の最終目標がハッキリ見えない!コンセプトがブレブレなんじゃないか?結局どーしたいの?」と、イライラ。

「ちょっとアドバイス欲しいんだ~」⇒「いいよー、ランチご馳走してねー」という流れだったので、ちょっと驚き、慌ててしまった。

私のやろうとしていることは、あなたの貯金が減ることもないし、あなたの名誉が傷つくこともないのに、なぜこんなに苛立っているんだろう?

コンセプトは自分の中ではハッキリしてるんだけど、知人が言うような「金を稼ぎたいの?社会貢献したいわけ?ハッキリして!」というのとはちょっと違うので・・・困った。

知人が一番言いたかったのは「君は甘い、あまーーーい!!」ということだったんだろうな。

お互いに気まずくなって話題を変えてしまった。

以前から相談し、協力してくれている友人達には理解してもらっていたので、その知人にも理解してもらえるんじゃないかという甘えがあった。

それにしても、「別に他人の事だから、どうだっていいんだけど」と前置きしつつ感情的に苛立った知人が不思議だった。

が、

そういえば、私もそんなことがあったぞ・・・

仕事がかなり忙しくて、でも、充実感ややりがいをあまり感じられなかったあの頃。
ただ、ひたすら疲れてピリピリイライラしてたあの頃。

おまけに給料面も思わしくなくて、「こんなに頑張っているのに」という不満と、「褒めてほしい、認めてほしい」という承認欲求でくすぶっていたあの頃。

そんな時知り合った、自称ゲームクリエーターの30代男性。

親に家賃も食費も入れず、アルバイトにも行かず、「俺はゲームで食う!一発当てる!」と言ってゲームを作っていた。

友人たちの集まりにその男性も時々来ていたのだが、その男性は自分のゲームを宣伝したり、自分の夢を語ったりして不評を買っていた。

「おまえさ、夢を語る前に自分の食費くらい親に払えよ」
「短期でも良いから、社会で働いた方が良いよ」
「そもそも、お前のゲーム・・・ダメだと思うぜ。批評ももらってるだろ?」

と、彼に注意する者も出て来た。

彼は、まったく悪びれることもなく「好きなことを仕事にしたいのは当たり前」「逆にお前らみたいにガマンしてる方が不思議」などと言うから、火に油を注ぐのだった。

そして、私も彼にイライラするようになり彼におこごとを言う一人になった。

今思えば、なぜあんなに彼にイライラしたのだろう?

そう。

当時の私は、満足していなかった。何一つ。

給料も、仕事の内容も、休みも。プライベートも。

不満だらけだった。

それが、彼に投影されてしまったのだと思う。

ただの八つ当たりだ。

恥ずかしい。。。

.彼を思いやっての動機ではなかった。

どのみち彼を思いやるつもりがないのならば、我関せずで良かったのだ。

そして「ゲームの宣伝は聞きたくない」と言えば良かったのだ。
「サラリーマンとして働いている人を馬鹿にした発言はやめて」と言えば良かったのだ。


・・・まぁ、今日の知人が私に八つ当たりしたのかどうかは分からないし、それは置いておいて。

怒られた一方で、「そのアイディア、すごく良いじゃん!頑張って!」と言ってくれた人もいた。

「納得しながら進んでいけば良いんだよ」と言ってくれた人もいた。

知人が感情的にイライラせずに接してくれたら、私はどんなにか嬉しかっただろう。

でもまぁ、確かに「・・・???」な相談をされたらイラつくよねぇ。

だって、私に好意的なアドバイスをくれた人たちは、みな、私に好意的な人たちばかりなのだもの。

私のどんくさい、トロい、頑固なところを「仕方ないねぇ」と笑ってくれる人たちだ。

そうではない人の反応もちゃんと心に留めておこう。

(つまり、私のやろうとしていることは分かりずらいということ・・・しょぼーん)

ゲームクリエーターがみんなにヒンシュクを買った一番の原因は「人の話を聞かない、受け入れない」ことだったのだから。


関連記事

はてなブックマークに追加
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/02/17 23:04 ] [ 編集 ]
Re: 神社についてなんですが・・・
Nさん、コメントありがとうございます。

新居の新築予定とのこと、あめでとうございます!って、ちょっと気が早いですか?^^

まず、「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」をどういう経緯で詠ったかというと(詳しくは古事記を読まれるのが一番なのですが)、wikipediaを見る、という手段に出ます(笑)

めちゃくちゃ端的に説明すると、「命を救ったクシナダヒメと結婚して新居を建てるときに詠んだ和歌」です。

須賀の地に来て「ここへ来たら清々しくなった」と思い新居を建てようと詠ったのですね。

なので、Nさんにピッタリ!

↓wikipedia該当ページ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%80%E3%83%92%E3%83%A1

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%BF%E3%83%8E%E3%82%AA%E3%83%AD%E3%83%81

↓「やまとうた」HPの該当ページ、とてもわかりやすいです。
http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/susanoo.html

(検索窓にURLをコピペしてください)


それと、西北方位についてですが。

現住居→新居の方位を気にされる方はけっこういらっしゃいますよね。

そうではなく、新居から見た西北の神社となると・・・うーん、近距離ですし、どうなんでしょう?

私なら、もし方位を気にするとしたら距離にもよるかと思いますが、現住居→新居の方位ですね。

でも、家族全員に良い方位に同じタイミングで引っ越すというのは相当難しいと思うので、引っ越し先の一宮神社で御祈祷を受けると思います。

そして、新居から一番近い神社(氏神さま・鎮守神社は神社庁に電話すると教えてくれます)に、ご挨拶の参拝に行くと思います。

その神社がコメントの神社であれば、宮司さんに「こちらのすぐ近所に引っ越し予定なんです。こちらの神社って”八雲立つ~”の和歌に由来してるんですよね?」とかなんとか色々と聞いてみちゃう!

もし、Nさんがその神社をそれこそ「清々しく」思い、気に入ったのならば御祈祷されるもヨシ、参拝されるもヨシ、かと。

私だったら、ですが・・・新居の西北の部屋は書斎みたいにして落ち着ける場所にするかもしれません。

神社がその方位にあるからということもありますし、風水では西北の部屋は一家の大黒柱に関わる場所だからです。

そして、重要な決め事を考えたり、奥さんとの話し合いをしたりする部屋としても活用するかもしれません。


「スサノオ」さんの神社ならば、出世とか力強さとか知恵とかの御利益も期待しちゃいますね^^

ちなみに私の知っているスサノオさんの神社は「子どもが元気に健康に育つように!」という御利益で有名です。

まずは、その神社へレッツゴー♪
[ 2015/02/18 16:03 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/03/10 01:19 ] [ 編集 ]
Re: すみません・・・でした(^^;) そして、ありがとうございます!
Nさん、わざわざ返信ありがとうございます。v-354

無人の神社は、近くの神社の宮司さんが兼務されているはずです。
これも神社庁に電話すると教えてくれます。

色々と落ち着いたら、聞いてみるのもまた一興かもしれません^^


>よく、北西方向の神社は??などと質問されているのを見ると、北西は守り神のいる方向なのかな?と素人ながら思ったりします。

これは、「吉方位」とか「祐気取り(ゆうきとり)」とか言うヤツかと思います。


新築☆

素敵ですね!

私も書斎のある、あったかくて素敵なマイホームをゲットするぞぉ~!!

そして猫とクラゲを飼うんだ♪

[ 2015/03/12 04:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
茶吉のブログを見に来てくださってありがとうございますキラキラ
コメントは気軽にどうぞ~flower3_r3_c10.gif
・名前欄には、ご自身のハンドルネームをどうぞ
・URL欄には、ご自身のHP・ブログのURL入力をどうぞ
(入力したくない方は、しなくてもOKです)
・下の「送信」ボタンをクリックすると確認画面になります。
・メールアドレスは入力しなくて大丈夫です。
・「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、コメントは非公開になります。
・当ブログのコメントは「承認制」です。













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。