スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加

続・アドラー心理学入門(岸見 一郎)を読んだ感想。トラウマは存在しない・・・のかなぁ

前回のブログの続きです。

フロイト、ユング、アドラー。心理学界のビッグ3の一人、アドラー先生。


アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)

トラウマは存在するのか、しないのか?実際のところはよく分からない。

サンタクロースや、愛や、思いやりなどと同じで、あると思う人にはあるし、ないと思う人にはないのだろうなー、としか。

アドラー心理学入門を読んで気になったことを前回よりもちょっと掘り下げてみます。

「アドラー心理学入門」56ページから57ページ。

原因をこのように過去や外的なことに求めてもそれらを変えることは事実上不可能なことなのです。問題行動を起こした子どもの親に、幼い頃に愛情を十分に受けていなかったからであるとか、育児の仕方が間違っていたというようなことを指摘したところで、たとえその通りだと仮にしてもタイムマシンがあるわけではないので過去に戻ることはできません。
(56ページ57ページから抜粋)

そう、その通りなんです。

確かに、原因を探り始めるとキリが無いのもわかる。


んー、でもだからといって「原因」をまったく無視するのもどうだろう?

明らかな親の愛情不足だったり、虐待が原因だったら根っこから解決するとか、解決できないまでも「今まで気がつかなくてごめんね」という働きかけが有効なケースも多いと思うんだけどなー。

インナーチャイルドの癒しは、そんな感じだよね。

大人の私が、(傷ついてうずくまった)子どもの私を抱きしめ、寄り添う。

---今まで気づかなくてごめんね、辛かったね---

時に励ましたり、毅然とした態度を取ることもあるけれど・・・そういう作業を繰り返して、インナーチャイルドと一緒に育っていくというかな。

私はそんな感じで癒しの作業を続けた。

タイムマシンで戻ることが必要なのではなく、「解ってもらえた」という気持ちが必要なのかもしれない。

ただ、ヒプノセラピーって合う人・合わない人の差がすごくあるみたいだし、セラピーの先生との相性も大事だし、「原因」へのアプローチはしない方が良いケースもあると思う。


私としては、「過去に戻れないから」「過去は変えられないから」という理由で、原因を考えるのは止めようぜ、というアイデアには賛同しかねるです。はい。

でも、安直に「親の愛情不足が原因です。もっと抱きしめましょう」というのもなんか違う気がしますです。

うわぁ、難しい・・・

じゃぁ、どうしたら良いんだろう。


この本を読んでて思うのは、

「商品の売上が下がった原因は何か?を考えるよりも、どうやったら商品が売れるかを考えようぜ!
そうそう、何よりも大事なのは、この商品をもっと好きになろうぜ!」

という感じ。

原因にフォーカスするのも、目的にアプローチするのも、どっちも正しいんだろうな。きっと。


8ページに書いてある「今どのようなあり方をしていても、正常な、あるいは、健康なあり方を知り、それに向けてトレーニングしていくしかない」というのは、ほんと、その通りだと思う。


私が最も心に刻もうと思ったのは、74ページの『人生の課題は原則として本人が解決しなければなりません。アドラー心理学では「これは誰の課題か」といういい方をします。

これ。

例えば・・・

30代の息子の会社が倒産してしまった。
親が、コネのある会社に息子を雇ってはくれないかとお願いし、面接の約束を取り付けた。
しかし、肝心の息子はイマイチやる気がないようだ。
この不景気に何を贅沢なことを言ってやがるんだ!息子のお嫁さんも可哀そうに!

というケース。

これはやっぱり、30代の息子がやる気にならないと。
そのうえで親に「コネをプリーズ」ってお願いしないと上手く行かない気がする。
本人に覚悟が決まらないと頑張れないもんだし。

それと、息子の嫁さんが「生活費が無いわ!どうしよう!」と思うなら、嫁さんが動くしかないんだよね・・・

この夫、ダメだ。と見切りをつけて、離婚してバリバリ働くのか。
夫がやる気になるまで応援する!と待ちつつ、バリバリ働くのか。

アドラー心理学は厳しいんだぜ、と岸見一郎先生も書いているけど、厳しいね。

でも、これは心に刻もう。

これに付随して、75ページの「頼まれもしないのにこちらが勝手に判断して、相手は助けを必要としているであろうと考えて手出し口出しをしないということです。

これも。

これもホント大事。

お願いしたいことは、ストレートに言葉で言うこと。
察してちゃんはダメだということ。

逆に、相手からきちんと依頼がないことをあれこれ先回りしないこと。

もし、するにしても「してあげたのに」とかは無し。

他にも、心に刻みたい言葉はたくさんあるのだけど紹介はこの辺で。


関連記事

はてなブックマークに追加
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/03/30 00:58 ] [ 編集 ]
Re: ポチッちゃいました!
Mちゃんさん、ぽちっちゃいましたか^^

私も基本的には本屋さんでペラペラと下見してから買う派です。

とくに厚い本は^^;

この本を読んだ後に、http://yuk2.net/man/110.html (マンガで分かる心療内科・精神科in池袋「アドラー心理学編」)というページを読むと、めっちゃわかりやすかったですよ☆

[ 2015/04/01 21:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
茶吉のブログを見に来てくださってありがとうございますキラキラ
コメントは気軽にどうぞ~flower3_r3_c10.gif
・名前欄には、ご自身のハンドルネームをどうぞ
・URL欄には、ご自身のHP・ブログのURL入力をどうぞ
(入力したくない方は、しなくてもOKです)
・下の「送信」ボタンをクリックすると確認画面になります。
・メールアドレスは入力しなくて大丈夫です。
・「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、コメントは非公開になります。
・当ブログのコメントは「承認制」です。













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村へワープ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。